育苗大手のベルグアースと山口園芸が大分にて接ぎ木苗の生産会社を新設。九州に生産拠点を設けることで物流費の削減などにつなげる

育苗大手のベルグアース株式会社は5月13日、同業の山口園芸(愛媛県宇和島市)と共同で、大分県に接ぎ木の野菜苗を生産する新会社を設立したと発表した。9月上旬から九州の農家向けに、トマトやキュウリなどの接ぎ木苗を出荷する九州向けはこれまで、愛媛県から大半を出荷していたが、現地に生産拠点を設けることで物流費の削減などにつなげる。


新会社の名称は「九重おひさまファーム」で、資本金500万円。ベルグアースがこれまで、山口園芸に委託して九州へ出荷してきた。これを踏まえ、出資割合は山口園芸が64.4%、ベルグアースが20%、残りを新会社の取締役が出資した。トマトなどの接ぎ木苗を生産するのは大分県九重町で、農場面積は3万5000平方メートル。このうちハウス栽培施設の規模は2万平方メートルで、今年度は年約40万本を生産する


同町への進出は、夏は涼しく、冬は温泉を利用した地熱発電で経費を大幅に節約できる点が進出の決め手になったという。農家の高齢化で、苗づくりを専門会社に委託する動きが広がっており、5年後には生産本数を年約200万本に増やすのが目標である。初年度の目標は約40万本の出荷で、約1700万円の販売額を見込んでいる。5年後には約200万本で、1億2200万円を目指す。山口社長は「九州での接ぎ木苗の需要が高まっている。ここを九州の生産拠点にしたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  2. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  3. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  4. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  5. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  6. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  7. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  8. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  9. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  10. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  3. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  4. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
ページ上部へ戻る