和歌山の食材の魅力を伝える「わかやマルシェ in ノーリツ鋼機」を5月26日に開催。子会社のNKアグリが生産する水耕野菜の販売も実施

ノーリツ鋼機株式会社(本社:和歌山県和歌山市梅原)は、わかやマルシェ実行委員会が主催する「和歌山の食材の魅力を伝える『わかやマルシェ in ノーリツ鋼機』」に協賛し、同社敷地内の芝生広場で2013年5月26日(日)に開催する。イベントでは同社子会社のNKアグリが生産する水耕野菜の販売も実施する以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。


和歌山の食材の魅力を伝える「わかやマルシェ in ノーリツ鋼機」
〜5月26日(日)、ノーリツ鋼機和歌山本社 芝生広場にて開催〜

和歌山県内の「安心で美味しい食べ物」を生産・加工されている約30店舗が出店します。当社においても子会社であるNKワークス株式会社の製品で調理した麺類や揚げ物、及びNKアグリ株式会社の水耕栽培で生産した生鮮野菜「AQUA LEAF」を販売します。

また、食品販売の他にもミニライブやプロバスケットボール選手との参加型イベント「和歌山トライアンズ スキルズチャレンジ」など、ご家族で楽しんでいただける内容となっています。

当社は今後も「環境」、「食」、「医療」、「イメージング」、「シニア・ライフ」の5つの事業に関する製品やサービスを活用し、地域貢献と活性化のために積極的に取り組んでいきます。


【イベント概要】
・日時:5月26日(日) 10:00〜17:00
・会場
ノーリツ鋼機 和歌山本社 敷地内 芝生広場
ノーリツ鋼機 和歌山本社 総合体育館(雨天時)
和歌山県和歌山市梅原579-1
交通アクセス(下記 URL参照)

http://www.noritsu.co.jp/company/outline.html

・主催
わかやマルシェ実行委員会(design NAP http://nap-design.net/ )

・協賛
ノーリツ鋼機株式会社
NKワークス株式会社
NKアグリ株式会社

・協力
和歌山トライアンズ株式会社

・入場料:無料

・駐車場:敷地内に無料駐車場あり

・イベントに関するお問合せ
わかやマルシェ実行委員会(design NAP)
TEL  : 073-423-0915
FAX  : 073-424-8322
E-mail: info@nap-design.net

・参照:わかやマルシェホームページ

http://wakayamarche.com/

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  4. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  5. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  6. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  7. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  8. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  9. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  10. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
ページ上部へ戻る