ゲーム開発環境ツール「Unity」を使用したスマートフォン・タブレット向けビジネスアプリ開発。植物デザインなどのインテリア分野にも応用

株式会社スーパーワンでは、特に3Dゲーム開発環境ツールとして世界的に定評のある「Unity」を使用した、スマートフォン・タブレット向けビジネスアプリ制作を開始した。建築やインテリアの分野では、AR(Augmented Reality:拡張現実)マーカーを置いた場所にテーブルや観葉植物、その他の植物を利用したインテリアの表示・バーチャル表現が可能となる。以下では同社によるプレスリリースを掲載しておく。

ゲーム開発環境ツール「Unity」を使用した
スマートフォン・タブレット向けビジネスアプリ制作を開始
〜ARを組み合わせた3Dバーチャルリアリティ技術を
ツールアプリや電子教科書にも応用〜


株式会社スーパーワン(本社:東京都港区、代表取締役:長谷川 和寛、以下 スーパーワン)は、特に3Dゲーム開発環境ツールとして世界的に定評のある「Unity」(※1)を使用した、スマートフォン・タブレット向けビジネスアプリ制作を開始しました。

※1「Unity」は、米Unity Technologiesが提供しているゲーム開発ツールで、iOS、Android、Windows、Mac OS Xや各種家庭用ゲーム機など、様々なプラットフォームに向けた、高度な3Dアプリケーションを制作することができます。


■スマートフォン・タブレットアプリのオーダーメイド開発実績
スーパーワンは2010年より、スマートフォン・タブレットアプリを専門に開発するソフトウェア・ベンダーとして、年間約40本のオーダーメイドアプリをリリースしてきました。
企業のお客様からご要望を丁寧にお聞きしながら、アンケートアプリやカウンセリングツール、電子書籍や電子教科書、着せ替えアプリやヘアカタログアプリ、SNSアプリやドローアプリなど、主にビジネス利用のアプリとそれに連携するサーバーシステムを制作、提供してきました。


■「Unity」で開発アプリに新たな用途を
スーパーワンのオーダーメイドアプリ開発技術に、Unityによる3Dバーチャルリアリティ技術を加えることにより、次のような用途のアプリを、オーダーメイド制作することが可能になりました。

・電子書籍・電子教科書分野では、紙面上の写真が動画再生されたり、ページの上で3Dのキャラクターが動くなどといったバーチャルリアリティ体験ができる書籍が制作可能となります。

・建築やインテリアの分野では、ARマーカーを置いた場所にテーブルや観葉植物を表示したりといったバーチャル表現が可能になります。

・ファッション・コスメ分野では、3Dバーチャルの着せ替えアプリなど店舗などに出向かなくても商品の着用・使用感がリアルに体験できるアプリが可能となります。

・建設や製造機械分野では、住宅のパース図についてリアルタイムに方向・角度を変えられたり、工場内への製造機械の配置を確認したりといったツールが制作可能です。


<アプリ・オーダーメイド開発に関するURL>

ホーム


※Unityを利用したアプリ開発の詳細については上記サイトにて6月初旬に公開します。


■会社概要
商号  : 株式会社スーパーワン
所在地 : 〒107-0061 東京都港区北青山2-12-5 KRT青山ビル2F
代表者 : 代表取締役 長谷川 和寛
設立  : 2009年2月12日
事業内容: 1.iPhone、iPadアプリケーションの企画・開発・運用
      2.Androidアプリケーションの企画・開発・運用
      3.Webシステムの企画・開発・運用
資本金 : 2,500万円
URL   : http://www.super-one.co.jp/

※ 詳細は同社によるプレスリリースをご参照下さい。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイトへ