ゲーム開発環境ツール「Unity」を使用したスマートフォン・タブレット向けビジネスアプリ開発。植物デザインなどのインテリア分野にも応用

株式会社スーパーワンでは、特に3Dゲーム開発環境ツールとして世界的に定評のある「Unity」を使用した、スマートフォン・タブレット向けビジネスアプリ制作を開始した。建築やインテリアの分野では、AR(Augmented Reality:拡張現実)マーカーを置いた場所にテーブルや観葉植物、その他の植物を利用したインテリアの表示・バーチャル表現が可能となる。以下では同社によるプレスリリースを掲載しておく。

ゲーム開発環境ツール「Unity」を使用した
スマートフォン・タブレット向けビジネスアプリ制作を開始
〜ARを組み合わせた3Dバーチャルリアリティ技術を
ツールアプリや電子教科書にも応用〜


株式会社スーパーワン(本社:東京都港区、代表取締役:長谷川 和寛、以下 スーパーワン)は、特に3Dゲーム開発環境ツールとして世界的に定評のある「Unity」(※1)を使用した、スマートフォン・タブレット向けビジネスアプリ制作を開始しました。

※1「Unity」は、米Unity Technologiesが提供しているゲーム開発ツールで、iOS、Android、Windows、Mac OS Xや各種家庭用ゲーム機など、様々なプラットフォームに向けた、高度な3Dアプリケーションを制作することができます。


■スマートフォン・タブレットアプリのオーダーメイド開発実績
スーパーワンは2010年より、スマートフォン・タブレットアプリを専門に開発するソフトウェア・ベンダーとして、年間約40本のオーダーメイドアプリをリリースしてきました。
企業のお客様からご要望を丁寧にお聞きしながら、アンケートアプリやカウンセリングツール、電子書籍や電子教科書、着せ替えアプリやヘアカタログアプリ、SNSアプリやドローアプリなど、主にビジネス利用のアプリとそれに連携するサーバーシステムを制作、提供してきました。


■「Unity」で開発アプリに新たな用途を
スーパーワンのオーダーメイドアプリ開発技術に、Unityによる3Dバーチャルリアリティ技術を加えることにより、次のような用途のアプリを、オーダーメイド制作することが可能になりました。

・電子書籍・電子教科書分野では、紙面上の写真が動画再生されたり、ページの上で3Dのキャラクターが動くなどといったバーチャルリアリティ体験ができる書籍が制作可能となります。

・建築やインテリアの分野では、ARマーカーを置いた場所にテーブルや観葉植物を表示したりといったバーチャル表現が可能になります。

・ファッション・コスメ分野では、3Dバーチャルの着せ替えアプリなど店舗などに出向かなくても商品の着用・使用感がリアルに体験できるアプリが可能となります。

・建設や製造機械分野では、住宅のパース図についてリアルタイムに方向・角度を変えられたり、工場内への製造機械の配置を確認したりといったツールが制作可能です。


<アプリ・オーダーメイド開発に関するURL>

http://www.super-one.co.jp/

※Unityを利用したアプリ開発の詳細については上記サイトにて6月初旬に公開します。


■会社概要
商号  : 株式会社スーパーワン
所在地 : 〒107-0061 東京都港区北青山2-12-5 KRT青山ビル2F
代表者 : 代表取締役 長谷川 和寛
設立  : 2009年2月12日
事業内容: 1.iPhone、iPadアプリケーションの企画・開発・運用
      2.Androidアプリケーションの企画・開発・運用
      3.Webシステムの企画・開発・運用
資本金 : 2,500万円
URL   : http://www.super-one.co.jp/

※ 詳細は同社によるプレスリリースをご参照下さい。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  2. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  3. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  4. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  5. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  8. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  2. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
  3. 新日鉄住金エンジ、ローソンファーム秋田の植物工場に自社システム建築商品を納入
     新日鉄住金エンジニアリング株式会社の建築・鋼構造事業部のシステム建築商品「スタンパッケージ(R)」…
  4. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
ページ上部へ戻る