青果物流通拠点の増床と生産能力増強を目的にデリカフーズの出荷・カット工場である大型野菜流通センターが竣工

デリカフーズ株式会社の連結子会社である東京デリカフーズ株式会社は、今後更に多様化する顧客ニーズにこたえるため、首都圏エリアにおける青果物流通拠点の増床と生産能力増強を目的に、2013年7月3日、東京都足立区に「第二FSセンター」を竣工する以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。


東京デリカフーズ株式会社 第二FSセンターを竣工
〜最新鋭のハードとソフトを融合させた青果物流通の改革拠点へ〜


デリカフーズ株式会社の連結子会社である東京デリカフーズ株式会社(所在地:東京都足立区、代表取締役社長:大崎 善保)は、今後更に多様化する顧客ニーズにお応えする為、首都圏エリアにおける青果物流通拠点の増床と生産能力増強を目的に、2013年7月3日、東京都足立区に「第二FSセンター」を竣工致します。

(1) 1F出荷センター(1,332m2)は年商25億円、2Fカット工場(999m2)は年商15億円のトータル40億円の生産能力を持つ大型野菜流通センター。
(現FSセンター60億/年を合わせ100億円規模)

(2) 1F出荷センター・2F工場全体の温度帯を完全1〜4℃とし、野菜の鮮度維持を更に追及。

(3) 野菜の熟度コントロールを可能とする加温室を設置。

(4) 青果物流通の低コスト化を実現するデポ機能を更に拡大する為、デポセンターを大幅増床。

(5) 全工程1〜4℃帯のカットレタス自動化ラインを設け、菌数制御および鮮度維持を追及。

(6) 大型外食チェーン対応のオートソーター(オートメーションピッキングライン)を増設し、よりスピーディに、より精度の高いピッキングを実現。

(7) 蓄電池設備を備えた停電時対応可能な太陽光発電システムを導入し、災害時のバックアップ電源を確保。
メインサーバー・受注システム・通信機能を維持し、短時間での業務復旧を可能とする。

(8) 工場より排出される野菜残渣(4トン/日)を完全堆肥化するリサイクル設備を導入し、リサイクル法遵守はもちろんのこと、生産地とのリサイクルループを実現。

(9) 食品衛生マネジメントシステムであるISO 22000に対応

(10) 野菜の機能性を分析・研究する研究開発室を増床・増員し、研究開発をより一層強化。一般消費者の健康志向に対して、外食産業を通じて野菜のエビデンスで消費動向の牽引を目指す。

(11) その他環境対策として、インバーター制御による空調管理システム・照明のLED化を導入。


<東京デリカフーズ株式会社 第二FSセンター計画概要>
○ 所在地     :東京都足立区六町4-12-12
○ 竣工予定日   :2013年7月3日
○ 敷地面積    :2,726m2 (826坪)
○ 延床面積    :3,212m2 (973坪)
○ 出荷物流施設面積:1F 1,332 m2 (403坪)
○ カット工場面積 :2F 999 m2 (303坪)
○ 事務所他面積  :3F 881 m2 (267坪)


【会社概要】
社名   :デリカフーズ株式会社
コード番号:3392(東証二部)
本社   :東京都足立区六町四丁目12番12号
代表   :代表取締役社長 小笠原 真清
設立   :2003年4月1日
資本金  :759,755千円

事業内容 :デリカフーズは「業務用の八百屋」です。産地から野菜を入荷し、お客様のニーズにあわせて工場で野菜をカット。ファミリーレストラン、ファーストフード、コンビニエンスストアなどの「外食産業」「中食産業」に新鮮なままの野菜をお届けしています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  2. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  3. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  4. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  5. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  6. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  7. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  8. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  9. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  10. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 山形包徳、植物工場による低硝酸・低カリウムレタスが透析患者用として院内給食に採用
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社山形包徳では、同社の福祉事業部が運営する障がい者主体の低カリ…
  2. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  3. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る