物流大手のセンコー、廃校内で植物工場を運営。キノコ、菊などの栽培へ

物流大手のセンコーが鳥取県で取り組んでいる「センコースクールファーム鳥取」(障害者・高齢者が水耕栽培を実施)の開所式が7月2日に行われたので追加情報を掲載。
グランドにはビニールハウス40m×8mを6棟建設、青ネギの水耕栽培、校舎内ではオオゴンタモギタケを栽培現在は障害者8人、高齢者5人が働いており、最終的には各25人、10人を雇用する計画。収穫した作物は中四国、関西のスーパーなどに出荷し、本年度は3千万円、来年度は6千万円の売り上げを目標にしている。

 
 
合併する市町村に財政優遇措置を与えることによって、国が1999年から促進した市町村合併(平成の大合併)により、99年3月末に全国で3232あった市町村は、1760まで減少。少子化に加えて、小学校の統廃合が進む要因にもなり、文部科学省によると、全国の公立小学校は2万1974校で、99年に比べて1970校減少したという。
 
 
こうした背景から廃校になった校舎を、吉本興業のように新社屋に活用したり、若手アーティストのアトリエとして家賃を安く提供したり、野菜を栽培したり、と様々な取り組みが行われている。廃校内での植物工場については「廃校になった木造小学校の教室内で植物工場を運営(佐賀市富士町)」という記事でもご紹介した。
 
 
上記のケース(廃校を植物工場へ)と同様に、物流大手のセンコー(株)は、鳥取県内の廃校になった小学校を野菜工場として活用し、ネギを水耕栽培するとともに、障害者を雇用(10年度末までに障害者と高齢者計35人雇用予定)するために特例子会社を設立して農業事業に参入する計画
 
 
今回は、湯梨浜町で2006年に廃校となった旧羽合西小学校のグランドに、ビニールハウスを6棟設置し、プールにためた雨水を循環させて利用、地元で栽培されていないネギを無農薬で生産するという。
 
 
もちろんグランドだけでなく、校舎内も栽培のために有効活用している。

  • 家庭科室
    温度や湿度が管理しやすい家庭科室を、北海道・東北地方産のタモギ茸(たけ)と呼ばれるキノコの栽培などに利用。キノコ用の菌床を再利用してキクなどの鉢花の生産にも取り組む
  • 理科室
    梱包場やネギの育苗室として活用
  • 視聴覚室
    事務所として活用

 
こうした施設や水耕栽培施設を設置するグラウンドなどを年160万円で湯梨浜町から借り、設備投資額は障害者向けの施設改造費を含めて計5200万円に抑えられる見通しという。収穫はネギで年8回キノコで週1回を計画。収穫後の配送や保管をセンコーグループが担当し、地元スーパーや関西地区の百貨店などで販売する。売上高は当初、年6000万円程度を見込んでいる。