物流大手のセンコー、廃校内で植物工場を運営。キノコ、菊などの栽培へ

物流大手のセンコーが鳥取県で取り組んでいる「センコースクールファーム鳥取」(障害者・高齢者が水耕栽培を実施)の開所式が7月2日に行われたので追加情報を掲載。
グランドにはビニールハウス40m×8mを6棟建設、青ネギの水耕栽培、校舎内ではオオゴンタモギタケを栽培現在は障害者8人、高齢者5人が働いており、最終的には各25人、10人を雇用する計画。収穫した作物は中四国、関西のスーパーなどに出荷し、本年度は3千万円、来年度は6千万円の売り上げを目標にしている。

 
 
合併する市町村に財政優遇措置を与えることによって、国が1999年から促進した市町村合併(平成の大合併)により、99年3月末に全国で3232あった市町村は、1760まで減少。少子化に加えて、小学校の統廃合が進む要因にもなり、文部科学省によると、全国の公立小学校は2万1974校で、99年に比べて1970校減少したという。
 
 
こうした背景から廃校になった校舎を、吉本興業のように新社屋に活用したり、若手アーティストのアトリエとして家賃を安く提供したり、野菜を栽培したり、と様々な取り組みが行われている。廃校内での植物工場については「廃校になった木造小学校の教室内で植物工場を運営(佐賀市富士町)」という記事でもご紹介した。
 
 
上記のケース(廃校を植物工場へ)と同様に、物流大手のセンコー(株)は、鳥取県内の廃校になった小学校を野菜工場として活用し、ネギを水耕栽培するとともに、障害者を雇用(10年度末までに障害者と高齢者計35人雇用予定)するために特例子会社を設立して農業事業に参入する計画
 
 
今回は、湯梨浜町で2006年に廃校となった旧羽合西小学校のグランドに、ビニールハウスを6棟設置し、プールにためた雨水を循環させて利用、地元で栽培されていないネギを無農薬で生産するという。
 
 
もちろんグランドだけでなく、校舎内も栽培のために有効活用している。

  • 家庭科室
    温度や湿度が管理しやすい家庭科室を、北海道・東北地方産のタモギ茸(たけ)と呼ばれるキノコの栽培などに利用。キノコ用の菌床を再利用してキクなどの鉢花の生産にも取り組む
  • 理科室
    梱包場やネギの育苗室として活用
  • 視聴覚室
    事務所として活用

 
こうした施設や水耕栽培施設を設置するグラウンドなどを年160万円で湯梨浜町から借り、設備投資額は障害者向けの施設改造費を含めて計5200万円に抑えられる見通しという。収穫はネギで年8回キノコで週1回を計画。収穫後の配送や保管をセンコーグループが担当し、地元スーパーや関西地区の百貨店などで販売する。売上高は当初、年6000万円程度を見込んでいる。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  4. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  5. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  6. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  7. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  8. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  9. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  10. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  2. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  3. 東芝の植物工場施設が今年末で閉鎖。野菜の生産・販売事業からは撤退・システム販売は継続
     東芝は、神奈川県横須賀市にて稼働させていた完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る