ロシア極東の沿海地域・アムール州における耕作放棄地にて日本農場を開設(北海道銀行と道内の農業関連企業による日本式のサステナブルな生産方式)

ロシア極東アムール州で、日露両国の農業法人が共同で寒冷地型モデル農場を開設する計画を進めていることが分かった。ソ連崩壊後、ロシア極東地区では経済混乱や人口流出などで大量の耕作放棄地が生まれており、生産性が高い日本の耕作技術を用いて開発するのが狙いだ。関係者によると、計画は北海道銀行が主導し、北海道内の農業法人や農業経営者など約10社が参加する


開設予定地はアムール州の州都ブラゴベシチェンスク近郊。農業分野での協力を加速させることによって、北方領土返還の環境整備のひとつとしたい考えだ。肥沃なアムール川流域は、北海道と気候が似ているうえ周辺地域の食料需要は高い。計画では、借地で寒冷地型モデルの「日本農場」を開設するか、技術コンサルタントの形で、土地改良技術や農薬を極力使わない農法を持ち込み、ロシア農業の生産性と付加価値を高める


日露首脳会談後の5月下旬以降に農業関係者が現地を訪問し、候補に挙げられている数カ所から農地を決定。早ければ、6月下旬にもロシア人労働者らによる作付けを始める。品目はジャガイモや飼料用トウモロコシ、大豆や乳牛が検討されている。農作物は当面、近隣都市に出荷して販売する予定だが、将来的には日本などへの輸出も目指す。


ロシア極東の沿海地方やアムール州では大量の耕作放棄地をめぐり、中国と韓国が大資本を背景に「ランド・ラッシュ」といわれる農地奪取を展開している。特に中国の場合、食料価格が急騰した2008年ごろから、アムール州などで土地を安価で借りるなどして中国人労働者の進出が拡大した


しかし、中国資本が進出した農場では短期間に収穫を上げようと、大量の化学肥料や農薬を使った“収奪型農業”が土壌や河川の汚染を引き起こしており、アムール州やクラスノヤルスク地方などでは今年から中国系移民による農業が禁止された。こうした背景から、ロシア側では日本の参入を望む声が高まっている。(記事:2013年4月4日 産経新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  3. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  4. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  5. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  6. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  7. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  8. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  9. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  10. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  2. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  3. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  4. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
ページ上部へ戻る