改正高年齢者雇用安定法が施行により高齢社員の働く場の確保を目指し、ガソリンスタンドが60歳以上の従業員を活用した植物工場事業へ(遠藤商事)

山形・宮城両県で21のガソリンスタンドを経営する遠藤商事では本業の石油販売事業が頭打ちのなか、成長性が見込める新規事業として高齢社員を活用した植物工場ビジネスに参入する。事業計画では、早ければ6月初めにもミニプラントを導入し、手始めに比較的栽培しやすいリーフレタスなどの葉物野菜から試験栽培する。その後、市場ニーズに合った種類を選んでレパートリーを広げ、栽培方法などのノウハウを蓄積する。1年後をメドに量産体制に入る計画である


ミニプラントの設置場所は、本社事務所に隣接する自動車販売店のショールーム跡地を利用する。広さは約30平方メートルで、そこに培養棚を並べ発光ダイオード(LED)や蛍光灯の光で水耕栽培する。室温や施肥、二酸化炭素濃度などをコンピューターで制御する。リーフレタスなら20日ほどで収穫できる。栽培能力は日産75株を見込んでいる


量産化のメドが立った段階で本格的な工場の建設に着手、立地場所を県内で探す予定としている。計画ではレタスなど葉物野菜を中心に1日4000株を生産し、年間に1億円以上の売上を目指していく。今のところ空き校舎を抱える自治体などから引き合いが来ているという。エコカーの普及や少子化などの影響でGS業界は今後、ガソリンの消費量が減少を続け、十数年後には半減すると予測されている。それに合わせてGSも淘汰が進むとみられ、同社は多角化で売り上げの減少を食い止める方針である。


また、4月1日から65歳までの雇用延長を企業に義務付ける改正高年齢者雇用安定法が施行されたすべての企業は希望する人全員を段階的に65歳まで雇用することが義務づけられた。GSではタイヤ交換や洗車など重労働の作業が多く、高齢社員の働く場の確保が急務。野菜工場は軽作業が中心なので高齢社員でも働きやすい。


同社では量産化で15〜20人の高齢社員の雇用を生み出したい考えだ。同社の遠藤靖彦社長は「エコカーの普及が進み、ガソリンの需要は今後、毎年4%ずつ減少する見込みで本業以外のビジネス展開を検討する必要があった。雇用の受け皿として事業を成功させたい」と話している。(参考:2013年4月5日 NHKビジネスニュースなど)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  2. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     太陽光利用型植物工場によるトマト栽培を行う響灘菜園は、カゴメと電源開発の出資を受け、2005年5月…
  3. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  4. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  5. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  6. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  7. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  8. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  10. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  3. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
  4. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
ページ上部へ戻る