改正高年齢者雇用安定法が施行により高齢社員の働く場の確保を目指し、ガソリンスタンドが60歳以上の従業員を活用した植物工場事業へ(遠藤商事)

山形・宮城両県で21のガソリンスタンドを経営する遠藤商事では本業の石油販売事業が頭打ちのなか、成長性が見込める新規事業として高齢社員を活用した植物工場ビジネスに参入する。事業計画では、早ければ6月初めにもミニプラントを導入し、手始めに比較的栽培しやすいリーフレタスなどの葉物野菜から試験栽培する。その後、市場ニーズに合った種類を選んでレパートリーを広げ、栽培方法などのノウハウを蓄積する。1年後をメドに量産体制に入る計画である


ミニプラントの設置場所は、本社事務所に隣接する自動車販売店のショールーム跡地を利用する。広さは約30平方メートルで、そこに培養棚を並べ発光ダイオード(LED)や蛍光灯の光で水耕栽培する。室温や施肥、二酸化炭素濃度などをコンピューターで制御する。リーフレタスなら20日ほどで収穫できる。栽培能力は日産75株を見込んでいる


量産化のメドが立った段階で本格的な工場の建設に着手、立地場所を県内で探す予定としている。計画ではレタスなど葉物野菜を中心に1日4000株を生産し、年間に1億円以上の売上を目指していく。今のところ空き校舎を抱える自治体などから引き合いが来ているという。エコカーの普及や少子化などの影響でGS業界は今後、ガソリンの消費量が減少を続け、十数年後には半減すると予測されている。それに合わせてGSも淘汰が進むとみられ、同社は多角化で売り上げの減少を食い止める方針である。


また、4月1日から65歳までの雇用延長を企業に義務付ける改正高年齢者雇用安定法が施行されたすべての企業は希望する人全員を段階的に65歳まで雇用することが義務づけられた。GSではタイヤ交換や洗車など重労働の作業が多く、高齢社員の働く場の確保が急務。野菜工場は軽作業が中心なので高齢社員でも働きやすい。


同社では量産化で15〜20人の高齢社員の雇用を生み出したい考えだ。同社の遠藤靖彦社長は「エコカーの普及が進み、ガソリンの需要は今後、毎年4%ずつ減少する見込みで本業以外のビジネス展開を検討する必要があった。雇用の受け皿として事業を成功させたい」と話している。(参考:2013年4月5日 NHKビジネスニュースなど)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  2. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  3. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  4. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  5. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  6. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  7. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  8. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  9. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  10. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  2. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. 欧州におけるグリーン・カーテン市場、家庭への普及は限定的
     The Royal Horticultural Society(RHS)が主催するイギリス・チェル…
ページ上部へ戻る