雪国である新潟にて高効率の太陽光パネルを導入・東北電力への売電事業を計画。クリーン技術を活用した植物工場への導入も検討(ナーセリー上野)

農業生産法人の有限会社ナーセリー上野(新潟市、上野喜代一社長)は、グループで太陽光発電事業を始める。4月から聖籠町に2億円をかけて設備を建設、今秋の稼働を目指す。売電収入を得る目的だが、将来は新規事業として検討中の植物工場に導入する考え現在のコメ中心から栽培品種を広げるにあたり、通年収穫が可能な植物工場に着目している。電気代削減効果などノウハウを蓄積する。


グループで造園を手掛けるグリーン東が「クリーンエネルギーステーション」の名称で建設する。もともと同社の資材置き場だった土地を昨夏、聖籠町に申請して利用許可を取得。売電先である東北電力などへの申請を経て、このほど1キロワット時あたり42円で売電できることになった


敷地面積は約1万3000平方メートル。出力は500キロワットほどで、年間2000万円の売電収入を見込む。太陽光発電は雪国である新潟では導入が進みにくいとされている。このため曇天でも発電できる高効率の太陽光パネルを導入、角度を付けて雪が積もりにくくした。「外国メーカーより2割ほど高いが、メンテナンスの観点から国産に決めた。天気が良い太平洋側に比べても発電量は9割を維持できる」(上野社長)と予想する。


こうしたノウハウを蓄積することにより、将来の植物工場建設に備える。年間を通じて栽培できる植物工場は安定した出荷ができるが、電気代などコストがかさむ。自らパネルを設置して発電することで、コスト削減効果などを検証する。ナーセリー上野は現在、コメや花を直売している。植物工場を作り、他の野菜生産者とは違う時期にレタスなどを出荷する予定だ。事業規模拡大や経営の安定につなげ、後継者育成にもつなげる。(記事:2013年3月29日、日本経済新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  2. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  3. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  4. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  5. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  6. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  7. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  8. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  9. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  2. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  3. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る