ファストフード市場やインスタント食品市場の拡大が進むインドでは、モダンリテール各社の製品開発・販売が進む(冷凍フレンチトースト・オムレツなど)

ファストフード市場やインスタント食品市場の拡大が進むインドにおいて、間もなく冷凍フレンチトーストも提供される模様だ。McDonalds IndiaやSubway Indiaのようなファストフードや、インド食品加工メーカーでMcDonaldsのサプライヤーでもあるVista Processed Foods社(OSIグループ)も新製品を投入するまた今後はWalmartのような小売業も自社ブランドでの製品開発・発売すると見込まれる。


Vista Processed Foods社CEOのBhupinder Singh氏によると、同社は冷凍オムレツや冷凍ゆで卵等、卵を使用した新製品を今後数か月のうちに発売する予定とのことだ。「我々は現在、冷凍オムレツをインド人の嗜好に沿うように開発している」同社はすでに自社ブランドとして冷凍フレンチトーストを作る製造ラインを準備しており、これは今後数か月のうちにヒット商品となると予想している。


同社の昨年の売上は25億ルピーであり、年平均成長率18〜20%を記録している。インドのインスタント食品市場は、家庭での台所スペースの縮小化が進むことでインスタント食品の需要が高まっていると同氏は見ている。


Vista Processed Foods社は卵・鶏肉加工食品をMcDonalds社やSubway India社に多く提供している。現在、同社は毎日PuneとHyderabadにある農場から取り寄せた10万個の卵をMumbaiの自社工場で加工している。同社の加工技術は向上しており、冷凍ゆで卵を45日間まで保管できるようになった。同社は冷凍チキンや冷凍野菜などの製品もMcDonalds India社に向けて供給している。


同社は冷凍Vadaワダドーナツ(米・豆製のドーナッツ)についても毎月約110トン製造しており、Goli Vada Pav社のようなファストフードレストランに提供している。冷凍Vadaや冷凍 Paneer pakoda(チーズの揚げ物)は、自社ブランド”Kwality”にて西アジアにも輸出されている。(参考記事:2013.3.29 インド進出支援ポータルより)