完全閉鎖型植物工場にて健康食品の原料アイスプラント末・グラシトールを量産化。サプリメント商品の販売へ(日本アドバンストアグリ)

日本アドバンストアグリ株式会社では完全閉鎖型の植物工場にて生産したアイスプラント(同社ではツブリナブランドにて販売)のサプリメント化に成功し、機能性食品原料としての供給を開始する(オンライン販売サイト)。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。


日本アドバンストアグリが、アイスプラント(ツブリナ)のサプリメント化に成功。健康食品の原料が、完全閉鎖型植物工場で量産始まる。

【要旨】
日本アドバンストアグリ株式会社(代表取締役 辻昭久)は、長浜バイオ大学、鳥取大学、産業技術総合研究所、滋賀県東北部工業技術センターとの産学官共同研究によって、健康食品の原料となるアイスプラント末(グラシトール)を開発致しました。


アイスプラントは、浸透圧ストレスに対応してピニトール*1やファイトケミカル類(第七の栄養素)の合成量を高めることで知られる植物で、血糖値の改善をはじめ、生活習慣病の予防が期待できる機能性野菜です。

植物工場の環境制御技術を応用し、ストレス負荷栽培方式*2で植物を生産することによって、アイスプラント(ツブリナ)のビタミンやポリフェノールなどの栄養価が6〜8倍(従来比)と大幅に上昇することが共同研究の結果明らかとなり、この度サプリメント原料として供給する運びとなりました。


健康食品の原料となるアイスプラントは、当社長浜工場及び提携先である横手精工株式会社(秋田県横手市)が運営する植物工場で2013年4月より、量産を開始致します。完全閉鎖型植物工場は、クリーンな環境で、一切の農薬を使用せず野菜生産ができるため、天候に左右されることなく、品質の高い健康食品原料を安定的に供給することが可能です。

同工場で生産されたアイスプラントに、高濃度ピニトールを配合した栄養補助食品「グラシトール」は、日本アドバンストアグリが運営するWEBサイト(http://agri-life.jp/)での販売を予定しており、初年度5千万円、5年後には3億円程度の売上げを見込んでおります。


ピニトールは、米国FDA、韓国KFDAにおいて登録されたサプリメント原料です。ピニトールは、血糖値調整に関するヘルスクレーム*3も認可されており、当社の親会社であるツジコー株式会社(滋賀県甲賀市)が、植物体からピニトールを抽出する技術を特許申請しております。

また、共同研究機関である産業技術総合研究所が実施した小動物を用いた実験では、アイスプラントの寿命延長作用や生活リズム改善効果なども確認されており、今後学会発表などにて随時公表して参ります。

(脚注)
*1 ピニトールとは、イノシトール(糖アルコール)の1種で、グルコーストランスポーターの亢進作用を有することから、血糖値改善が期待される機能性素材です。

*2 ストレス負荷栽培方式とは、環境制御型植物工場において、温度・湿度などの外部環境を植物に対してストレスになる様、条件設定し植物を栽培する方法です。日本アドバンストアグリ株式会社の親会社であるツジコー株式会社がPCT国際特許を申請しております。

*3 ピニトールは、KFDA(韓国食品医薬品局)で、血糖値調整に有効な機能性食品原料として健康強調表示(ヘルスクレーム)することが認可されています。


<共同研究機関>
学校法人関西文理総合学園 長浜バイオ大学
バイオサイエンス学部 バイオサイエンス学科/環境生命科学コース
教授 蔡晃植, 博士(農学)
機能性を高めた独自アイスプラント栽培技術研究開発及びアイスプラントに含まれる新規脂肪代謝促進物質の研究を行う。

国立大学法人鳥取大
農学部 生物資源環境学科 国際環境科学
准教授 西原英治, 博士(農学)
機能性を高めた独自アイスプラント栽培技術及び機能性成分分析など。

独立行政法人産業技術総合研究所
バイオメディカル研究部門 時間生物研究チーム長 / 筑波大学連携大学院 教授 石田直理雄、博士(医学)
小動物を用いた生物の行動リズムに関する研究および、パーキンソン病様症状改善に役立つ物質のスクリーニングなど。

滋賀県東北部工業技術センター
主任専門員 松本正、博士(工学)
主査 脇坂博之、博士(工学)
アイスプラント末の機能性成分分析、ピニトール抽出技術開発

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  4. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  6. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  7. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  8. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  9. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  10. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  2. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
ページ上部へ戻る