収穫ピーク時期が異なる大分県内へ農業機材のレンタル・人材育成支援を開始、両社の収入増やコスト削減に結び付ける(新潟県 穂海農耕)

新潟県上越市のコメ生産法人・有限会社穂海農耕では、大分県臼杵市野津町の西日本農業社と業務提携し、農機のレンタルや人材育成の支援を始める。新潟県と作期が異なる大分県内で機械を有効活用し、両社の収入増やコスト削減に結び付ける狙い。


同社によると、大分県内でコメの収穫がピークを迎える10月中旬ごろ、新潟県内では刈り取り作業が終わっている。生産を拡大する西日本農業社にトラクターやコンバインといった農機を有料で貸し出す。借りる側は新たな機械を購入する投資をしなくて済む、というメリットがある。農機の輸送コストは掛かるものの「それでも双方の経営メリットの方が大きい」という。今後は九州、中国地方に提携先を広げたい考えだ。


同社における2012年のコメ経営面積は35ヘクタール(約180トン)。全て新潟県上越市板倉区が産地で13年は45ヘクタールに拡大する計画。別会社の穂海にて、コメの集荷・販売を行っている。同社社長によると、農産物の安全性を証明する規格「JGAP」の指導員として大分県内を訪れたことがきっかけで業務提携に至った、という。(参考:2013年3月27日 大分合同新聞社より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  2. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  3. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  4. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  5. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  6. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  7. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  8. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  9. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  10. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  2. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  3. パナソニック、シンガポールにて人工光型植物工場を稼働。日本食レストラン大戸屋と提携
     パナソニック・ファクトリーソリューションズ・アジアパシフィック(PFSAP)(以下、パナソニック)…
  4. いすゞ自動車、ミドリムシの開発ベンチャーのユーグレナ社と次世代バイオディーゼルの実用化へ
    いすゞ自動車は2014年6月25日、ミドリムシ(微細藻類ユーグレナ)を用いた製品を展開するバイオベン…
ページ上部へ戻る