複数の蛍光灯を省電力化できるMERS式蛍光灯調光装置を開発。植物工場をはじめ高温多湿・大規模施設への導入を目指す

藤井電機工業株式会社の100%子会社であるF-tech(大阪市住之江区)では、複数の蛍光灯を省電力化できるMERS式蛍光灯調光装置を開発した。販売代理店や電気工事業者などを通じ販売する。価格は10万円から。初年度の販売目標は計8000万円、5年後2億2500万円を目指す。


MERS蛍光灯調光装置は既存の銅鉄安定器タイプの蛍光灯器具に対応。事務所や工場の分電盤・電源回路に取り付けると、明るさはほぼ同じで消費電力を約30%以上削減できる。1台で最大50灯の蛍光灯を一括調光できる蛍光灯と装置を合わせても発光ダイオードの5分の1のコストで導入できるという。東京工業大学の嶋田隆一教授の電力変換(MERS)技術を蛍光灯の調光用に活用した(関連会社:株式会社MERSTech)。


蛍光灯は国内で約3億本以上使われ、約60%が銅鉄安定器式、約40%がインバーター式と見られる。節電対策や電気料金の引き上げを背景に、安藤社長は「大規模な施設や高温多湿などインバーター式やLEDの設置が不向きな場所に需要が見込める」と期待している。植物工場や鉄鋼メーカーなどに売り込んでいく


同社は、MERS技術の製品化のため2011年11月に設立し、12年10月に経済産業省の新連携の認定を受け事業化を進めていた。4月をめどに連携強化のため親会社大阪支店(堺市堺区)に本社を移転する予定である。(参考:3月20日 日刊工業新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  2. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  3. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  4. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  5. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  6. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  7. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  8. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  9. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  10. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  2. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  3. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  4. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
ページ上部へ戻る