徳島大学の農工商・研究教育による企業や他大学との連携を4月より開始。植物工場によるイチゴやマツタケなどの人工栽培の研究も実施

徳島大学は4月から農産物の生産から加工、販売までを手掛ける「農工商」の研究教育で企業や他大学との連携を強化する。イチゴなどの新品種開発でバイオ技術を活用した研究を大塚製薬工場と始めるほか、徳島文理大学と単位互換を開始し、同大の経営学の授業を徳島大の学生が受講できるようにする。「農工商」分野が今後、地域の重要産業になるとみて研究開発や人材育成を急ぐ。


徳島大学は農学部がなく、昨年設置した「農工商連携センター」が研究と人材育成を担う。バイオ技術を活用した新品種開発では、農産物のゲノム(全遺伝情報)を解析して生産効率が高まる遺伝子などを特定する。花粉がなくても着果するイチゴやトマトなどの新品種の開発を目指す。新品種は植物工場での生産を想定している。大塚製薬工場からの寄付で設置する新品種開発部門で研究する。
(参考:徳島では日清紡HDが完全人工光型によるイチゴの栽培を実施している:関連記事)


また、試薬卸販売の四国八洲薬品とは共同で植物工場を活用したマツタケなどの人工栽培の研究も始める。徳島大や県の森林林業研究所の研究者によるキノコができるメカニズムの研究成果を活用する。その他、県の外郭団体の助成を受け、発光ダイオード(LED光源)を使った植物工場での白イチゴの苗栽培の研究も本格化する


徳島大はすでに農工商分野の研究教育に関する連携協定を徳島県と締結している。今後はインターンシップで県の農業関連部門への学生受け入れも進めてもらう。これらの取り組みは5年後をめどに企業での事業化を目指す。(参考記事:2013.3/20 日本経済新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  2. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  3. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  4. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  5. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  6. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  7. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  8. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  9. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  10. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
  2. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  3. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  4. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
ページ上部へ戻る