徳島大学の農工商・研究教育による企業や他大学との連携を4月より開始。植物工場によるイチゴやマツタケなどの人工栽培の研究も実施

徳島大学は4月から農産物の生産から加工、販売までを手掛ける「農工商」の研究教育で企業や他大学との連携を強化する。イチゴなどの新品種開発でバイオ技術を活用した研究を大塚製薬工場と始めるほか、徳島文理大学と単位互換を開始し、同大の経営学の授業を徳島大の学生が受講できるようにする。「農工商」分野が今後、地域の重要産業になるとみて研究開発や人材育成を急ぐ。


徳島大学は農学部がなく、昨年設置した「農工商連携センター」が研究と人材育成を担う。バイオ技術を活用した新品種開発では、農産物のゲノム(全遺伝情報)を解析して生産効率が高まる遺伝子などを特定する。花粉がなくても着果するイチゴやトマトなどの新品種の開発を目指す。新品種は植物工場での生産を想定している。大塚製薬工場からの寄付で設置する新品種開発部門で研究する。
(参考:徳島では日清紡HDが完全人工光型によるイチゴの栽培を実施している:関連記事)


また、試薬卸販売の四国八洲薬品とは共同で植物工場を活用したマツタケなどの人工栽培の研究も始める。徳島大や県の森林林業研究所の研究者によるキノコができるメカニズムの研究成果を活用する。その他、県の外郭団体の助成を受け、発光ダイオード(LED光源)を使った植物工場での白イチゴの苗栽培の研究も本格化する


徳島大はすでに農工商分野の研究教育に関する連携協定を徳島県と締結している。今後はインターンシップで県の農業関連部門への学生受け入れも進めてもらう。これらの取り組みは5年後をめどに企業での事業化を目指す。(参考記事:2013.3/20 日本経済新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  2. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  3. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  4. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  5. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  6. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  7. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  8. NYの公園・コミュニティーガーデン。トランプ政権により都市型農業が壊滅する可能性も
     緑の街、ニューヨークでもトランプ政権の影響を大きく受けている。公園・緑が多い大都市として有名なニュ…
  9. イノベタスの世界トップ規模のフルLED植物工場の完成披露へ
     株式会社イノベタスは7月10日、2015年3月に完成した「富士ファーム」の完成披露式典を行った。イ…
  10. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. NATUFIAのキッチンガーデン。デザイン家電としての植物工場プラントを開発
     エストニアに本社を置くNATUFIA Labは、今年の1月にラスベガスで行われたCES(Consu…
  2. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
ページ上部へ戻る