廃棄された自動車パーツの農業利用を本格化。廃油・廃液はボイラーの熱源、ライトを屋内栽培向けの照明や窓ガラスを採光用ガラスに再利用

NPO法人山形県自動車公益センターは新年度、廃棄された自動車パーツの農業利用に向けた取り組みを本格化させる。鶴岡市内でリサイクル資材を用いた屋内栽培の実証実験に着手する計画。農業分野での実用性を示すことで、自動車のリサイクル率向上を図るとともに、植物栽培の工場化による地域振興にもつなげる考えだ。


県内では、各メーカーディーラーで組織する県自動車販売店リサイクルセンターが東根市と鶴岡市の工場で毎月計750〜800台の廃車を処理している。公益センターはリサイクルセンターと連携し安定的に「資源」を確保。それを農業資材として再生させる。既にエアバッグを使ったかばんなどを開発しており、リサイクル製品の幅を広げていく考えだ。


計画では、エンジンオイルなどの廃油・廃液はボイラーの熱源に再利用する。原油価格が高騰する中、「コスト面の負担減につながるはず」と関係者。タイヤは植栽鉢、車載バッテリーは太陽光発電の蓄電池、ラジエーターファンは空調機材に、それぞれ活用する。またアルミ材は溶解しフレーム部材に再成形するほか、屋内栽培向けにライトを照明、窓ガラスを採光用ガラスとして使う予定だ


公益センターによると、長く使われた自動車とはいえ、部品劣化は少ないという。農業を取り巻く環境が厳しい中、「自動車パーツを農業分野に活用できれば、投資コストの軽減を図ることができ、参入を促すきっかけにもなる」と菅原弘紀専務理事。これまで天童市内のビニールハウスや山形市の県自動車会館でテスト的に活用し果実やゴーヤーなどの栽培に取り組んできた。


今回の実証実験は、鶴岡市内にあるリサイクルセンターの工場の一角を活用する。敷地内に設置したプレハブの建物で生花や農作物などを栽培し成果を検証する。山形大農学部に協力を要請。実例を示すことで、リサイクル資材の製品化はもちろん、空き店舗を植物工場として再利用することも検討する。公益センターは「商店街や地域の活性化にも結び付けることができる。将来的に廃校活用も視野に入れていく」と期待を込める。 (参考記事:2013年3月24日 山形新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  2. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  3. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  4. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  7. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  8. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  9. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  10. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  2. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  3. 韓国ソウル市、規制緩和により垂直農場・植物工場プロジェクトを計画
     韓国ソウル市にて垂直農場プロジェクトが計画されている。ソウル市は4月13日、ソウル市特別市南西部に…
  4. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
ページ上部へ戻る