屋上菜園・植物工場など多様なニーズに合わせた貸農園ビジネスを通じてファームセラピーや地域活性化につなげる(ジャスナ)

近年では、食・農業に関心を持つ一般消費者が増え、特に都市部住民をターゲットにした民間企業による貸農園ビジネスが拡大している。従来、貸農園というと自治体や農家などが格安で農地を貸し出すのみであったが民間企業の場合、管理者が常駐し、道具も全て揃っていることから、初心者でも気軽に始められる点が人気となっている。


今回は大阪にて、屋上菜園、完全人工光型の植物工場という2つのタイプにて、貸農園施設を運営する株式会社ジャスナをご紹介する。


昭和41年に操業した同社は、郵政省の時代から郵便物の発送代行サービスを中心に事業を展開し、その後、人材や保険代理サービスの拡充を行ってきた。「人と社会のお役に立つ」ことをコア・アイデンティティとし、リアルな感動やふれあいが徐々に失われつつある現在、貸農園を一つのツールとして、自然に触れる機会を提供しながら、近隣住民とのコミュニケーション・地域コミュニティ強化にもつなげたい、との思いから、2012年4月に貸農園サービスを開始した。


同社が提供する貸農園は、大阪駅に近い自社ビルの屋上と屋内の2か所にて運営している。自社ビルの屋上菜園では、1区画約3平方メートルで月額1万290円(税込)<合計16区画>。室内栽培の場合、1区画が1つの栽培ベッドとなっており、120cm×70cmの栽培ベッドが月額6300円(税込)にて利用することができる<合計144ベッド>。

写真(左)が自社ビルにある室内栽培施設(全体)、(右)は各利用者が提供される栽培ベッドの写真となっており、利用者は種付けから定植、収穫までの一連作業を行いながら、葉野菜やハーブ野菜、中には小ぶりのキュウリやトマト栽培に挑戦するケースも見受けられた



屋内の完全人工光型の植物工場施設では室内を22度前後に保ち、蛍光灯ランプを利用して1日10時間照射することで、葉野菜を中心に栽培することができる。利用者の中にはレタスだけでなく、バジルなどのハーブ野菜、さらにはトマトや小ぶりのキュウリを栽培するケースも見受けられ、果実類は葉野菜と比べて収穫量が少なく、時間がかかるものの、ほとんどの野菜を栽培することができる、という。


同社では今後も、専門家による栽培セミナーや試食会、様々な体験講座イベントを行いながら、周辺住民への理解を深め、多様なニーズに合わせた貸農園サービスを提供していく計画である同社サービス・貸農園に関するお問い合わせはウェブサイトをご参照の上、直接、お問合わせ下さいませ

※ 自社の農業ビジネス、食・農業に関わるバイオテクノロジー/環境関連技術に関して、取材を希望される企業様は弊社まで、お問い合わせ下さいませ(お問い合わせフォーム)。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  2. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  3. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  4. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  5. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  6. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  7. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  8. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  9. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  10. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  2. パナソニックエコ、施設園芸・低コスト型植物工場をターゲットに局所環境制御技術を導入
     パナソニックエコソリューションズ社は、農産物の生産効率向上と生産者負担の軽減を図る「アグリ・エンジ…
  3. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  4. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
ページ上部へ戻る