アマゾンが農業ストアを開設。様々な用途・目的に合わせて1万点以上の商品をそろえる。ガーデニングストアもリニューアル

植物工場IT活用事例セミナー

Amazon.co.jpは3月19日、農業や家庭菜園向けの商品を販売する「amazon農業ストア」を開設した。1万点以上を取りそろえ、カテゴリ検索やキーワード検索に加えて「畑を耕す」「植物を植える」「土を肥やす」などの作業シーンやブランドからも商品を検索できる。サイト内の「DIY・工具ストア」カテゴリからアクセス可能。



商品のジャンルは、農業・園芸用資材、剪定用具、土工農具、農業用機器・パーツ・アクセサリ、肥料・薬、ビニールハウス・温室、害虫・害獣対策用品、保管・運搬用具、測定農具、農業関連書籍など。ホンダ、リョービ、住友化学園芸、Black&Decker、キンボシ、栄工業などの商品を取り扱う


同社では農業ストアの開設にあわせて、2009年から提供している「ガーデニングストア」もリニューアル。園芸用資材、園芸用機器、散水用具、肥料・薬などのカテゴリが拡充されたほか、作業シーン別に商品を探す機能や、散水用具や芝刈り機などの園芸用機器、用土などの人気カテゴリのランキングも確認できるようになった。商品は9万7000点以上を取り扱う。