水耕栽培レンタル農園「みえーるエコ畑」を兵庫県神戸市に開園。栽培室内にウェブカメラを設置・生育状況を自宅でも把握(NTT西日本AP)

西日本電信電話(NTT西日本)、NTT西日本アセット・プランニング(NTT西日本AP)は3月5日、完全人工光型の水耕栽培によるレンタル農園「みえーるエコ畑」を、兵庫県神戸市に開園することを発表した(オープンは4月6日)。標準プランの1区画(60cm×90cm)ではリーフレタスが18個栽培することができ月額料金は4500円から。栽培室内にウェブカメラを設置し、追加料金なしで、生育状況を自宅にいながら確認することができる。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。


NTT西日本など、水耕栽培でのレンタル農園「みえーるエコ畑」を開園
水耕農園「みえーるエコ畑(ばた)」の開園について

西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾和俊、以下、NTT西日本)、株式会社NTT西日本アセット・プランニング(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:永見信之、以下、NTT西日本AP)は、NTT西日本APが事業運営主体となり、水耕栽培(※1)によるレンタル農園「みえーるエコ畑」を平成25年4月6日(土)に開園します。


1.開園にあたっての背景
NTT西日本は、保有不動産を重要な経営資源と捉え、不動産賃貸ビジネスを推進しており、更なるビジネス拡大のため新たな貸付用途を創出する取り組みを実施しております。

NTT西日本APでは、NTT西日本と連携し不動産の有効な利活用を進めてきたところですが、NTT西日本グループが推進するグリーンNTT西日本戦略の生物多様性保全活動「みどりいっぱいプロジェクト(※2)」の一環として、農地の少ない都市部において、野菜作りを楽しんでもらうため、NTT西日本の建物に屋内型農園を構築し、利用者へ区画毎にレンタル農園として提供することと致します。


2.「みえーるエコ畑」の概要
(1)特長
■季節を問わず栽培が可能であり、露地栽培より短期間で収穫できる。
■室内で栽培するため、害虫の心配がほとんどなく、無農薬による野菜作りが楽しめます。
■栽培室内にウェブカメラ(※3)を設置しているので、追加料金なしで、生育状況を自宅にいながら確認ができます。

(2)場所
兵庫県神戸市垂水区日向2−4−19 NTT垂水ビル別館

(3)営業開始日
平成25年4月6日(土)

(4)営業時間
平日:10時〜20時
土日祝:10時〜18時
休園日:水曜日(年末年始、夏季に休園あり)

※ 詳細は同社によるプレスリリースをご参照下さい。以下、利用料金に関する参考資料を添付。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  2. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  3. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  7. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  8. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  9. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  10. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  2. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  3. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  4. カナダの藻類ベンチャー、閉鎖型・植物工場とアクアポニクスの融合設備にてスーパーフードを生産
     カナダ・リッチモンドの藻類ベンチャーであるアルジブルーム・インターナショナル社は、1年前にスピルリ…
ページ上部へ戻る