水耕栽培レンタル農園「みえーるエコ畑」を兵庫県神戸市に開園。栽培室内にウェブカメラを設置・生育状況を自宅でも把握(NTT西日本AP)

西日本電信電話(NTT西日本)、NTT西日本アセット・プランニング(NTT西日本AP)は3月5日、完全人工光型の水耕栽培によるレンタル農園「みえーるエコ畑」を、兵庫県神戸市に開園することを発表した(オープンは4月6日)。標準プランの1区画(60cm×90cm)ではリーフレタスが18個栽培することができ月額料金は4500円から。栽培室内にウェブカメラを設置し、追加料金なしで、生育状況を自宅にいながら確認することができる。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。


NTT西日本など、水耕栽培でのレンタル農園「みえーるエコ畑」を開園
水耕農園「みえーるエコ畑(ばた)」の開園について

西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾和俊、以下、NTT西日本)、株式会社NTT西日本アセット・プランニング(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:永見信之、以下、NTT西日本AP)は、NTT西日本APが事業運営主体となり、水耕栽培(※1)によるレンタル農園「みえーるエコ畑」を平成25年4月6日(土)に開園します。


1.開園にあたっての背景
NTT西日本は、保有不動産を重要な経営資源と捉え、不動産賃貸ビジネスを推進しており、更なるビジネス拡大のため新たな貸付用途を創出する取り組みを実施しております。

NTT西日本APでは、NTT西日本と連携し不動産の有効な利活用を進めてきたところですが、NTT西日本グループが推進するグリーンNTT西日本戦略の生物多様性保全活動「みどりいっぱいプロジェクト(※2)」の一環として、農地の少ない都市部において、野菜作りを楽しんでもらうため、NTT西日本の建物に屋内型農園を構築し、利用者へ区画毎にレンタル農園として提供することと致します。


2.「みえーるエコ畑」の概要
(1)特長
■季節を問わず栽培が可能であり、露地栽培より短期間で収穫できる。
■室内で栽培するため、害虫の心配がほとんどなく、無農薬による野菜作りが楽しめます。
■栽培室内にウェブカメラ(※3)を設置しているので、追加料金なしで、生育状況を自宅にいながら確認ができます。

(2)場所
兵庫県神戸市垂水区日向2−4−19 NTT垂水ビル別館

(3)営業開始日
平成25年4月6日(土)

(4)営業時間
平日:10時〜20時
土日祝:10時〜18時
休園日:水曜日(年末年始、夏季に休園あり)

※ 詳細は同社によるプレスリリースをご参照下さい。以下、利用料金に関する参考資料を添付。

企業・関連団体からのプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  2. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  3. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  4. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  5. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  6. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  7. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  8. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  9. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  10. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 「生物農薬」で販売される飛ばないテントウムシ、ハウス内にて長期間の防除効果が期待
     農研機構の「近畿中国四国農業研究センター」は、テントウムシの一種・ナミテントウを飛ばないように改良…
  2. ネパール・カトマンズ市による都市型農業・屋上ファームの普及、住民へのトレーニングも実施
     ネパールのカトマンズ市は都市型農業や都市緑化を拡大させるため、住民150戸に対して屋上・テラス等の…
  3. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  4. 昭和電工と山口大、植物工場・高速栽培技術に関する世界展開へ
     昭和電工のLED光源を採用した完全人工光型植物工場ユニット「SHIGYOユニット」が、山形県天童市…
ページ上部へ戻る