障害者雇用の一環として人工光型の植物工場を開設、山形市内にて地産地消と地域住民とのネットワーク強化・体験学習への利用も(山形包徳)

ビル管理や福祉事業を展開する山形包徳では障害者雇用の一環として、山形市内のオフィスビルの一角に野菜工場「フレッシュファクトリー」を開設した。管理環境の整った空間で葉物類を水耕栽培する。障害者雇用の新たなビジネスモデルとして注目を集めている。


野菜工場は本社近くにある山形市下条町2丁目のオフィスビル1階に設置。床面積は約95平方メートルで、栽培システム1基を導入した。街中を“生産地”とし、菅井薫常務は「多くの人に見学してもらい、事業や水耕栽培への理解を促していきたい」と語る。


同社のシステムは、1月から試験的に稼働し、サンチュやレタスといった葉物野菜、ルッコラなどのベビーリーフを栽培。蛍光灯の光や室温に加え、二酸化炭素や液肥の濃度なども制御し、生育に適した室内環境を創出している。


通年栽培が可能な上、ベビーリーフなら3週間、葉物類なら約1カ月で収穫できるので生産計画が立てやすい。また病害虫が侵入できないので農薬も不要だ。現状は栽培ノウハウや品質の確認などが主な作業だが、興味を示した市内のホテルと取引が始まるなど、工場化による安定供給と安心安全という付加価値への関心は高い。


同社は福祉事業も展開し積極的な障害者雇用に取り組んでいる。ビル清掃などに障害者14人が従事野菜工場は、障害者の「働きたい」というニーズに応えるため新設した。菅井常務は「雇用の受け皿とともに、新たなビジネスにもつながるはず」と期待する。現在は障害者2人が職業指導員2人と育苗や定植、収穫などに取り組んでいる


葉物野菜の1日当たりの生産量は現状で25株。同社は設備増強を図りながら年内にも本格展開する考え。将来的には250〜300株を目標とし、障害者の雇用は8〜10人を想定する。工場は見学可能で「小学生や高齢者など、地域住民の体験学習に活用してもらえたら」と話している。(参考:山形新聞より)