スーパー平和堂、障がい者雇用「農福連携型」の植物工場をオープン

植物工場IT活用事例セミナー

 滋賀県を中心に展開するスーパーの株式会社平和堂は2月21日、関連会社のサニーリーフを滋賀県彦根市に設立し、植物工場による野菜の生産を開始する、と発表した。

新設するサニーリーフは、平和堂49%、他51%の農業生産法人で、昨年3月に設立し準備を進めていた。水耕栽培には、協和のハイポニカ栽培を採用した。

スーパー平和堂、障がい者雇用「農福連携型」の植物工場をオープン
太陽光利用型の植物工場では、高鮮度の野菜(リーフレタス、セロリ、水菜、菊菜、ネギ等)を生産する。店頭での販売状況や天候予測を基に、露地栽培の供給が不足しそうな品目を生産し、顧客への安定供給につなげる計画。


 生産施設の投資額は約2億円、施設面積は約3,000平方メートルとなる。初年度に55トンの生産を見込み、まず彦根市近郊にある平和堂の店に出荷し、来年2月までに滋賀県内にある平和堂71店への供給していく計画。

また、施設内にいる作業員の80%以上を障がい者雇用として、福祉型農業ビジネスを展開していく、という。


サニーリーフ会社概要
会社名:サニーリーフ
所在地:滋賀県彦根市
沿革:2012年3月創業、設立
   2012年5月彦根市より認定農業者(農業生産法人)取得
   2013年3月特例子会社申請予定
代表者:代表取締役 山本太
従業員数:20名(内、障がい者15名)
投資額:約2億円
事業内容:自然光型水耕栽培(ハイポニカ栽培システム)による野菜の生産と平和堂への商品供給
生産農場:JR南彦根駅より1.2km南西
土地:約7,230平方メートル
建物:約2,990平方メートル
作業施設:約2,890平方メートル(ハウスおよび加工棟)
生産量:約55トン(初年度)


[関連記事]
協和「水耕栽培キット」アメリカKickstarterにて資金調達
NECソリューションイノベータ、水耕栽培ノウハウをもつ協和と温室ハウス向けクラウドシステムを開発
サカタのタネなど、自宅で手軽にできる水耕キットを全国書店にて販売
水耕栽培メーカーの協和、家庭用水耕栽培キットの新商品を販売
ハイポニカ農法の協和、上海国有企業との合弁会社を設立。上海に植物工場プラントを建設