完全閉鎖型植物工場で、LEDのみを使用して野菜を栽培(スマイルリーフスピカ)

スマイルリーフスピカ(株)(北陸機材の子会社)は、完全閉鎖型植物工場の野菜栽培において、今月末からLED照明のみを使用した栽培実験を行う計画。経産省などが2009年に公表した調査によると、全国の完全人工光型植物工場34施設のうち、LEDだけを使用している工場はなく、LEDと蛍光灯の併用は3施設のみであった。     正確な数字は分からないが、当法人が取材・調査した所では、補助光として赤色LEDを使用していた工場は上記の3施設以上あったが、それでもLEDのみで栽培する工場は珍しいだろう。同社のLED植物工場も実験レベルであり、こうした実験レベルで行っている企業は複数社存在しており、将来的にはLED照明が主流になることを見越しての対策であることは間違いない。     2004年という早すぎる時期に参入し、07年に倒産したコスモファームでは、赤色LEDのみで栽培していたが(関連記事)、甘い事業計画などマネジメントにも難があったようだが、それでも倒産の主要因は初期投資コストが高く(LED購入費用など)、採算性が合わなかった点であろう。     今回のLED植物工場の実験全体の予算は1100万円、LEDの購入費や成分分析費用の一部で補助を受ける計画。このように政府や自治体の補助を受けながら、技術ノウハウを蓄積し、低価格なLED植物工場の実現に期待したい。     それにしても、次世代型の農業と言われながら、エネルギー使用量が大きいのが、今の普及している完全閉鎖型植物工場の現状である。(その他にも課題点や意見は色々あるだろうが、また別の機会に)     電気消費量が少ないLEDを使用し、ソーラー発電のためにパネルを設置・・・。今の完全閉鎖型植物工場においても、その初期投資コストが課題となっているのに、エコやサステナブル農業を実現しようとすれば、ビジネスとしては採算性が合わないだろう。そもそも、工場という発想から、サステナブル農業とは離れたコンセプトなのかもしれないが。   完全閉鎖型植物工場で、LEDのみを使用して野菜を栽培(スマイルリーフスピカ)     ※ 北陸の経済ニュース(1月22日)の記事を掲載

植物工場にLED 北陸機材子会社、今月末から栽培実験   北陸機材(富山市)の子会社スマイルリーフスピカ(同)は今月末から、完全閉鎖型の「植物工場」でLED(発光ダイオード)を用いた栽培試験を始める。蛍光灯から環境負荷の少ないLEDへの切り替えを前提に、生産性を高め、高品質野菜を収穫できる栽培方法を探る。植物工場は室内で計画的に作物を生産する新ビジネスとして脚光を浴びているが、LED照明を導入した例は全国でも少ないという。   同社の植物工場では食べる前に洗う必要のない無農薬野菜を生産しており、試験は葉物野菜の「グリーンリーフ」など6品目を対象に実施する。   工場の一角で従来の蛍光灯を設けた棚とLED計240本を備えた棚を用意して比較する。好影響を与えるとされる赤、青2色のLEDを使用する割合を変え、点滅させて電気使用量を減らす照射方法も試す。光を当てる周期についても調べる。   収穫後、成分含有量や栽培日数など6項目について調査し、最適な栽培方法を見つける。試験は農林水産省の支援事業に採択され、LEDの購入費や成分分析費用の一部で補助を受ける。試験全体の予算は1100万円を見込んでいる。   同省と経済産業省が2009年に公表した調査によると、全国の完全人工光型植物工場34施設のうち、LEDだけを使用している工場はなく、LEDと蛍光灯の併用は3施設にとどまっている。   植物工場は、北陸三県では富山県に1施設、福井に2施設がある。2月には金沢市でフォーラムが開催予定で、今後、石川でも参入するケースが出てきそうだ。
   ]]>