地中熱と地下水を融合した新しい空調システムを開発。熱利用効率を高めながら初期投資・工事費用を削減。温室ハウスの冷暖房への利用を想定

金型製造の日プレ株式会社は地中熱を活用した低コストの空調システムを開発した。地下に埋める送風用パイプの表面に水を通す細い管を付けることで、土と地下水の両方の熱を効率よく利用し、外気を冷やしたり暖めたりする。従来システムに比べ、初期費用を約半分に抑えた。農業施設など大型の施設に売り込み、2013年度に売上高3億円を目指す。同社は自動車向けなどの金型製造を手掛け、12年3月期の売上高は約7億円となっている。


開発した空調システムはプラスチック加工のダイカポリマー株式会社が製造するパイプを地下に横向きに埋め、内部に外気を通す仕組みとなっている。パイプは標準タイプで内径800ミリメートル、長さ30メートル。パイプ表面にらせん状の細い管を作って地下水を流すのが特長である。


地中熱の利用で主流のヒートポンプ型では、地下5メートル程度より深い地中にパイプを埋めるのが一般的。年間を通じて温度がセ氏15度程度でほぼ一定するためだ。一方、新システムは地下3メートルに埋設する。地上からの影響で約3度の季節変動があるが、地下水も活用して従来と同程度の熱利用効率を確保した埋設深度を浅くすることで、工事費用を抑えられる。また、パイプ内部の構造を工夫し、毎分130立方メートル程度の大量の空気で効率よく熱交換できるようにした。地下水の温度が16度の場合、35度の外気は28度まで下がり、0度の外気なら5度に暖められるという


新システムは農業施設や公共施設などに売り込む計画。ビニールハウスで暖房に使う化石燃料を減らしたり、畜産施設で夏の高温対策に活用したりできる、と想定している。工事費を除いた設備の価格は約300万円の見込み。工事費を含む初期費用はヒートポンプ型に比べ半分に抑えた。ランニングコストは化石燃料を使う空調に比べ、約3割削減できる。13年度に3億円、14年度に10億円の売上高を目指す。(参考:2012年12月20日、日経産業新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  2. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  3. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  4. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  5. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  6. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  7. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  8. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  9. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  2. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  3. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  4. 都市近接の低コスト型植物工場にてフレッシュハーブの生産へ(アグリサーチ)
     国内外の農業資材を活用した低コスト栽培を推進する有限会社アグリサーチ(福岡県中央区)が、完全人工光…
ページ上部へ戻る