地中熱と地下水を融合した新しい空調システムを開発。熱利用効率を高めながら初期投資・工事費用を削減。温室ハウスの冷暖房への利用を想定

金型製造の日プレ株式会社は地中熱を活用した低コストの空調システムを開発した。地下に埋める送風用パイプの表面に水を通す細い管を付けることで、土と地下水の両方の熱を効率よく利用し、外気を冷やしたり暖めたりする。従来システムに比べ、初期費用を約半分に抑えた。農業施設など大型の施設に売り込み、2013年度に売上高3億円を目指す。同社は自動車向けなどの金型製造を手掛け、12年3月期の売上高は約7億円となっている。


開発した空調システムはプラスチック加工のダイカポリマー株式会社が製造するパイプを地下に横向きに埋め、内部に外気を通す仕組みとなっている。パイプは標準タイプで内径800ミリメートル、長さ30メートル。パイプ表面にらせん状の細い管を作って地下水を流すのが特長である。


地中熱の利用で主流のヒートポンプ型では、地下5メートル程度より深い地中にパイプを埋めるのが一般的。年間を通じて温度がセ氏15度程度でほぼ一定するためだ。一方、新システムは地下3メートルに埋設する。地上からの影響で約3度の季節変動があるが、地下水も活用して従来と同程度の熱利用効率を確保した埋設深度を浅くすることで、工事費用を抑えられる。また、パイプ内部の構造を工夫し、毎分130立方メートル程度の大量の空気で効率よく熱交換できるようにした。地下水の温度が16度の場合、35度の外気は28度まで下がり、0度の外気なら5度に暖められるという


新システムは農業施設や公共施設などに売り込む計画。ビニールハウスで暖房に使う化石燃料を減らしたり、畜産施設で夏の高温対策に活用したりできる、と想定している。工事費を除いた設備の価格は約300万円の見込み。工事費を含む初期費用はヒートポンプ型に比べ半分に抑えた。ランニングコストは化石燃料を使う空調に比べ、約3割削減できる。13年度に3億円、14年度に10億円の売上高を目指す。(参考:2012年12月20日、日経産業新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  2. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  3. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  4. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  5. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  6. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  7. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  8. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  9. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  10. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  2. NASAによる宇宙ステーションや火星探査での農業・植物工場への取り組み
     2015年8月10日には、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在しているNASAの宇宙飛行士が、人工…
  3. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  4. 台北や韓国などの都市型農業拡大。ソウル市は2年間で約4倍(118ha)の緑化・農地エリア拡大
     台北市では市が中心となって都市型農業や都市エリアの緑化を進めており、市民参加型の貸農園、学校・生徒…
ページ上部へ戻る