愛知県農業総合試験場がタキイ種苗とトマト黄化葉巻病耐病性新品種を開発。病気の被害軽減・トマトの安定生産へ

愛知県農業総合試験場は「桃太郎トマト」を開発したタキイ種苗株式会社と共同で、トマト黄化葉巻病に耐病性を示す新品種「アイタキ1号」を開発し、2012年12月21日付けで、種苗法に基づく品種登録出願を行った。新品種は「桃太郎」の血を引いて味が良く、葉かび病などトマトの主要病害抵抗性とともに、収量の激減をもたらすトマト黄化葉巻病に強い品種となっている。



本病の被害が大きい地域で、本品種を栽培することで、トマトの安定生産・安定供給が期待できる。同病の被害額は愛知県内だけで年14億円にのぼるとの試算もある。愛知県のトマトの産出額は147億円(2011年度)と全国でも有数の規模を誇る。県農林水産部は「引き続き新品種の開発を進める」と話す。以下、県のプレスリリースの一部を掲載しておく。

新品種の特徴
(1)トマトの果実は、食味や揃いが良く、大きさは180〜200g程度です。
(2)愛知県で広がっているイスラエルマイルド系統の病害ウイルスによるトマト黄化葉巻病に耐病性を示します。
(3)トマトの主要病害に抵抗性を示します。
(4)愛知県で多く栽培されている「ハウス桃太郎」より3〜5日程度早く収穫でき、同等の収量が得られます。 


普及計画
(1)タキイ種苗株式会社が平成25年から種子を販売する予定です。
(2)トマト黄化葉巻病被害が大きい抑制及び促成作型を中心に県内で23haの普及を見込んでいます。
(3)平成25年7月から栽培が始まり、11月頃から果実が市場に出荷される見込みです。


関連説明
(1)愛知県のトマトは、作付面積530ha、生産数量46,200t、産出額147億円(全国第3位)で、愛知県内のほぼ全域でトマトが栽培されています。

(2)本県のトマト栽培では、さまざまな作型を組み合わせ、11月から翌年6月まで出荷されます。主要な作型は、タバココナジラミが多い7月頃に播種し、9月に定植、11月から翌年6月まで出荷されています。

(3)トマト黄化葉巻病は、体長0.8mm程度の害虫タバココナジラミが媒介するウイルス病で、本病に感染すると成長点が黄化して萎縮し、収量が激減するトマトの重要病害です。本病を引き起こすウイルスであるTYLCV(Tomato yellow leaf curl virus)には、イスラエル系統とイスラエルマイルド系統の2系統があり、愛知県では、イスラエルマイルド系統が蔓延しています。山間地域を除き、毎年、トマト黄化葉巻病の被害が発生しています。

(4)本品種が抵抗性を持つトマトの主要病害は、トマト葉かび病(Cf9)、萎凋病レース1、萎凋病レース2、根腐萎凋病、タバコモザイクウイルス等です。

※ 詳細は愛知県のウェブサイト@プレスリリースをご参照下さい。