愛知県農業総合試験場がタキイ種苗とトマト黄化葉巻病耐病性新品種を開発。病気の被害軽減・トマトの安定生産へ

愛知県農業総合試験場は「桃太郎トマト」を開発したタキイ種苗株式会社と共同で、トマト黄化葉巻病に耐病性を示す新品種「アイタキ1号」を開発し、2012年12月21日付けで、種苗法に基づく品種登録出願を行った。新品種は「桃太郎」の血を引いて味が良く、葉かび病などトマトの主要病害抵抗性とともに、収量の激減をもたらすトマト黄化葉巻病に強い品種となっている。



本病の被害が大きい地域で、本品種を栽培することで、トマトの安定生産・安定供給が期待できる。同病の被害額は愛知県内だけで年14億円にのぼるとの試算もある。愛知県のトマトの産出額は147億円(2011年度)と全国でも有数の規模を誇る。県農林水産部は「引き続き新品種の開発を進める」と話す。以下、県のプレスリリースの一部を掲載しておく。

新品種の特徴
(1)トマトの果実は、食味や揃いが良く、大きさは180〜200g程度です。
(2)愛知県で広がっているイスラエルマイルド系統の病害ウイルスによるトマト黄化葉巻病に耐病性を示します。
(3)トマトの主要病害に抵抗性を示します。
(4)愛知県で多く栽培されている「ハウス桃太郎」より3〜5日程度早く収穫でき、同等の収量が得られます。 


普及計画
(1)タキイ種苗株式会社が平成25年から種子を販売する予定です。
(2)トマト黄化葉巻病被害が大きい抑制及び促成作型を中心に県内で23haの普及を見込んでいます。
(3)平成25年7月から栽培が始まり、11月頃から果実が市場に出荷される見込みです。


関連説明
(1)愛知県のトマトは、作付面積530ha、生産数量46,200t、産出額147億円(全国第3位)で、愛知県内のほぼ全域でトマトが栽培されています。

(2)本県のトマト栽培では、さまざまな作型を組み合わせ、11月から翌年6月まで出荷されます。主要な作型は、タバココナジラミが多い7月頃に播種し、9月に定植、11月から翌年6月まで出荷されています。

(3)トマト黄化葉巻病は、体長0.8mm程度の害虫タバココナジラミが媒介するウイルス病で、本病に感染すると成長点が黄化して萎縮し、収量が激減するトマトの重要病害です。本病を引き起こすウイルスであるTYLCV(Tomato yellow leaf curl virus)には、イスラエル系統とイスラエルマイルド系統の2系統があり、愛知県では、イスラエルマイルド系統が蔓延しています。山間地域を除き、毎年、トマト黄化葉巻病の被害が発生しています。

(4)本品種が抵抗性を持つトマトの主要病害は、トマト葉かび病(Cf9)、萎凋病レース1、萎凋病レース2、根腐萎凋病、タバコモザイクウイルス等です。

※ 詳細は愛知県のウェブサイト@プレスリリースをご参照下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  2. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  5. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  6. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  7. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  8. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  9. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  10. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  2. 多段式システムでカニを栽培、革新的な生産技術によりシンガポールの食料問題の解決へ
     食料の国内自給率向上を目指すシンガポールでは限られた国土面積であることから、政府が生産品目の選択と…
  3. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  4. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
ページ上部へ戻る