愛知県農業総合試験場がタキイ種苗とトマト黄化葉巻病耐病性新品種を開発。病気の被害軽減・トマトの安定生産へ

愛知県農業総合試験場は「桃太郎トマト」を開発したタキイ種苗株式会社と共同で、トマト黄化葉巻病に耐病性を示す新品種「アイタキ1号」を開発し、2012年12月21日付けで、種苗法に基づく品種登録出願を行った。新品種は「桃太郎」の血を引いて味が良く、葉かび病などトマトの主要病害抵抗性とともに、収量の激減をもたらすトマト黄化葉巻病に強い品種となっている。



本病の被害が大きい地域で、本品種を栽培することで、トマトの安定生産・安定供給が期待できる。同病の被害額は愛知県内だけで年14億円にのぼるとの試算もある。愛知県のトマトの産出額は147億円(2011年度)と全国でも有数の規模を誇る。県農林水産部は「引き続き新品種の開発を進める」と話す。以下、県のプレスリリースの一部を掲載しておく。

新品種の特徴
(1)トマトの果実は、食味や揃いが良く、大きさは180〜200g程度です。
(2)愛知県で広がっているイスラエルマイルド系統の病害ウイルスによるトマト黄化葉巻病に耐病性を示します。
(3)トマトの主要病害に抵抗性を示します。
(4)愛知県で多く栽培されている「ハウス桃太郎」より3〜5日程度早く収穫でき、同等の収量が得られます。 


普及計画
(1)タキイ種苗株式会社が平成25年から種子を販売する予定です。
(2)トマト黄化葉巻病被害が大きい抑制及び促成作型を中心に県内で23haの普及を見込んでいます。
(3)平成25年7月から栽培が始まり、11月頃から果実が市場に出荷される見込みです。


関連説明
(1)愛知県のトマトは、作付面積530ha、生産数量46,200t、産出額147億円(全国第3位)で、愛知県内のほぼ全域でトマトが栽培されています。

(2)本県のトマト栽培では、さまざまな作型を組み合わせ、11月から翌年6月まで出荷されます。主要な作型は、タバココナジラミが多い7月頃に播種し、9月に定植、11月から翌年6月まで出荷されています。

(3)トマト黄化葉巻病は、体長0.8mm程度の害虫タバココナジラミが媒介するウイルス病で、本病に感染すると成長点が黄化して萎縮し、収量が激減するトマトの重要病害です。本病を引き起こすウイルスであるTYLCV(Tomato yellow leaf curl virus)には、イスラエル系統とイスラエルマイルド系統の2系統があり、愛知県では、イスラエルマイルド系統が蔓延しています。山間地域を除き、毎年、トマト黄化葉巻病の被害が発生しています。

(4)本品種が抵抗性を持つトマトの主要病害は、トマト葉かび病(Cf9)、萎凋病レース1、萎凋病レース2、根腐萎凋病、タバコモザイクウイルス等です。

※ 詳細は愛知県のウェブサイト@プレスリリースをご参照下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  2. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  3. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  4. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  5. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  6. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  7. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  8. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  9. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  10. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  2. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  3. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  4. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
ページ上部へ戻る