宮崎・門川町内に水耕温室ハウスを建設。製造業と農家による農商工連携により日産3500以上の葉レタスを生産(ひむか野菜光房)

今年の6月に設立したひむか野菜光房では、宮崎が誇る日照を生かし、安価に年中安定してレタスを生産可能な水耕温室ハウスを建設、出荷を開始した。同社は、食品機械の設備・設計などを手がける日向市の日向中島鉄工所と、産業用ガスを扱う延岡市の日之出酸素門川町内の農家らが資本金2000万円を出し合い設立したもの。


約1億1500万円をかけて門川町門川尾末にハウス施設(4500平方メートル)を建設。県の「宮崎発・大地を活かす農商工連携ビジネスモデル創出事業」に採択され、今年度から3年間で計約3300万円の助成を受ける。施設における機械関係は日向中島鉄工所、栽培に必要なガスなどは日之出酸素がそれぞれ担当。門川町内で水耕栽培による高糖度のトマトを生産している森雅也さんが栽培技術や販売を受け持っている。県北部から10人を新たに雇用した。

<写真:日向中島鉄工所ブログより>


11月から2種類の葉レタスの栽培を始めた。生育に必要な環境を人工的に創出。工場では種から発芽したものを発泡スチロールで固定し、水に浮かべて育てる。45〜55日間で出荷できるまでに育つ。豊かな宮崎の太陽光を利用したり、地下水を使ったりしていることから、人工光を使う「植物工場」よりも低コストという。


初出荷は12月9日。1袋には70グラム以上を目安に葉レタスを詰め、1日3500袋以上、九州を中心としたスーパーに卸している。従来の同様品と比較して、店によっては半額程度の売価であることや手頃なボリュームから追加発注が相次ぎ、生産が追いつかない状態という。(参考:読売新聞より)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  2. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  3. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  5. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  6. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  7. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  8. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  9. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  10. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  2. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  3. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  4. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
ページ上部へ戻る