山善による家庭用・植物工場キット「LEDプランターお部屋畑」を販売

 株式会社山善は、家庭用の小型・植物工場キット「LEDプランターお部屋畑」を12月中旬より発売する。店頭価格は12,800円前後を予定している。

昨今、自宅の庭やベランダに小さな畑を作って、園芸やガーデニングを楽しむ方が増えています。自分が手がけた植物が成長して花を咲かせたり実をつけたり、育てる楽しさや見る楽しさが持てる趣味として、園芸人口は今や3,000万人を超える(※注1)ともいわれています。

山善による家庭用・植物工場キット「LEDプランターお部屋畑」を販売
一方で、マンション住まいで庭がない(場所がない)ことや、忙しくて小まめな手入れができないことで、園芸を断念されている方も多くいらっしゃいます。

また、園芸につきものの「害虫」や「日当たり」、「土の処理」などは、やってみようと思われる方々にとって高いハードルになっています。

そこで、自宅の室内で手軽に園芸を始められないか?という点に注目して開発したのが「お部屋畑」です。日当たりを気にしないLEDの光と、育てやすい水耕栽培キットの組み合わせで、初心者でも安心して園芸にトライしやすい商品としました。


■商品の特長
お部屋畑では、水耕栽培と鉢植え栽培の2つの栽培方法が楽しめます。

(1) 手軽で確実に育てる水耕栽培
付属キットと市販の養液を使えば、野菜やハーブなどを種から手軽に育てることができます。1〜2週間に一度、養液が減ってきたら継ぎ足すだけなので、毎日の水やりは不要です。また、土を使わずに栽培できるので室内でも衛生的です。

(2) 準備が簡単な土で育てる鉢植え栽培
市販の野菜や花の鉢植え、または種まきをした鉢植えをプランターに置き、定期的に肥料をやることで栽培を楽しむことができます。土で支えることができるので、実のなる植物を栽培しやすく、ミニ根菜なども栽培することができます。種を定植させる作業が不要なので簡単に始められます。

(3) 太陽の光の代わりにLEDの光で育てる
植物の成長には光が欠かせません。そこで、お部屋畑では天候や時刻に左右されることなく安定した強さの光を植物に当てることができるので、一年中様々な植物の栽培を楽しむことができます。お部屋畑は植物の育成・鑑賞と省エネ性を両立したLEDデバイス(※注2)を使用しています。

消費電力は18Wと省エネなので(※注3)、月々の電気代は約143円です。このLEDの光を朝の起床時にON(12〜15時間)、就寝時にOFF(9〜12時間)することで幅広い種類の植物を栽培することができます。

※注1:公益財団法人日本生産性本部「レジャー白書2012」より
※注2:LEDデバイスについて


◆有害成分(赤外線・紫外線)をほとんど含みません
・照らされた所が熱くなりません。/植物や家具、壁紙にも優しい光です。

◆自然光に似た光を照らします
・すべての可視光色をまんべんなく含む、自然光に似た光で、多様な植物をクセなく育てることができます。/葉や花の色がきれいに見えます。

※注3:LEDを1日12時間点灯、1kWhを22円で計算した場合

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。