ハウス内への光を散乱させ、収量や品質向上を実現する農業ハウス用外張りフィルムを発売(三菱樹脂)

三菱樹脂株式会社の連結子会社で、農業資材のトップメーカーであるMKVドリーム株式会社(2013.1月1日より、三菱樹脂アグリドリーム株式会社に社名変更)では、ハウスのポリオレフィン系フィルム商品において、従来品と透過率は同等かつ、ハウス内への光を適度に散乱できる新たなフィルムを販売する。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。

農業ハウス用外張りフィルム「美サンラン(TM) ダイヤスター(R)」を発売
〜ハウス内に入る光を適度に散乱させ、収量や品質の向上に貢献〜


 三菱樹脂株式会社の連結子会社で、農業資材のトップメーカーであるMKVドリーム株式会社(※1)は、農業ハウスの外張りフィルムに使用する耐久性に優れたポリオレフィン系フィルムの「ダイヤスター(R)」シリーズにおいて、全光線透過率を従来品と同等に保ちながら、ハウス内に入射する光を適度に散乱させることが可能な新グレード「美サンラン(TM) ダイヤスター(R)」の本格販売を本年11月下旬から開始します。

ハウス全体に光を行き渡らすことで、農作物の生育促進が期待できるだけでなく、高温期での葉や果実の焼けを抑え、品質の向上にも貢献します。


 ハウス栽培などの施設園芸において、農業フィルムなどの被覆資材には、厳しい自然環境(雨風、太陽光など)の下で使用するための耐久性や強度だけでなく、それらの影響を生産物が直接受けないように、紫外線カットなど様々な機能が付与されています。


近年、高温期の農作物の収量や品質を向上させるために、外張りフィルムの表面を梨地(磨りガラス風)にして、ハウス内への入射光を散乱させて日差しを弱め、早朝から昼にかけての急激な温度の変化を和らげることで、葉や果実の焼けを防止する製品が販売されています。しかしながら、これらのフィルムを使用すると、光の一部がハウスの外に反射してしまうことから、日照時間が短く光量が少ない冬に、光合成に必要な光量が不足して、収量が安定しないことが知られています。


 今般発売する「美サンラン(TM) ダイヤスター(R)」は、耐久性や無滴性、透明性に優れる「ダイヤスター(R)」の多層フィルムの中間層に無機材料を配合することにより、入射光のハウス外への反射を抑制できる微散乱光フィルムです。

ハウス外に散乱する光を極力抑えることで、ハウス内に入射する光量を従来品とほぼ同等の全光線透過率90%(弊社測定値)に保ち、かつ適度に光を散乱させハウス全体に行き渡らせることにより、葉と葉の間やハウス骨材の影ができにくくなります。


その結果、農作物の光合成を促進することに繋がり、ハウス全体の収量の向上(※2)が期待できます。また、盛夏期に農作物の葉や果実の焼けを抑え、品質の向上も図れます。さらに、フィルムが半透明なため、農業ハウスの垂直面に使用することで、外部からハウスの中を見えにくくする効果もあり、目隠しとしても活用できます。

 当社は、三菱ケミカルホールディングスグループが提唱するKAITEKIの実現を目指し、生産者に役立つ農業資材の新商品開発や太陽光利用型植物工場などの事業拡大を通じ、「次世代アグリビジネス」を今後も推進してまいります。

※1:2013年1月1日付けで、社名を「三菱樹脂アグリドリーム株式会社」に変更いたします。

※2:農業ハウスの設備や環境条件によっては、従来の透明品の方が適する場合もあります。

※ 詳細は同社によるプレスリリースをご参照下さいませ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  2. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  3. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  4. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  5. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  6. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  7. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  8. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  9. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  2. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  3. 米国の農業ビジネス、トランプ発言への影響。既に数千万円に設備投資を行う経営者も
     1月20日に米国にてトランプ新大統領が誕生するが、今後の具体的な政策方針には農業分野の経営者も注目…
  4. オリックス不動産、兵庫県養父市の植物工場にて初収穫
     廃校になった養父市大屋町門野の旧市立南谷小学校体育館を活用し、オリックスグループが開設した植物工場…
ページ上部へ戻る