福島県川内村の植物工場に栽培技術を無償提供。植物育成に最適な波長比率を照射・収量増と出荷サイクルの短縮を実現(昭和電工)

昭和電工株式会社では、福島県川内村で現在建設中の「川内高原農産物栽培工場」に対し、LED光源を使用する植物工場向け高速栽培技術「Shigyo法」を無償で供与する。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。


福島県川内村の植物工場に栽培技術を無償提供

昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)は、福島県川内村(以下、川内村 遠藤雄幸村長)で現在建設中の「川内高原農産物栽培工場」に対し、LED光源を使用する植物工場(以下、LED植物工場)向け高速栽培技術「Shigyo法」を無償で供与します。


Shigyo法は、山口大学農学部の執行正義(しぎょうまさよし)教授と当社が共同開発した栽培技術です。当社製のLED素子を用い、植物育成に最適な比率で赤色光と青色光を照射することで、一般的なLED植物工場に比べ、出荷サイクルが短縮し、収穫量が増加します(注1)。


今回、このようなShigyo法の利点が評価され、川内村で計画された植物工場にShigyo法および当社製LED素子が採用されることになりました。また、Shigyo法の採用にあたっては、川内村の復旧・復興を支援するという観点から、通常発生するライセンス費用を無償としました。


川内村は温暖な阿武隈高地の中央に位置し、古くから稲作が盛んな地域でしたが、福島第一原子力発電所の30km圏内にあるため、東日本大震災による原発事故で一部が警戒区域、残りも緊急時避難準備区域に指定されました。現在準備区域指定は解除され、一部で帰村も始まっていますが、農地の復活は容易ではなく、村内での雇用確保も課題となっております。


このような中、川内村では、村の主産業である農業の再生と雇用基盤の確保に向け、安全な地下水を利用した水耕栽培による完全人工光型(完全閉鎖型)の植物工場の建設を決定しました。完全閉鎖型の植物工場では、外気を遮断した環境条件下での栽培が可能であり、消費者に安全性を訴求することができます。あわせて、本工場では25名の雇用を計画しています。本工場は10月20日(土)に地鎮祭が執り行われ、来年4月よりリーフレタスやハーブ等を栽培する予定です。


当社では今後も、植物育成に最適な波長を発光するLED素子や、Shigyo法による高速栽培技術を提供することにより、安全安心な食料供給と、地域における農業振興に貢献してまいります。


注1:2012年5月9日付 当社リリース参照

※ 詳細は同社によるプレスリリースを参照下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  2. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  3. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  4. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  5. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  6. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
  8. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  10. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  3. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  4. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
ページ上部へ戻る