福島県川内村の植物工場に栽培技術を無償提供。植物育成に最適な波長比率を照射・収量増と出荷サイクルの短縮を実現(昭和電工)

昭和電工株式会社では、福島県川内村で現在建設中の「川内高原農産物栽培工場」に対し、LED光源を使用する植物工場向け高速栽培技術「Shigyo法」を無償で供与する。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。


福島県川内村の植物工場に栽培技術を無償提供

昭和電工株式会社(社長:市川 秀夫)は、福島県川内村(以下、川内村 遠藤雄幸村長)で現在建設中の「川内高原農産物栽培工場」に対し、LED光源を使用する植物工場(以下、LED植物工場)向け高速栽培技術「Shigyo法」を無償で供与します。


Shigyo法は、山口大学農学部の執行正義(しぎょうまさよし)教授と当社が共同開発した栽培技術です。当社製のLED素子を用い、植物育成に最適な比率で赤色光と青色光を照射することで、一般的なLED植物工場に比べ、出荷サイクルが短縮し、収穫量が増加します(注1)。


今回、このようなShigyo法の利点が評価され、川内村で計画された植物工場にShigyo法および当社製LED素子が採用されることになりました。また、Shigyo法の採用にあたっては、川内村の復旧・復興を支援するという観点から、通常発生するライセンス費用を無償としました。


川内村は温暖な阿武隈高地の中央に位置し、古くから稲作が盛んな地域でしたが、福島第一原子力発電所の30km圏内にあるため、東日本大震災による原発事故で一部が警戒区域、残りも緊急時避難準備区域に指定されました。現在準備区域指定は解除され、一部で帰村も始まっていますが、農地の復活は容易ではなく、村内での雇用確保も課題となっております。


このような中、川内村では、村の主産業である農業の再生と雇用基盤の確保に向け、安全な地下水を利用した水耕栽培による完全人工光型(完全閉鎖型)の植物工場の建設を決定しました。完全閉鎖型の植物工場では、外気を遮断した環境条件下での栽培が可能であり、消費者に安全性を訴求することができます。あわせて、本工場では25名の雇用を計画しています。本工場は10月20日(土)に地鎮祭が執り行われ、来年4月よりリーフレタスやハーブ等を栽培する予定です。


当社では今後も、植物育成に最適な波長を発光するLED素子や、Shigyo法による高速栽培技術を提供することにより、安全安心な食料供給と、地域における農業振興に貢献してまいります。


注1:2012年5月9日付 当社リリース参照

※ 詳細は同社によるプレスリリースを参照下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  4. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  5. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  6. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  7. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  8. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  9. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  10. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
  2. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  3. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  4. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
ページ上部へ戻る