LED光源・完全閉鎖型にて生産した野菜を来年から小田急線沿線のスーパーなどに試験販売(玉川大学・西松建設)

玉川大学が敷地内に西松建設と連携して建設した「LED植物工場」が試験運用を開始した。赤や青など特定の色の光を集中して出せるLED光源の特色を生かし、栄養価が高く無農薬の野菜を短期間で栽培できる来年2月には小田急線沿線のスーパーなどに、LED光源にて栽培したレタスを販売する予定としている。


LED農園の研究を進めているのは農学部の渡辺博之教授。三菱化学の研究員だった92年、米航空宇宙局(NASA)が行っていた宇宙空間でLEDを使って植物を栽培する研究を視察し、「LED光源波長を変えて地上で植物を栽培すれば、成長スピードや品質、味わいを大きく変化させることができるのでは」と思いついたという。


これをきっかけに始めた研究を03年に玉川大に移ってから発展させた。LEDは発熱により劣化が進む欠点があるが、水などで冷やす「ダイレクト冷却式ハイパワーLED」技術を開発。10年3月には、学内に植物工場の研究施設をオープンさせた


西松建設と事業化を目指すLED農園は、今年10月1日に完成。地上2階建て、延べ床面積約900平方メートル。来年2月からリーフレタス600株(日産)を出荷し、14年9月にはハーブ類も含め3900株(日産)にする計画


栽培をオートメーション化させ、LED光源と液体肥料で育てる。栽培期間は露地栽培だと2カ月半〜3カ月ほどかかるところを1カ月弱に短縮。野菜の品種によってビタミンCなど抗酸化力も向上する。また、クリーン室で無農薬栽培するので雑菌もほとんど付かず、洗わずに食べることができる。近年では大阪府立大学、明治大学(関連記事)など、大学施設にて生産した野菜の販売事例も目立つ。<参考:毎日新聞より>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  2. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  3. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  4. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  5. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  6. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  7. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  8. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  9. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  10. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国企業によるカスタマイズされた高度な生産技術支援サービスが展開
     アグリビジネスがハイテク化するにつれて、近年では単なる生産性の向上を追及するだけでなく、環境負荷・…
  2. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
ページ上部へ戻る