グローバル市場で急展開する韓国植物工場の実態と展望を発行(矢野経済研究所)/パプリカやイチゴ、人工光型の植物工場事例などを掲載

矢野経済研究所では、下記の要領にて「グローバル市場で急展開する韓国植物工場の実態と展望」を発刊した。パプリカにおいては、韓国国内で生産される大部分を日本への輸出向けに回してきたが、近年では自国での消費量も全体としては少ないながらも徐々に伸びている

また日本企業の技術を導入し、人工光型植物工場による生産を開始した韓国企業も存在している。施設園芸・植物工場分野において今後、韓国は注目すべき国の一つであるだろう。

矢野経済研究所では、下記の要領にて「グローバル市場で急展開する韓国植物工場の実態と展望」を発刊いたしました。

韓国植物工場市場は、グローバル規模で急成長を遂げ今後の発展が期待されている。大型施設園芸に関しては、先進国のオランダから輸入したシステムを活用し、独自に技術開発も行いながら、一つの輸出産業として成長を遂げた。


また、日本独自のシステムと言われる完全人工光型植物工場についても、韓国独自のシステム開発を進めており、日本企業にとっても大きな脅威となっていくことが予想される。本調査レポートではそのような韓国市場の実態を把握し展望することで、輸出促進を図る日本及び各国の植物工場業界、また参入検討企業、研究開発機関、政府機関などの事業戦略や政策の策定に資することを目的とする。


■本資料のポイント
●太陽光利用型植物工場及び施設園芸市場の発展過程〜競争力の源泉〜課題〜展望まで徹底研究
●完全人工光型及び太陽光・人工光併用型植物工場市場の現況〜研究開発〜政策〜市場拡大パターン・市場規模予測など詳細に掲載
●現地ヒアリング調査を通してリアルかつ詳細なベンチマークを実施。経営実態及び流通・輸出体系、今後の世界戦略を徹底分析

・韓国業界をリードする完全人工光型植物工場:“INSUNG TEC”、“テヨンE&A”、“WISE産電”
・植物工場関連企業:“グリーンプラス”(ハウスメーカー)、“友成HITEC”(制御システムメーカー)、“東部韓農”(農資材関連大手)
・韓国を代表する太陽光利用型植物工場“東部ファーム”、“トマトピア”、その他イチゴ:杜山イチゴ農場、イチゴ苗:南?裕山イチゴ元苗営農組合法人、野菜苗生産企業:草田営農組合法人
・巨大流通企業“農産貿易”:市場調査、生産管理、集荷・選別・パッキング、配送にいたるパプリカ輸出のシステムを徹底研究。

●世界市場を見据えた韓国政府による輸出促進政策を徹底調査
●研究機関や大学・その他教育機関への現地ヒアリング調査、業界構造、研究開発動向などの詳細な調査を実施

※ 詳細については、以下のサイトをご参照下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  2. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  3. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  4. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  5. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  6. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  7. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  8. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  9. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  10. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  2. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  3. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  4. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
ページ上部へ戻る