グローバル市場で急展開する韓国植物工場の実態と展望を発行(矢野経済研究所)/パプリカやイチゴ、人工光型の植物工場事例などを掲載

矢野経済研究所では、下記の要領にて「グローバル市場で急展開する韓国植物工場の実態と展望」を発刊した。パプリカにおいては、韓国国内で生産される大部分を日本への輸出向けに回してきたが、近年では自国での消費量も全体としては少ないながらも徐々に伸びている

また日本企業の技術を導入し、人工光型植物工場による生産を開始した韓国企業も存在している。施設園芸・植物工場分野において今後、韓国は注目すべき国の一つであるだろう。

矢野経済研究所では、下記の要領にて「グローバル市場で急展開する韓国植物工場の実態と展望」を発刊いたしました。

韓国植物工場市場は、グローバル規模で急成長を遂げ今後の発展が期待されている。大型施設園芸に関しては、先進国のオランダから輸入したシステムを活用し、独自に技術開発も行いながら、一つの輸出産業として成長を遂げた。


また、日本独自のシステムと言われる完全人工光型植物工場についても、韓国独自のシステム開発を進めており、日本企業にとっても大きな脅威となっていくことが予想される。本調査レポートではそのような韓国市場の実態を把握し展望することで、輸出促進を図る日本及び各国の植物工場業界、また参入検討企業、研究開発機関、政府機関などの事業戦略や政策の策定に資することを目的とする。


■本資料のポイント
●太陽光利用型植物工場及び施設園芸市場の発展過程〜競争力の源泉〜課題〜展望まで徹底研究
●完全人工光型及び太陽光・人工光併用型植物工場市場の現況〜研究開発〜政策〜市場拡大パターン・市場規模予測など詳細に掲載
●現地ヒアリング調査を通してリアルかつ詳細なベンチマークを実施。経営実態及び流通・輸出体系、今後の世界戦略を徹底分析

・韓国業界をリードする完全人工光型植物工場:“INSUNG TEC”、“テヨンE&A”、“WISE産電”
・植物工場関連企業:“グリーンプラス”(ハウスメーカー)、“友成HITEC”(制御システムメーカー)、“東部韓農”(農資材関連大手)
・韓国を代表する太陽光利用型植物工場“東部ファーム”、“トマトピア”、その他イチゴ:杜山イチゴ農場、イチゴ苗:南?裕山イチゴ元苗営農組合法人、野菜苗生産企業:草田営農組合法人
・巨大流通企業“農産貿易”:市場調査、生産管理、集荷・選別・パッキング、配送にいたるパプリカ輸出のシステムを徹底研究。

●世界市場を見据えた韓国政府による輸出促進政策を徹底調査
●研究機関や大学・その他教育機関への現地ヒアリング調査、業界構造、研究開発動向などの詳細な調査を実施

※ 詳細については、以下のサイトをご参照下さい。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  2. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  3. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  4. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  5. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  6. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  7. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  8. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  9. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  10. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  2. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  3. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  4. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
ページ上部へ戻る