沖縄のインターナショナリー・ローカルが来年4月より規模拡大、栽培面積・生産量を2倍へ。香港や海外への出荷・現地での施設建設も視野に

沖縄・糸満市のインターナショナリー・ローカルは、2013年4月をめどに同市内に新しい植物工場を建設する。既存工場の増設も予定しており、栽培面積、生産量を現在の2倍超、13年度の売上高は5千万円を目指す。現在、海外の富裕層向けにも出荷しているが、15年までに海外への工場建設も検討している。

<写真:同社ウェブサイトより>

 
インターナショナリー・ローカル社は10年、県内で初めて商業用として植物工場を稼働し、アイスプラントやベビーリーフ、ワサビ菜など12種類の野菜を栽培している。現工場は栽培面積約100平方メートル。さらに50平方メートルを増設し、建設予定の新工場も約100平方メートルを見込む。
 
 
出荷先の7〜8割を県内のスーパーやレストランが占めるが、関東、関西などの県外、さらに香港にも出荷しており、順調に販路を拡大している。香港へは現在、レストラン6店舗に「アイスプラント」を出荷。今後はシンガポールへの出荷も検討しており、現地視察も2回実施した。
 
 
同社・佐々木社長は「まずは県内でのニーズを満たし、ビジネスモデルを確立する。その後、生産のノウハウを他の農家にも伝えたい」と話す。台風などに左右されやすい県内農家の所得安定に寄与したい考えだ。現在、県内スーパーで週に1回は試食販売を実施。佐々木社長は「安心・安全な植物工場で作った野菜を浸透させたい。販路を広げれば農家の安定収入につながる」と強調した。
 
 
一方、「世界の人々の心と体を健康にする」を目標に掲げる同社は、香港への現地工場建設も視野に入れる。工場で栽培した割高な野菜も、富裕層からの需要を見込めるという。(参考:琉球新報より)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  2. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  3. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  4. 1万カ所以上もあるキューバの有機都市型農業、大きなビジネスチャンスとして狙う米国の農業資材メーカー
     キューバと米国による国交正常化に関する交渉開始のニュースが広がっている中で農業ビジネスにおける交流…
  5. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  6. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  7. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  8. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  9. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  10. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場先進国オランダ、2015年農産品輸出額が過去最高。世界2位のポジション維持
     果菜類の生産が中心となる太陽光利用型植物工場の分野では先進国であるオランダについて、2015年の農…
  2. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  3. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  4. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
ページ上部へ戻る