沖縄のインターナショナリー・ローカルが来年4月より規模拡大、栽培面積・生産量を2倍へ。香港や海外への出荷・現地での施設建設も視野に

沖縄・糸満市のインターナショナリー・ローカルは、2013年4月をめどに同市内に新しい植物工場を建設する。既存工場の増設も予定しており、栽培面積、生産量を現在の2倍超、13年度の売上高は5千万円を目指す。現在、海外の富裕層向けにも出荷しているが、15年までに海外への工場建設も検討している。

<写真:同社ウェブサイトより>

 
インターナショナリー・ローカル社は10年、県内で初めて商業用として植物工場を稼働し、アイスプラントやベビーリーフ、ワサビ菜など12種類の野菜を栽培している。現工場は栽培面積約100平方メートル。さらに50平方メートルを増設し、建設予定の新工場も約100平方メートルを見込む。
 
 
出荷先の7〜8割を県内のスーパーやレストランが占めるが、関東、関西などの県外、さらに香港にも出荷しており、順調に販路を拡大している。香港へは現在、レストラン6店舗に「アイスプラント」を出荷。今後はシンガポールへの出荷も検討しており、現地視察も2回実施した。
 
 
同社・佐々木社長は「まずは県内でのニーズを満たし、ビジネスモデルを確立する。その後、生産のノウハウを他の農家にも伝えたい」と話す。台風などに左右されやすい県内農家の所得安定に寄与したい考えだ。現在、県内スーパーで週に1回は試食販売を実施。佐々木社長は「安心・安全な植物工場で作った野菜を浸透させたい。販路を広げれば農家の安定収入につながる」と強調した。
 
 
一方、「世界の人々の心と体を健康にする」を目標に掲げる同社は、香港への現地工場建設も視野に入れる。工場で栽培した割高な野菜も、富裕層からの需要を見込めるという。(参考:琉球新報より)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  2. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  3. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  4. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(2) 太陽光型の研究開発も加速。フルーツトマト市場も…
  5. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  6. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  7. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  8. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  9. ベトナムの不動産開発ビン・グループ、有機露地栽培・植物工場など高品質野菜の生産へ
     ベトナムの不動産開発大手のビン・グループは、子会社(ビン・エコ)を設立し、有機栽培や植物工場などの…
  10. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. インド農家の60%が都市部への移住希望。新たな栽培方法による都市型農業ビジネスにもチャンス
     社会科学などの調査機関であるCSDS(インド・デリー)による調査(State of Indian …
  2. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  3. エスジーグリーンハウス、植物工場による低カリウムレタスの生産へ
     2007年より太陽光利用型植物工場にてリーフレタスの生産・販売を行っているエスジーグリーンハウス(…
  4. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
ページ上部へ戻る