富山市・植物工場による多額の設備・運営コストから薬用植物・甘草の水耕栽培実験を見送り。価格面で中国・海外産に対抗できず

富山市が今年度予定していた薬用植物「カンゾウ」の水耕栽培実証実験が、実施見送りの方向となった。栽培施設の設置に多額の費用が必要な上、海外産に対して栽培コストや価格面での優位性が見込めず、ブランド化の計画は暗礁に乗り上げた。薬用植物の地産地消や「薬都富山」を発展させる市の取り組みは、戦略の練り直しを迫られている。     カンゾウは製薬企業のニーズが高いことから、富山市は今年度、西金屋の試験農場で水耕栽培に着手し、栽培技術体系を確立して新たな地域ブランドに育てる計画だった。ただ、既存施設を水耕栽培向けに改修するには億単位の費用がかかる上、実証栽培段階では国の補助要件に該当しない。植物工場の運営コストがかさみ、仮に事業化に至っても海外産と採算面で優位性が見込めないことから、計画は頓挫した。     漢方薬の原料になる生薬は現在、8割以上が中国からの輸入に依存しており、日本国内の自給率は10%程度にとどまる。一方、中国では乱獲などによってカンゾウなど一部品目で輸出規制が行われ、レアプラント(希少植物)として需給が逼迫しているものもある。     このため国内の製薬企業などで、過度な中国依存から脱却し、薬用植物を国内で栽培する動きが加速。富山県内では、県薬事研究所が漢方薬の原料となる「シャクヤク」のブランド化に向けた実験栽培を進めている。富山市は『富山の薬』を底上げするためにも、民間事業者の知恵を借り、高い効能が期待でき、価格面でも市場に対抗できる有望品種の選定を急ぎたい」(薬業物産課)としている。(参考:富山新聞より)    ]]>