富山市・植物工場による多額の設備・運営コストから薬用植物・甘草の水耕栽培実験を見送り。価格面で中国・海外産に対抗できず

富山市が今年度予定していた薬用植物「カンゾウ」の水耕栽培実証実験が、実施見送りの方向となった栽培施設の設置に多額の費用が必要な上、海外産に対して栽培コストや価格面での優位性が見込めず、ブランド化の計画は暗礁に乗り上げた。薬用植物の地産地消や「薬都富山」を発展させる市の取り組みは、戦略の練り直しを迫られている。
 
 
カンゾウは製薬企業のニーズが高いことから、富山市は今年度、西金屋の試験農場で水耕栽培に着手し、栽培技術体系を確立して新たな地域ブランドに育てる計画だった。ただ、既存施設を水耕栽培向けに改修するには億単位の費用がかかる上、実証栽培段階では国の補助要件に該当しない。植物工場の運営コストがかさみ、仮に事業化に至っても海外産と採算面で優位性が見込めないことから、計画は頓挫した
 
 
漢方薬の原料になる生薬は現在、8割以上が中国からの輸入に依存しており、日本国内の自給率は10%程度にとどまる。一方、中国では乱獲などによってカンゾウなど一部品目で輸出規制が行われ、レアプラント(希少植物)として需給が逼迫しているものもある。
 
 
このため国内の製薬企業などで、過度な中国依存から脱却し、薬用植物を国内で栽培する動きが加速。富山県内では、県薬事研究所が漢方薬の原料となる「シャクヤク」のブランド化に向けた実験栽培を進めている。富山市は『富山の薬』を底上げするためにも、民間事業者の知恵を借り、高い効能が期待でき、価格面でも市場に対抗できる有望品種の選定を急ぎたい」(薬業物産課)としている。(参考:富山新聞より)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  2. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  3. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  4. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  5. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  7. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  8. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  9. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  10. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  2. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  3. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
  4. 静岡県が先端農業推進セミナーを9/7に開催。平成29年開設リサーチセンターの公募説明も
     静岡県では9月7日、健康長寿に貢献する「農・食・健連携」による産業の活性化をテーマに、県と共同研究…
ページ上部へ戻る