富山市・植物工場による多額の設備・運営コストから薬用植物・甘草の水耕栽培実験を見送り。価格面で中国・海外産に対抗できず

富山市が今年度予定していた薬用植物「カンゾウ」の水耕栽培実証実験が、実施見送りの方向となった栽培施設の設置に多額の費用が必要な上、海外産に対して栽培コストや価格面での優位性が見込めず、ブランド化の計画は暗礁に乗り上げた。薬用植物の地産地消や「薬都富山」を発展させる市の取り組みは、戦略の練り直しを迫られている。
 
 
カンゾウは製薬企業のニーズが高いことから、富山市は今年度、西金屋の試験農場で水耕栽培に着手し、栽培技術体系を確立して新たな地域ブランドに育てる計画だった。ただ、既存施設を水耕栽培向けに改修するには億単位の費用がかかる上、実証栽培段階では国の補助要件に該当しない。植物工場の運営コストがかさみ、仮に事業化に至っても海外産と採算面で優位性が見込めないことから、計画は頓挫した
 
 
漢方薬の原料になる生薬は現在、8割以上が中国からの輸入に依存しており、日本国内の自給率は10%程度にとどまる。一方、中国では乱獲などによってカンゾウなど一部品目で輸出規制が行われ、レアプラント(希少植物)として需給が逼迫しているものもある。
 
 
このため国内の製薬企業などで、過度な中国依存から脱却し、薬用植物を国内で栽培する動きが加速。富山県内では、県薬事研究所が漢方薬の原料となる「シャクヤク」のブランド化に向けた実験栽培を進めている。富山市は『富山の薬』を底上げするためにも、民間事業者の知恵を借り、高い効能が期待でき、価格面でも市場に対抗できる有望品種の選定を急ぎたい」(薬業物産課)としている。(参考:富山新聞より)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  2. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  3. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  4. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  5. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  6. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  7. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
  8. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  9. DIC子会社が米国に藻類(スピルリナ)培養プラントを建設、天然由来の青色着色料トップメーカーへ
     印刷インキで世界トップシェアのDIC株式会社(DIC)の子会社である、アースライズニュートリショナ…
  10. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  2. 三菱樹脂、サラダほうれん草などの植物工場野菜「ヴェルデプラス」の本格販売開始
     三菱樹脂株式会社は、長浜工場(滋賀県長浜市)内に設置した太陽光利用型植物工場で収穫した野菜のブラン…
  3. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  4. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
ページ上部へ戻る