富山市・植物工場による多額の設備・運営コストから薬用植物・甘草の水耕栽培実験を見送り。価格面で中国・海外産に対抗できず

富山市が今年度予定していた薬用植物「カンゾウ」の水耕栽培実証実験が、実施見送りの方向となった栽培施設の設置に多額の費用が必要な上、海外産に対して栽培コストや価格面での優位性が見込めず、ブランド化の計画は暗礁に乗り上げた。薬用植物の地産地消や「薬都富山」を発展させる市の取り組みは、戦略の練り直しを迫られている。
 
 
カンゾウは製薬企業のニーズが高いことから、富山市は今年度、西金屋の試験農場で水耕栽培に着手し、栽培技術体系を確立して新たな地域ブランドに育てる計画だった。ただ、既存施設を水耕栽培向けに改修するには億単位の費用がかかる上、実証栽培段階では国の補助要件に該当しない。植物工場の運営コストがかさみ、仮に事業化に至っても海外産と採算面で優位性が見込めないことから、計画は頓挫した
 
 
漢方薬の原料になる生薬は現在、8割以上が中国からの輸入に依存しており、日本国内の自給率は10%程度にとどまる。一方、中国では乱獲などによってカンゾウなど一部品目で輸出規制が行われ、レアプラント(希少植物)として需給が逼迫しているものもある。
 
 
このため国内の製薬企業などで、過度な中国依存から脱却し、薬用植物を国内で栽培する動きが加速。富山県内では、県薬事研究所が漢方薬の原料となる「シャクヤク」のブランド化に向けた実験栽培を進めている。富山市は『富山の薬』を底上げするためにも、民間事業者の知恵を借り、高い効能が期待でき、価格面でも市場に対抗できる有望品種の選定を急ぎたい」(薬業物産課)としている。(参考:富山新聞より)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

植物工場・スマートアグリ展2017
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  2. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  3. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  4. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  5. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  6. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  7. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  8. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  9. 日栄インテックG、コンテナ型植物工場「スーパーアグリプラント」の販売を開始
     日栄インテックグループは、配管支持金具・太陽光架台メーカーとして豊富な実績と、多年にわたる野菜栽培…
  10. NYの公園・コミュニティーガーデン。トランプ政権により都市型農業が壊滅する可能性も
     緑の街、ニューヨークでもトランプ政権の影響を大きく受けている。公園・緑が多い大都市として有名なニュ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国にて普及が進む教育向けの植物工場キット。都会の学校にて総合的な教育プログラムを提供
     米国オハイオ州のグランドビュー・ハイツ市の公立学区では教育向けの小型植物工場9台を導入した。導入し…
  2. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  3. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     山口大学、株式会社MOT総合研究所と三菱化学株式会社は、植物工場全般に係る共同研究開発等に関して包…
  4. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
ページ上部へ戻る