株式会社深見製作所・インテリアタイプの栽培キットを発売。デザインや素材にもこだわり複数ハーブを組み合わせて栽培も可能

株式会社深見製作所(岐阜県/産業装置メーカー)は、一般の家庭向けに室内で土を使わず野菜を育てられる栽培キット“NatureBox”を2012年10月23日から発売する。販売はユーザーの声を聞きながら価格を抑え、インターネット直販で展開していく予定。以下、同社によるプレスリリースを掲載しておく。

部屋を飾るインテリアタイプの栽培キット登場
 〜家庭でキレイな新鮮無農薬野菜を〜

株式会社深見製作所(岐阜県/産業装置メーカー 代表/深見昌司)は、一般の家庭向けに室内で土を使わず野菜を育てられる栽培キット“NatureBox”を2012年10月23日に発売します。販売はユーザーの声を聞きながら価格を抑え、インターネット直販で展開していく予定です。
特設サイトは http://www.naturebox.jp/

昨年3月に起きた東北大震災を機に食生活を安全面から見直す気運が高まるなかで、一般の家庭でも食について意識するようになってきています。安心できる食事をどの家庭でも用意できるよう、室内で簡単に野菜を育てるスタイルを提供できないかと考えました。
 
◆一番の特徴は土を使わないこと。
室内で手を汚すことがなく虫や病気の被害も最小限で抑えられるので、無農薬野菜を簡単に育てられます。また光源には消費電力が少なく光量も十分なLED電球を使用しているため、植物の生育が天候に左右されることもありません。

NatureBoxは室内に違和感なく置いてもらえるよう、見た目にもスタイリッシュさにこだわりました。本体は透明度の高いアクリルで高級感を演出し、木製ライトスタンドは国内の家具工場で1点ずつ手づくりされています。
 
◆商品の価格帯は5種類。

横長の容器に水をためて育てる“スリム”と
正方形の容器にスポンジを合わせる“キューブ”、

それぞれにより良い生育を望むことの出来る高輝度照明をあわせた設定を用意して、キューブには廉価版も加えました。スリムでは種類の違う植物を同時に植えられるので、複数のハーブを組み合わせて楽しむことも出来ます。

セット品には家具調・メタル調から選べるフレーム、LED照明、肥料、タネなど必要なものすべてが付属しています。家庭菜園や園芸に興味のなかった方でも育てられるよう育成ガイドも同梱しており、購入後すぐに栽培を始めることが出来ます。
 
【株式会社 深見製作所】
これまで産業用装置をメインに手がけてきました。あらたに環境方針を定め、今回の家庭向け栽培キットのほか春には節電に役立つエコアイテムの発売を予定しています。

※ 詳細情報:同社プレスリリースより

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  2. 都市部の食料問題と食育を解決。米国NYなど都市部で拡大するアクアポニクス・地産地消モデル
    米国・地産地消の市場規模は120億ドル  米国における地産地消ビジネスの市場規模は2008年の50…
  3. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  4. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  5. 経産省、農商工連携を活用した海外販路開拓。農林水産物・食品輸出に関するシンポジウムを2月に開催
     経済産業省は「日本から世界へ!農商工連携を活用した海外販路開拓!~グローバルバリューチェーン構築の…
  6. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  7. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  8. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  9. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
  10. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  2. ロシアのVTB銀行がアルメニアにイチゴの植物工場プラント建設に資金提供
     ロシアのVTB銀行は、アルメニア共和国・コタイク地方に最新技術を導入したイチゴの植物工場(太陽光利…
  3. NYのジョンFケネディ空港にて、新たな都市型農業PJがスタート
     学校(Farm to School)やレストラン、消費者(Farm to Table)といった地産…
  4. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
ページ上部へ戻る