アルミ型材・農業用資材製造や植物工場システムを販売するアルミスが農業・宅配向けに電動軽車両事業を本格展開

アルミ型材・農業用資材製造や植物工場システムを販売するアルミスは、電動軽車両事業を本格展開させる。4月に運搬用1輪車(手押し車)を発売したほか、10月中に電動3輪自転車を投入。いずれも既存業者が展開していないカテゴリーの製品で、農業従事者のほか宅配事業者、テーマパークなどを顧客層、新たな市場を開拓する。
 
 
農業資材製造も手掛ける同社では、農業の担い手の高齢化に着目。2009年ごろから作業の負担軽減とともに、環境にも優しい電動車両の開発に取り組んでいた。4月に発売した電動の運搬用一輪車「電動猫吉」(12万8千円)は、車軸にモーターを内蔵。急発進を防ぐ機能のほか、坂道発進できる機能もあり、60キロの荷物を積んでも、斜度7度の坂道を楽に登ることができる。最大積載重量は120キロ。3輪タイプも追加した。

<写真:同社ウェブサイトより引用>

 
今月発売する電動3輪自転車(26万8千円)は、後部に最大100キロ積載できる荷台を取り付け、前輪の車軸に250キロワットのモーターを装備。アシスト走行は時速24キロまで作動し、電動のみでも時速14キロで走ることができる。また、リチウムイオンバッテリーを積み、アシスト弱モードで50キロ走行できる。荷台部分に座席を取り付けてベロタクシーとして活用できるなど、多様な応用が考えられるという。
 
 
電動3輪自転車は大手宅配業者から引き合いがあるほか、九州内のテーマパークも園内の移動、運搬手段としての活用を検討しているという。同社は「エコ意識の高まりで電動車両は需要増が期待できる。現在展開している植物工場事業とともに事業の柱に育てたい」と話す。(参考:佐賀新聞より)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  2. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  3. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  4. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  5. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  6. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  7. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  8. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  10. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の藻類企業がGlobal Energy Awardを受賞
     藻を利用した燃料の生産を行うAlgenol Biofuels社が、2014年のPLATTS Glo…
  2. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  3. 米国における学校・教育向け施設園芸・植物工場が増加。農家と学校をコーディネートするNPO団体の貢献も大きい
     米国フィラデルフィアにあるストロベリー・マンション高校に併設する敷地内にて、新たに太陽光パネルを導…
  4. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
ページ上部へ戻る