アルミ型材・農業用資材製造や植物工場システムを販売するアルミスが農業・宅配向けに電動軽車両事業を本格展開

アルミ型材・農業用資材製造や植物工場システムを販売するアルミスは、電動軽車両事業を本格展開させる。4月に運搬用1輪車(手押し車)を発売したほか、10月中に電動3輪自転車を投入。いずれも既存業者が展開していないカテゴリーの製品で、農業従事者のほか宅配事業者、テーマパークなどを顧客層、新たな市場を開拓する。
 
 
農業資材製造も手掛ける同社では、農業の担い手の高齢化に着目。2009年ごろから作業の負担軽減とともに、環境にも優しい電動車両の開発に取り組んでいた。4月に発売した電動の運搬用一輪車「電動猫吉」(12万8千円)は、車軸にモーターを内蔵。急発進を防ぐ機能のほか、坂道発進できる機能もあり、60キロの荷物を積んでも、斜度7度の坂道を楽に登ることができる。最大積載重量は120キロ。3輪タイプも追加した。

<写真:同社ウェブサイトより引用>

 
今月発売する電動3輪自転車(26万8千円)は、後部に最大100キロ積載できる荷台を取り付け、前輪の車軸に250キロワットのモーターを装備。アシスト走行は時速24キロまで作動し、電動のみでも時速14キロで走ることができる。また、リチウムイオンバッテリーを積み、アシスト弱モードで50キロ走行できる。荷台部分に座席を取り付けてベロタクシーとして活用できるなど、多様な応用が考えられるという。
 
 
電動3輪自転車は大手宅配業者から引き合いがあるほか、九州内のテーマパークも園内の移動、運搬手段としての活用を検討しているという。同社は「エコ意識の高まりで電動車両は需要増が期待できる。現在展開している植物工場事業とともに事業の柱に育てたい」と話す。(参考:佐賀新聞より)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  2. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  3. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  4. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  5. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  6. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  7. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  9. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
  10. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1)
    1.台湾における植物工場の市場概要と現状分析(1) 台湾では植物工場ブーム?! 国内に60ヶ所以上…
  2. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  3. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  4. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
ページ上部へ戻る