アルミ型材・農業用資材製造や植物工場システムを販売するアルミスが農業・宅配向けに電動軽車両事業を本格展開

アルミ型材・農業用資材製造や植物工場システムを販売するアルミスは、電動軽車両事業を本格展開させる。4月に運搬用1輪車(手押し車)を発売したほか、10月中に電動3輪自転車を投入。いずれも既存業者が展開していないカテゴリーの製品で、農業従事者のほか宅配事業者、テーマパークなどを顧客層、新たな市場を開拓する。
 
 
農業資材製造も手掛ける同社では、農業の担い手の高齢化に着目。2009年ごろから作業の負担軽減とともに、環境にも優しい電動車両の開発に取り組んでいた。4月に発売した電動の運搬用一輪車「電動猫吉」(12万8千円)は、車軸にモーターを内蔵。急発進を防ぐ機能のほか、坂道発進できる機能もあり、60キロの荷物を積んでも、斜度7度の坂道を楽に登ることができる。最大積載重量は120キロ。3輪タイプも追加した。

<写真:同社ウェブサイトより引用>

 
今月発売する電動3輪自転車(26万8千円)は、後部に最大100キロ積載できる荷台を取り付け、前輪の車軸に250キロワットのモーターを装備。アシスト走行は時速24キロまで作動し、電動のみでも時速14キロで走ることができる。また、リチウムイオンバッテリーを積み、アシスト弱モードで50キロ走行できる。荷台部分に座席を取り付けてベロタクシーとして活用できるなど、多様な応用が考えられるという。
 
 
電動3輪自転車は大手宅配業者から引き合いがあるほか、九州内のテーマパークも園内の移動、運搬手段としての活用を検討しているという。同社は「エコ意識の高まりで電動車両は需要増が期待できる。現在展開している植物工場事業とともに事業の柱に育てたい」と話す。(参考:佐賀新聞より)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  2. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  3. タイのショッピングモールでの屋上菜園。環境志向型アグリビルディングの実証スタート
     タイのチュラーロンコーン大学が約2000万円を投じて、7階建てのショッピングモール(サイアム・スク…
  4. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  5. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  6. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  7. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  8. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  9. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  10. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 愛媛県による新品種「紅い雫」を開発、高級イチゴとして11月下旬より出荷予定
     愛媛県が開発したイチゴの新品種を「紅(あか)い雫(しずく)」と名付け、6月25日に農林水産省へ品種…
  2. 凸版印刷、次世代型農業ビジネスを手がける株式会社福井和郷と資本・業務提携へ
     凸版印刷株式会社は、植物工場をはじめとする次世代型農業ビジネスを手掛ける株式会社福井和郷と2016…
  3. 来年より改正農地法が施行・農業生産法人の名称変更。法人による農地所有要件が緩和
     2016年4月に改正農地法が施行され、農業生産法人という名称も変更される。株式会社などの民間企業で…
  4. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
ページ上部へ戻る