南インド企業の事例紹介/農業分野への新規参入、完全閉鎖人工光型の植物工場システム導入や露地栽培による穀物生産も検討

海外企業の事例紹介(マッチング)
弊社では年間100社以上のアグリ関連企業へヒアリング調査を実施しており、今年度からは海外企業のヒアリングにも力を入れております。こうした活動の一環として、国内外企業・研究機関とのマッチングサービスも実施しており、今後は実際にヒアリング調査を行った海外企業について、定期的にご紹介いたします。

 
南インド企業の紹介(農業分野への新規参入)
 
今回は南インド・エリアにあるグリーンテクノロジー企業をご紹介する。同社の代表は長年、米国の環境・医療関連ビジネスに関わっており、ヘルスケアやバイオマスといった分野では非常に経験豊富な人物である
 
 
同社では新規事業として、農業ビジネスへの参入を検討しており、太陽光利用型だけでなく、室内での完全人工光型システムの導入にも強い関心を示している。既にインドでは、イスラエルやオランダなどの施設園芸技術が導入され、一部では大規模な生産・販売を行っている企業も存在するが、同社もインド市場だけでなく、既に富裕層が集積・成熟市場でもある香港やシンガポール、さらには日本への輸出も含めた大規模なビジネス展開を検討している
 
 
本アグリビジネスのために同社では、いくつかの候補地も確保。現時点での生産品目は、イチゴやハーブ野菜、お米などの穀物類の生産・販売(輸出)を検討している。また、日本企業との事業連携や生産技術の導入についても、積極的に進めていきたい、という。実際に視察した候補地は以下である。

本記事では具体的な企業名や詳細情報は掲載しておりません。マッチングサービスを受ける際に情報を公開いたします。
 
 
1.室内栽培候補地(面積150平方メートル・高さ6メートル)
工場区域内に施設がある。窓ガラス等は割れており現在は未使用だが、導入時には全て清掃・補修作業などを実施する予定


 
2.室内栽培候補地(面積150平方メートル・高さ4メートル)
一般農家の農場エリアに隣接した施設であり、建物としても非常に丈夫な構造となっている。同候補施設も、導入時には全て清掃・補修作業などを実施する予定


 
3.屋外栽培候補地(200平方メートル/約4ヘクタール)
工場区域内にも約200平方メートルの小さなスペースがあり、別エリアには4ヘクタールの広大な土地を所有。同エリアは斜面も平らで温室ハウスの建設には非常に良い土地である。4ヘクタールのエリアでは穀物などの露地栽培の実施も検討している。交通の便も非常に良いエリアである。


 

お知らせ
御社のご要望にマッチした国内外の企業・研究機関をご紹介
インド以外にも世界中の企業・研究機関とのマッチングを支援いたします
 -マッチングサービスについて
 -海外企業・研究機関への視察ツアー企画/コーディネートも実施

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  2. 中国山東省における近代化されたキノコ植物工場
     中国・山東省高密市に位置する恵和きのこ産業園は、青島農業大学の研究者が開発した技術を活用し、中央と…
  3. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  4. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  5. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  6. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  7. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  8. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  9. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  10. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 福島・南相馬に太陽利用型植物工場が稼働 カゴメの技術指導と全量買取
     福島県・南相馬市の農業法人「南相馬復興アグリ株式会社」は2月9日、太陽利用型植物工場を建設し、トマ…
  2. デアゴスティーニによる家庭用LED植物工場の第2弾。野菜・ハーブの水耕栽培キットを販売開始
     株式会社デアゴスティーニ・ジャパンは、LED光源を採用した家庭用・小型植物工場を簡単に楽しめる「L…
  3. 伊藤忠商事、廃棄物からバイオ航空燃料を製造する米Solena社へ出資
     伊藤忠商事は、都市ごみ等のバイオマスからバイオ航空燃料等の持続可能バイオ燃料を製造する技術を持つ、…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
ページ上部へ戻る