米国ニューヨーク州のアクアポニクス企業。人工光・多段式による野菜の栽培と別エリアにてブルーギルを飼育。今後はトマトの水耕栽培にも

Aqua Vita Farmsは米国ニューヨーク州中央部に位置する都市ユーティカ(Utica)にて、アクアポニクス施設を運営している企業である。同社を設立したMark Doherty氏は、何事にも積極的に取り組む、アクティブな人物である。
※ アクアポニクスに関する詳細は以下のページを参照
 

<写真:同社ウェブサイトより引用>

 
約150平方メートルの水耕施設、多段式の人工光にてレタスやベビーリーフを生産している。具体的には約40mの栽培プールを設置して、エアルームレタス、スイスチャード、ベビーリーフ、マメ科の植物を生産。同施設はアクアポニクスシステムを導入しており、別のスペースエリアでは約8000匹のブルーギルが飼育されている
 
 
代表のMark Doherty氏によると、栽培施設の拡大を計画しており、今後は水槽にティラピアを飼育し、水耕栽培にてトマトの生産にチャレンジする、という。同社が生産した野菜などは現在、地元ユーティカ(Utica)の街にある6つのレストランに販売されている。また、さらなる販売先として、同じニューヨーク州中央部に位置するシラキュースの街にある7つの卸売会社への販売も交渉中である。
 
 

お知らせ
会員限定記事には海外における様々なニュースを定期的に配信
 -会員向け記事一覧(会員限定記事タイトルと内容抜粋)

御社のご要望にマッチした国内外の企業・研究機関をご紹介
 -マッチングサービスについて
 -海外企業・研究機関への視察ツアー企画/コーディネートも実施

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  2. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  3. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  4. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  5. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  6. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
  7. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  8. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  9. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  10. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
     弊社では2015年5月より5ヶ月間、イタリア北部はミラノで開催されているミラノ万博へ訪問取材を実施…
  2. 2050年までに25億人以上が新たに都市部住民へ。加速する都市型農業の必要性
     国連レポートによると、世界の70億人の人々の半数以上が、東京やデリー、上海、メキシコシティ、サンパ…
  3. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  4. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
ページ上部へ戻る