高出力LED光源の開発・特殊レンズによる光の集光技術/植物工場にてトマト・イチゴの果実類も栽培可能(レグルス)

植物育成用の超高性能LED照明の開発・販売に力を入れるレグルスでは、従来の植物工場ではできなかったイチゴやトマト、オクラ、ワサビといった果物や野菜の栽培も可能にしている。一般の蛍光灯やLEDでは、野菜や果物が育つほどの明るさが得られず、従来栽培できたのは、レタスや白菜といった「葉もの」野菜に限られていた。
 
 
しかし、レグルスは2008年10月、他社商品の10倍の電流を流せる高出力LEDの開発に成功。さらに、特殊レンズをつけて光の拡散を防いで明るさを高め、栽培できる植物の種類を増やした。光合成は光の量だけでなく、波長も重要な要素。植物の成長段階に応じて、光合成に適した波長を出すLEDをバランス良く組み合わせた。
 
 
同社によると「太陽光は紫外線を多く含み、ビタミンやポリフェノールを破壊してしまうが、LEDは紫外線を含まないため、そうしたことが起きない。甘みも増す」という。同社に関する詳細は以下の以前の記事をご参照下さい。<参考:SankeiBizなど、写真:同社HPより>

2010年1月17日・弊社、掲載記事
レグルス(株)は、植物の成長・光合成に最適な波長の光を出す2種類のLEDの量産体制を整備。東南アジアでLEDチップを調達、中国の協力工場で組み立てる流れ。栽培植物に合わせてLED照明から工場システムまで、設計、納入可能。イチゴ、ワサビ、草花などの栽培も成功済みで、このノウハウも提供できるという。栽培面積2000平方メートルのイチゴ栽培用システム一式の価格は5億円。システムにはLED照明のほか、電源、エアコン、冷水機、栽培棚、水循環ポンプなどを含む。
 
レグルス、植物工場や研究機関向けLED照明装置を量産
レグルスは、植物栽培に重要な光量子束密度(PFD)を毎秒・一平方メートル当たり最高1000マイクロモル(マイクロは100万分の1)まで出力できる、発光ダイオード(LED)照明装置の量産を始めた。光合成に適した波長の光を出す2種類のLEDを採用。トマト、イチゴなどの果実も効率よく育てられる。植物工場や研究機関を対象に販売を進め、2010年9月期に9億円の売り上げを目指す。
 
照明装置は東南アジアでLEDチップを調達し、中国の協力工場で組み立てる。LEDのピーク波長は470ナノメートル(ナノは10億分の1)と660ナノメートル。植物工場の栽培面積で月3000平方メートル以上に対応できる生産体制を整えた。
 
栽培植物に合わせてLED照明から工場システムまで、設計、納入する。イチゴ、ワサビ、草花などの栽培も成功済みで、このノウハウも提供できる。国内向けにレタス用やコケ用の照明装置を納入し、海外の引き合いも複数件あるという。
 
PFD300マイクロモル、栽培面積2000平方メートルのイチゴ栽培用システム一式の価格は5億円。システムにはLED照明のほか、電源、エアコン、冷水機、栽培棚、水循環ポンプなどを含む。水中でコケの栽培などに使う完全密閉型の商品も可能。照明は完全閉鎖型システム内なら7年間の使用を保証できるという。
 
植物の光合成には波長とともに、光子の数が重要になる。PFDは一秒、一平方メートル当たりの光子数を示す数値。通常の蛍光灯は植物に近接させた場合、400マイクロモル程度を確保できるが、高熱により葉が焼けてしまうおそれがある。同社のLED照明は発熱が少ないため、植物に約10センチメートルまで近づけられる。

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. シンガポールでの都市型農業ブーム。自然公園エリアの貸農園も予約待ちへ
     シンガポールの自然公園エリア「ホート・パーク」内に去年の7月より運営を開始している貸農園(レンタル…
  2. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  3. 北海道最大級のファームノートサミット2016 ~生産と消費をつなぐ次世代農業~
     先月末11月30日、北海道帯広市の北海道ホテルにて、北海道最大級の農業カンファレンスであるファーム…
  4. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  5. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  6. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     1992年に京都で創業したシーシーエス株式会社は、LEDを使用した照明装置の専業メーカーである。特…
  7. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  8. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
  9. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  10. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 台湾「国際果実・野菜見本市」展示会、植物工場プラントメーカーからアクアポニックまで幅広く出展
     前回の紹介記事の通り、台湾のマイ・エグジビション株式会社は、2016年11月10日~11月12日ま…
  2. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  3. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  4. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
ページ上部へ戻る