植物工場の最新動向セミナーご案内(10月26日・大阪ATCグリーンエコプラザ内)

ご存じのとおり植物工場は環境制御によって周年・計画生産が可能な栽培施設で、食料の安定供給や新産業の創出に結びつくことから、環境・食糧・エネルギー・資源に関わる課題解決につながると期待されています。   また、社会情勢の変化、消費者の食の安全・安心や品質の保証に対する要求に応えるものとして、植物工場産野菜の認知度が高まっています。植物工場の研究動向と展望、体内時計の最適化という最新の研究、認証制度を活用した消費者へのアピールなど、植物工場の最新動向について考察します。  

日 時:2012年10月26日(金) 14:00〜17:00(13:30より受付開始) 会 場:ビオトープ・プラザ(ATCビルITM棟11F おおさかATCグリーンエコプラザ内) 定 員:60名(先着順) 受講料:無料 申 込:以下の申込サイトより 主 催:おおさかATCグリーンエコプラザ実行委員会(大阪市、ATC、日本経済新聞社)   プログラム 講演1「植物工場の研究動向と展望」 京都大学大学院 農学研究科農業システム工学研究室 教授 清水 浩 氏 講演2「体内時計の最適化技術を活用した植物工場と実用化への期待」 大阪府立大学大学院 工学研究科機械系専攻 助教 JSTさきがけ「生命モデル」研究者兼任 福田 弘和 氏 事例紹介「認証制度を活用した消費者へのアピール」 徳寿工業株式会社 農業施設課 課長 下田 辰雄 氏 ※ 詳細は以下のサイトより
企業のプレスリリース・お知らせ等は随時、受け付けております@プレス募集サイト
   ]]>