沖縄名護市の福祉施設にて植物工場を建設。価格の乱高下が激しい沖縄にて、安定品質・周年供給を実現。県内の施設としては7ヶ所目(エスペレ)

沖縄名護市にて福祉施設を運営する株式会社エスペレは、施設に設けた植物工場で栽培した野菜の本格的な出荷を始めた。近隣のリゾートホテルや農産物直売所など向けにレタスなどの葉物野菜を1日当たり計400株を供給する。店頭価格は1株(約80g)140〜150円程度での販売を予定している。
 
 
植物工場は同社が名護市で運営する福祉施設「ソーシャルサポート・エスペレ」(就労継続支援A型事業所)の建物に開設した。広さは約66平方メートルで、レタスなどの葉物野菜を水耕栽培する。県によると、県内の植物工場としては7カ所目
 
 
屋内で温度や湿度、照明などを制御することで、種植えから収穫までは約35日と、露地物より10日ほど早く出荷できるという。沖縄では日差しが強い夏場、葉物野菜の収穫が難しく、価格が高騰する傾向がある。植物工場であれば、品量ともに安定して野菜を供給できることから、一定の需要が見込めると判断した。2012年6月から名護市内の農産物直売所向けに出荷を開始。
 
 
7月にはAJ恩納ビルリゾートホテル(恩納村)など向けに出荷を始めたほか、ホテルゆがふいんおきなわ(名護市)などにも納入する予定である。さらに「名護市内や本部町など近隣の飲食店への納入を目指し、サンプル出荷を進めている」(浜畑社長)という。植物工場はエスペレが運営する施設の障害者の就労支援を兼ねる。本格出荷にあわせて、現在2人の障害者の従業員を年度内に7〜8人に増員する。栽培する野菜の種類も増やして、顧客の多様な要求に応えていく方針である。(参考:日本経済新聞より)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  3. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  4. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  5. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  6. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  7. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  8. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  9. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  10. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  2. 1日1万株の国内最大級の植物工場 「柏の葉スマートシティ」にて本格稼働
     株式会社みらいと三井不動産株式会社は「柏の葉スマートシティ」において国内最大級の植物工場「柏の葉 …
  3. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  4. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
ページ上部へ戻る