天候良好により生産量が安定である一方で、残暑や食中毒事件を反映してハクサイ・キャベツの需要低迷。出荷制限を行うも効果が薄い

全国農業協同組合連合会(全農)などが9月7日から始めたキャベツ、ハクサイの出荷制限が20日に終わった。卸値は、いずれも平年(過去3年平均)を3〜4割下回る。残暑の影響で消費が伸びなかったためだ。産地の取り組みは効果が薄かったとの見方がほとんどだ。
 
 
東京・大田市場では20日、キャベツ(群馬県産)の卸値が10キロ840円、ハクサイ(長野県産)が15キロ1365円。出荷制限前の9月6日はキャベツが同840円、ハクサイが同1260円とほぼ同水準だった。今年は「天候が良く病害の発生が少ない」。台風の被害もほとんどなく、価格が大幅に下落した。全農は出荷を減らす緊急需給調整事業を農林水産省に届け出て実施した。
 
 
農水省によると、過去の出荷制限では10〜20日ほどで価格が平年の約9割までに回復したという。価格は一時上昇したが、気温の高い日が続き、火を通して調理する野菜の需要は低迷。都内のスーパー、いなげやではキャベツの売り上げが前年の3割減、ハクサイは4割減った
 
 
半面、暑さを反映してサラダ用のトマト、レタスが1割増であった。ハクサイは浅漬けが原因となり、腸管出血性大腸菌O157による食中毒が発生。「加工業者が買い控えている」。キャベツ、ハクサイとも産地からの高水準の出荷が10月いっぱい続く見通し。市場には「しばらく安値が続く」(仲卸)との見方が多い。(参考:日経ニュースより)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 総合プランニング、植物の工業的栽培市場の現状と将来動向に関する調査を発表
     総合マーケティングの株式会社総合プランニングは「植物工場(植物の工業的栽培市場)」に関する調査を実…
  2. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  3. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  4. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  5. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  6. 2013年度は農業法人の休廃業・解散が拡大 電力高騰や後継者問題も
     帝国データバンクは、2006年度から2013年度の間で、農業法人の休廃業・解散動向に関する調査を実…
  7. ノース・ダコタ州立大学が約40億円にて植物工場・研究施設を完成
     米国のノース・ダコタ州立大学では最新技術を導入した植物工場が完成した。総投資額は3300万ドル(約…
  8. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
  9. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  10. 沖縄セルラー電話、植物工場の運営ノウハウとIoTを活用した家庭用水耕栽培キットを来年2月発売
     沖縄セルラー電話株式会社は、株式会社KDDI総合研究所の技術協力を得て、IoTを活用した家庭用の植…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  2. 村上農園、機能性表示の新制度を背景に機能性野菜スプラウトが販売好調
     太陽光利用型植物工場や施設園芸を中心としたスプラウト生産大手の株式会社村上農園が生産販売する2つの…
  3. 大日本印刷やデンソーが北海道の農家と組み、インドネシアへの生鮮野菜の輸出実証を開始
     大日本印刷はデンソーや道内の農業生産法人3社、約300軒の農家と組み、道産野菜のインドネシアへの大…
  4. 英国における衛星・宇宙産業と農業技術の融合。新たな新技術・産業創出へ
     9月28日にNASAが火星表面にて水が流れていたという確かな証拠を発見したというニュースが報道され…
ページ上部へ戻る