1ヘクタールの太陽光利用型植物工場にて高糖度トマト、メロンなどを栽培。フィルム栽培や搭乗型移動ロボットなど最先端技術を導入

農業生産法人のつくば菜園は最先端の植物工場を利用した高糖度トマトの生産を増強し、メロンなどの試験栽培も始める。9月に植物工場を新たに建設し、栽培面積を現在の2倍の2万平方メートルに拡大。搭乗型移動ロボットも導入し、植物工場内の移動などに利用する。最先端の農法を実践することで若手農業者の育成を目指す。
 
 
同社は早稲田大学理工学研究所の森有一客員教授が開発したアイメック農法(フィルム栽培,メビオール株式会社が中心となって開発・普及)と呼ぶ最先端の養液土耕栽培を利用し、高糖度トマトの試験栽培を2009年に着手。今年から本格生産を開始した。ミニトマト2種と中玉トマト2種を合わせて8万株作付けし、年間100トンの収穫を目指している。
 
 
現在、約1億円を投じて隣接する1万平方メートルの敷地に植物工場を建設中で、9月以降、生産能力を倍増する。実験棟(約2000平方メートル)も建設中で、完成後、メロンやイチゴ、パプリカなどをアイメック農法で試験栽培し、栽培品目を拡大する計画。収穫するトマトの糖度は12%程度と通常のトマトの2倍以上。γーアミノ酪酸(GABA)やリコピンなどの機能性成分も豊富に含まれるため、傷ついたトマトは粉末加工品として来春から販売することも計画している。
 
 
同社は昨年、つくば市がモビリティロボット特区に認定されたこともあり、搭乗型移動ロボット「セグウェイ」を今春、3台導入した。セグウェイを使って移動時間を効率化するほか、将来的にはトマトなど野菜の選定や運搬にも利用する計画だ。また人材育成においては、5年間に30人の独立農業者を育成することも目指す。研修期間は1年半から2年。現在、7人が研修中で、9月に2人が独立するという。同社の寺島社長は「最先端の農法を実践することで、若手就農者の育成を促したい」としている。(参考:日本経済新聞より)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  2. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  3. ライアソン大学による都市型・屋上ファームが1周年の収穫祭を開催
     カナダのトロントにあるライアソン大学の屋上ファームでは、1周年の収穫祭と農場ツアーが実施された。同…
  4. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  5. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  6. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  7. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  8. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  9. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  10. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 家庭用プリンタで土壌水分センサーなどの電子回路を安価に大量生産
     東京大学の川原圭博准教授らは、家庭用インクジェットプリンタを用いて様々な電子回路素子を短時間で印刷…
  2. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  3. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  4. JFEエンジニアリングなど、オランダ式の太陽光利用型植物工場にてトマト・ベビーリーフの生産へ
     プラント設計・施工大手のJFEエンジニアリングが北海道・苫小牧市の苫小牧東部工業基地(苫東)で建設…
ページ上部へ戻る