1ヘクタールの太陽光利用型植物工場にて高糖度トマト、メロンなどを栽培。フィルム栽培や搭乗型移動ロボットなど最先端技術を導入

農業生産法人のつくば菜園は最先端の植物工場を利用した高糖度トマトの生産を増強し、メロンなどの試験栽培も始める。9月に植物工場を新たに建設し、栽培面積を現在の2倍の2万平方メートルに拡大。搭乗型移動ロボットも導入し、植物工場内の移動などに利用する。最先端の農法を実践することで若手農業者の育成を目指す。
 
 
同社は早稲田大学理工学研究所の森有一客員教授が開発したアイメック農法(フィルム栽培,メビオール株式会社が中心となって開発・普及)と呼ぶ最先端の養液土耕栽培を利用し、高糖度トマトの試験栽培を2009年に着手。今年から本格生産を開始した。ミニトマト2種と中玉トマト2種を合わせて8万株作付けし、年間100トンの収穫を目指している。
 
 
現在、約1億円を投じて隣接する1万平方メートルの敷地に植物工場を建設中で、9月以降、生産能力を倍増する。実験棟(約2000平方メートル)も建設中で、完成後、メロンやイチゴ、パプリカなどをアイメック農法で試験栽培し、栽培品目を拡大する計画。収穫するトマトの糖度は12%程度と通常のトマトの2倍以上。γーアミノ酪酸(GABA)やリコピンなどの機能性成分も豊富に含まれるため、傷ついたトマトは粉末加工品として来春から販売することも計画している。
 
 
同社は昨年、つくば市がモビリティロボット特区に認定されたこともあり、搭乗型移動ロボット「セグウェイ」を今春、3台導入した。セグウェイを使って移動時間を効率化するほか、将来的にはトマトなど野菜の選定や運搬にも利用する計画だ。また人材育成においては、5年間に30人の独立農業者を育成することも目指す。研修期間は1年半から2年。現在、7人が研修中で、9月に2人が独立するという。同社の寺島社長は「最先端の農法を実践することで、若手就農者の育成を促したい」としている。(参考:日本経済新聞より)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  2. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  3. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  4. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  5. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  6. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  7. NTTファシリティーズ、青森県内初の医療法人・介護系事業所に植物工場を導入
     株式会社NTTファシリティーズは、医療法人蛍慈会・石木医院において青森県で初の医療・介護系事業所へ…
  8. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  9. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  10. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 自然の木をイメージした垂直農場 植物工場や様々なクリーンテクノロジーを導入
    都市部における過剰な人口増加が引き起こす2つの問題は、限られた土地・空間の中での生産性向上をはかりな…
  2. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  3. ミラノ万博「食と農業の未来」~植物工場・水耕栽培/都市型農業など~
    イタリア・ミラノでは「地球に食料を、生命にエネルギーを(Feeding the Planet, En…
  4. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
ページ上部へ戻る