新潟県上越市内12社が合同でソーラーパネルや風力など自然エネルギーを利用した植物工場モデルにて実証実験をスタート(上越ニュービジネス研究会)

新潟県上越市内の民間企業が共同開発し、三和区の多能鉱泉に置いた野菜工場実験棟が8月10日、野菜の初収穫が行われた。装置は風力、太陽光といった自然エネルギーを利用して照明を点灯させており、室温25度程度の実験棟内で水と光を利用しレタス数種を育てている取り組むのは上越商工会議所加盟の12社で構成する「ニュービジネス研究会」。地域全体の産業競争力維持を目的に、昨年9月から市内初となる大規模な「産・産連携」に挑んでいる。昨年9月から約1年かけて発電装置の設計や試作品製作を行ってきた。
 
 
栽培実験棟は約25平方メートルのプレハブ棟で、屋根に太陽光パネル2台と試作品の風力発電装置を備える。8月に入ってから風力の発電機を取り付けた。栽培システムは3段の棚を設置、レタス約290株を育てている。先日は70株ほどを初めて収穫した。必要な電力は現在、空調を除いて、約30%を自然エネルギーでまかなっている状態だという。ほかに最大で約500ワットを得られるマイクロ水力発電装置の試作品が準備されており、近く設置、実験を行う見通しだという。毎日温度湿度のデータを採取するため、同研究会メンバーが実験棟を訪れている。
 
 
栽培実験で新たに分かったこともある。7月下旬の猛暑で室内が30度を超えて高温になり、レタスが成育しすぎて市場に出せない大きさになった。急きょスプリンクラーを屋根に取り付けて室温を一定に保ったという。「一番暑い時期にやったからこそ分かったこと。データが採取できた」今後は照明をLED(発光ダイオード)に変えるなどして、食味の向上にも努めるという。
 
 
同研究会は平成25年度までに全装置を完成させ、実用化を目指す。補助金を出している上越市の期待も大きい。研究会では、実用化し、採算を取るには、1日1千株を収穫できるような施設が必要と考えている。「まずは利益が出る仕組みを研究する。将来的に、新たに参入できる態勢を整え、ビジネスとして成功させたい」と話している。<参考:朝日新聞など>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  2. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  3. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  4. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  5. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  6. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  7. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  8. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  9. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  10. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  2. フットボール49ersスタジアムにて屋上菜園を実践。都市型農業を通じて環境保全・地域貢献へ
     フットボール・チームのサンフランシスコ・フォーティナイナーズの本拠地「リーバイス・スタジアム」では…
  3. 西松建設、玉川大学との連携事業・LED植物工場のショールームが完成
     西松建設は4月11日、玉川大学との産学連携事業として開発を進めているLED植物工場について、新規参…
  4. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
ページ上部へ戻る