GEとHouweling’s Tomatoesが米国初のトリジェネレーション・プロジェクトを展開。電力・熱だけではなくコジェネで排出するCO2を植物の成長促進に活用

GEと北米の先進的な温室栽培事業者であるHouweling’s Tomatoesは電力と熱を供給する際に排出される二酸化炭素を植物の成長促進に活用する、米国初の「トリジェネレーション・プロジェクト」を発表した。以下には同社によるプレスリリースを掲載しておく。
 

 
天然ガスを利用する2段ターボチャージャと二酸化炭素を植物の成長促進に用いるシステムを備え、GE社内の環境基準ecomagination認定を受けた2基のイエンバッハ・ガスエンジンJ624(4.36MW/1基)によって、カリフォルニア州カマリロにあるHouweling社の125エーカーの広さをもつトマト向け大規模栽培施設に電力・熱、および二酸化炭素を提供します
 
 
カリフォルニア州が掲げた「2020年までに新設のコジェネにより6,500MWを発電」という目標支援を可能とする本プロジェクトは、米国で初めて導入されたGE製J624イエンバッハ・ガスエンジン(60Hz対応)の代表的事例となります。2007年に販売開始されたJ624イエンバッハ・ガスエンジンは、効率性に優れた2段ターボチャージャを備え、多目的用途の商業用発電向としては世界最初の24気筒ガスエンジンです。
 
 
天然ガスを燃料としたHouweling社のトリジェネレーションシステムでは2基で8.7MWの電力と大型ガラスで囲われた温室を温めるため、温水による10.6MW相当の熱を提供しますこのシステムは全体でおよそ90%の熱効率を実現しています。二酸化炭素の排出時に水から回収される逸失エネルギーを含めると、ほぼ100%の全体効率を達成します。
 
 
このトリジェネレーションの発電プラントは柔軟な運用をおこなうことができ、日中のピークタイム需要への電力対応に貢献します。わずか5分間でスタートし、高効率な発電性能をもつため、電力会社のグリッドをより安定させる電力を供給。さらに発電時に発生する熱は寒冷期においては即座に温室に提供されるか、または1日のうちで効果的な時間帯に利用するために蓄熱タンクのなかで蓄えられます
 

 
このシステムは新鮮なトマト育成に欠かせない熱・電気と二酸化炭素を提供します。しかし温室からは野菜だけではなく、高効率な発電設備により、地域に電力も柔軟に供給することができる*という点がより重要です。GEの実証された技術と業界最先端の優れた効率によって、この地域の発電施設としては、もっとも少ない低排出ガスと水使用量を示す施設であると考えます。実際、私たちは温室の排水システムや冷却プロセスから回収されている水を利用することで、1日あたり9,500ガロンにおよぶ水資源を節約しています。つまりこのプロジェクトは当社のためだけではなく、私たちのコミュニティのためにもよいことをしていると考えています。」とCasey Houweling CEOは述べています。
*電力会社との接続および地域の許諾取得済
 
 
GEは温室向けに世界で800基を超えるイエンバッハ・コジェネユニットを展開し、およそ2ギガワットの発電と成長促進のための二酸化炭素を提供しています。Houweling社での導入により、温室向けガスエンジンを初めて米国に導入することができました。環境や地域コミュニティに対する負荷をお客さまができる限り軽減できるようお手伝いをすることが私たちGEの目的です。2段ターボチャージャ付J624イエンバッハ・ガスエンジン1基では平均的な米国の4,400世帯に電力供給し、米国で2,000台の自動車が排出する量に匹敵する年間10,700トン*におよぶ二酸化炭素を削減することができます。」とScott Nolen GEガスエンジンのプロダクトマネジメントリーダーは述べています。
*合衆国における平均的な排出量
 
 
エンジンの排気管から排出される二酸化炭素は純化され、日中、光合成を通じて植物の成長促進をおこなうために温室に注入されます。オランダのGEでは、二酸化炭素・成長促進システムのための温室向け技術が開発され、特殊な触媒を通じた除去設備を用いて不必要な一酸化炭素と亜酸化窒素を除去し、Houweling社のシステムのように純度の高い二酸化炭素を温室に提供します。その結果、高効率で低排出ガスのシステムによって、天然ガスボイラーの利用が相殺され、栽培農家に対して環境面での投資メリットを提供します。
 
 
Houweling社は一酸化炭素、炭化水素、窒素酸化物、有害な空気中の成分量を最小化させるCOdiNOx選択除去システムを導入しており、最終的な排出ガス汚染レベルは、地域の規制当局が許容範囲と認定した基準値を満たします。なお本プロジェクトはエンジニアリングやシステム統合でWestern Energy Systems社の、また設置等においてはPenn DDA/Penn Power Systems社の協力を受けています。
 
 
Houweling’s Tomatoesについて
Houweling’s Tomatoesは、カリフォルニア州カマリロやブリティッシュ・コロンビア州デルタなどで、年間を通じて、水耕栽培のトマト、種なしきゅうりなど幅広く高級農産物を生産する先進的な温室栽培事業者です。また、Houweling’s Tomatoesは温室栽培された製品のすべての品種の植物繁殖部門を運営しています。

Houweling社のミッションは、農産物の種から新鮮かつ安全で最上品質の農作物になるまで育て、消費者の皿に載せられるまで環境に配慮しつつ日常的にご提供することです。昨年末、ジェリー・ブラウン カリフォルニア州知事は、優れた環境施策と地域の経済活性化に貢献した企業に与えられる「2011年・カリフォルニア州環境・経済リーダーシップアワード」としてHouweling’s Tomatoesを選出しています。
 
 
GEについて
GEは、重要な課題の解決に取り組む企業です。最高の人材、最高のテクノロジーを活用し、エナジー、ヘルスケア、ホーム、トランスポーテーション(運輸)、金融サービスなどの分野で、困難な課題の解決に貢献しています。世界中のインフラやビジネス 構築、電力供給、運輸、医療など様々な分野でGEの製品・サービスが使われています。私達は、イマジネーションだけでなく、「実行」する企業です。課題解決を行動にうつす、それがGEの仕事です。日本におけるGEの事業・活動等については、 http://www.ge.com/jp/ をご覧下さい。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  2. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  3. 世界の都市開発に期待される環境志向型アグリビルディングや植物工場
     政府は6月12日、産業競争力会議を開き、成長戦略を決定した。成長戦略は金融緩和、財政出動と並ぶ安倍…
  4. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  5. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
  6. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  7. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  8. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  9. ハワイでも完全人工光型植物工場によるアイスプラントの生産も
     熱帯気候のハワイにおいても、商業生産に向けて完全人工光型植物工場ビジネスに参入するベンチャーが現れ…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
    スプレッドでは、植物工場野菜ブランド『ベジタス』の需要増加に伴う生産体制増強のため、自社の技術力を結…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. カナダ・エドモント市による法改正、植物工場や屋上菜園など生産方式の明確化
    農業利用に関する土地活用条例が2016年2月から施行  カナダ・エドモント市議会では都市型農業や地…
  2. カゴメ、宮城県にて加工用トマトの大規模露地栽培へ
     太陽光利用型植物工場による生食用トマトの生産・販売を行う、カゴメ株式会社は、2012年以降、宮城県…
  3. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  4. 和ハーブの女王である「ヨモギ」の機能性と利用方法
     植物工場や農業ビジネスにおける新規参入では販路確保とともに生産品目の選定も重要である。今回は機能性…
ページ上部へ戻る