中東や中国だけでなく、どの国においても食料の安定確保が急務(シンガポール政府の食料政策)

食料の安定供給を確保するために、あまりにも輸入に依存することは危険である。こうした食料安全保障問題は、砂漠地帯が多い中東地域や急激な経済成長を遂げる中国など、日本だけでなく、どの国においても深刻な問題の一つとなっている。
 
例えばシンガポールでは、国土面積約710平方キロメートルのうち、農地面積はわずか745ヘクタールほどで、全体の約1%に過ぎない(2009年3月末)。農家戸数も372戸と極端に少なく、その大部分を輸入に頼っているのが現状である
 
 
しかし、資源のないシンガポール政府の成長戦略は、優秀な人材・研究者などの知的集約を国の発展に活かそうと、積極的な移民政策を行い(単純労働者も含め)、2009年には前年比3.1%増の約498万人にも上り、今後も継続的な人口増加が予測されている。
 
 
こうした現状・背景から、AVA(Agri-Food & Veterinary Authority of Singapore):農食品獣医庁では、食料確保のために2009年12月に基金を設立。具体的には「自国内の農業生産力の向上」と「輸入元の多様性確保」の2点に力を入れている。
 
 
「輸入元の多様性確保」のために、海外における複数の食料生産供給地に対して調査を実施しながら、「自国内の農業生産力の向上」には、鶏卵、食用魚、葉物野菜を対象に、品種改良や持続的農業に関わるシステム開発、農家の技術導入補助など、国内自給率を上げるために様々な施策を講じている(資金的な投資を行っている)
 
 
鶏卵、食用魚、葉物野菜における現在の自給率が、それぞれ23%、4%、7%となっている。この自給率を、30%、15%、10%にまで向上させることを目標においている。
 
 
どの国においても、食料・農業関連技術のニーズは強く、自国だけでなく他国からの技術導入(ライセンス)、複数の海外企業との共同開発などが進められている。日本としては、国全体の成長戦略として、そして企業が事業展開する上で、どのような戦略をとる必要があるのだろうか。
 
 
ava(シンガポールの食料安定確保)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  2. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  3. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  5. エボラブルアジア、米国の農業ICTベンチャーのソフトウェア開発・エンジニア確保をベトナムにて
     One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業とITオフショ…
  6. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  7. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  8. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  9. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  10. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場にてイチゴの量産に成功している日清紡ホールディングスでは2013年秋頃に、関東…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  2. アラスカ初の商業ベース・完全人工光型植物工場による野菜の初出荷
     アラスカ州のアンカレッジにて初の大規模な完全人工光型植物工場を運営するアラスカ・ナチュラル・オーガ…
  3. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  4. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
ページ上部へ戻る