中東や中国だけでなく、どの国においても食料の安定確保が急務(シンガポール政府の食料政策)

食料の安定供給を確保するために、あまりにも輸入に依存することは危険である。こうした食料安全保障問題は、砂漠地帯が多い中東地域や急激な経済成長を遂げる中国など、日本だけでなく、どの国においても深刻な問題の一つとなっている。
 
例えばシンガポールでは、国土面積約710平方キロメートルのうち、農地面積はわずか745ヘクタールほどで、全体の約1%に過ぎない(2009年3月末)。農家戸数も372戸と極端に少なく、その大部分を輸入に頼っているのが現状である
 
 
しかし、資源のないシンガポール政府の成長戦略は、優秀な人材・研究者などの知的集約を国の発展に活かそうと、積極的な移民政策を行い(単純労働者も含め)、2009年には前年比3.1%増の約498万人にも上り、今後も継続的な人口増加が予測されている。
 
 
こうした現状・背景から、AVA(Agri-Food & Veterinary Authority of Singapore):農食品獣医庁では、食料確保のために2009年12月に基金を設立。具体的には「自国内の農業生産力の向上」と「輸入元の多様性確保」の2点に力を入れている。
 
 
「輸入元の多様性確保」のために、海外における複数の食料生産供給地に対して調査を実施しながら、「自国内の農業生産力の向上」には、鶏卵、食用魚、葉物野菜を対象に、品種改良や持続的農業に関わるシステム開発、農家の技術導入補助など、国内自給率を上げるために様々な施策を講じている(資金的な投資を行っている)
 
 
鶏卵、食用魚、葉物野菜における現在の自給率が、それぞれ23%、4%、7%となっている。この自給率を、30%、15%、10%にまで向上させることを目標においている。
 
 
どの国においても、食料・農業関連技術のニーズは強く、自国だけでなく他国からの技術導入(ライセンス)、複数の海外企業との共同開発などが進められている。日本としては、国全体の成長戦略として、そして企業が事業展開する上で、どのような戦略をとる必要があるのだろうか。
 
 
ava(シンガポールの食料安定確保)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  2. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  3. 世界の種苗各社 新品種の利用交渉を迅速化する共有プラットフォームを設立
     品種改良によって生まれた新品種を、どのように扱うかという議論は、ここ数年、特にヨーロッパで盛んにな…
  4. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  5. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  6. LA DITTA、人工光型植物工場のASEAN輸出に向けシンガポール18店舗でテスト販売
     株式会社LA DITTA(ラ・ディッタ)は、シンガポール現地の流通会社EASTERN GREEN …
  7. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  8. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  9. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  10. 植物工場によるトマト生産の田園倶楽部奥出雲が倒産を申請
     太陽光利用型植物工場にてトマトの生産を行っていた島根県奥出雲町の農業生産法人「田園倶楽部奥出雲」が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工のLED照明・高速栽培技術「Shigyo法」が、沖縄県の大手製パンメーカー株式会社ぐしけん…
  2. 発電過程から出るCO2と廃熱を植物工場に利用。キャタピラー社とサンセレクトが戦略的提携を発表
     30年以上の太陽光利用型植物工場による高品質野菜の生産を行うサン・セレクト プロデュース社と建設・…
  3. 英国消費者の30%が意識的にローカルフード食材を購入
     英国の食品・食料品流通関連の調査会社であるIDGによると「意識的に地元食材(ローカルフード)を購入…
  4. 大林組、植物工場ベンチャーのスプレッドと提携。日産3万株の大規模施設を検討
     株式会社スプレッドは同社が開発した完全人工光型植物工場”Vegetable Factory(TM)…
ページ上部へ戻る