競争力に優れたタイヤ用天然ゴムの製造開発を目指し、天然ゴム資源を栽培するための農場・試験棟を開設(ブリヂストン)

ブリヂストンは、同社グループとしてパラゴムノキに代わる天然ゴム資源「グアユール」の研究活動を米南西部で開始しているが、今回、米アリゾナ州に「グアユール」の試験農場および加工技術研究施設用地を取得したと発表した。     今回、アリゾナ州エロイに取得した試験農場用地は約113.7ヘクタール(東京ドーム約24個分の敷地面積)で、多目的オフィスおよび実験棟を備える。ブリヂストンは、同試験農場において、競争力に優れたタイヤ用天然ゴムの製造を目指して、「グアユール」の品種改良や栽培技術、天然ゴム加工のプロセス条件の最適化を行う方針。建設工事の着工は2012年の第3四半期を予定している。     また、天然ゴムの加工技術研究施設用地はアリゾナ州メサに確保しており、研究者と技術者合わせて32人を配置し、「グアユール」をタイヤ用の天然ゴムに加工する一大拠点にする予定。同施設の着工は2013年初までに開始され、2014年に本格的な稼働を開始する。天然ゴムの試験生産は2015年より開始する計画。     「グアユール」由来の天然ゴムは、在来の天然ゴムと同様、植物がうみだすバイオマテリアルだが、「グアユール」は従来のパラゴムノキとは全く異なる土地で栽培される。実用化が可能になれば原材料供給源の多様化につながり、現在の天然ゴム産出地域への一極集中の緩和につながると共に、北米などでの地域生産地域消費によるメリット等も期待される。<参考:財経新聞など>    ]]>

投稿者プロフィール

編集部
編集部
植物工場・農業ビジネスオンライン編集部です。「植物工場・食&農業ビジネス」×「環境制御技術」に関する最新動向ニュースを配信中。