九電工、オリーブの栽培事業へ参入

九電工は熊本県天草市でオリーブの栽培事業に参入する。2012年までに直営農場と協力農家を合わせて計6700本を植え付け、搾油やオリーブオイルを使った商品開発も手掛ける計画だという。
 
天草市と事業協力協定を結び、12年までに直営約8ヘクタールに5000本、協力農家で1700本を植樹する計画。3年間の総投資額は1億6000万円程度の見込み。オリーブは国産品が少ないが、食用オイルや化粧品など様々な商品展開が可能で、事業としての可能性が高いと判断し、栽培事業を開始した。
 
 
以下にはプレスリリースを掲載しておく(PDF

株式会社九電工の農業参入(パイロット事業)について
このたび株式会社九電工(本社:福岡市、代表取締役社長 橋田紘一)は、次のとおり天草市において「オリーブ事業に関する調査・研究のためのパイロット事業」に着手することを決定し、本日九電工及び天草市は、熊本県知事立会いのもと協定を締結しました(ただし、手続きのみ行い調印式は実施しておりません)。

1 目的
?直営農場、?農家との共同研究、?契約栽培の3形態でオリーブを栽培・収穫し、九電工が加工・販売を行う事業(オリーブ事業)について、最初の3年間をパイロット事業として栽培及び試験加工等を行い、事業本格化に向けた検討材料とするため。

2 事業期間
平成22年から3年間。土地賃貸借契約の締結が完了次第、着手します。

3 植樹計画(本)は省略

4 本事業における調査・研究項目
(1)「作れるか」:天草市の気候・土壌に合った品種の選定・栽培技術の確立 (2)「売れるか」:売れる商品の開発と販路開拓 (3)「地域の賛同を得られるか」:地域住民の積極的参加の検討 熊本県及び天草市は、今回の事業が地域の振興等につながるものと大いに期待しており、九電工と連携して計画の策定・推進を図って参ります。 なお、パイロット事業を行う場所など具体的な計画については、現在三者で検討を進めているところです。

  
九電工HP
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  2. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  3. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  4. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、京都府亀岡市に国内最大規模の植物工場を稼働させているが…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  7. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  8. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  9. ファミマのサンドイッチ・サラダ、植物工場野菜への試験的な変更
     株式会社ファミリーマートでは、国内の植物工場で栽培された野菜を、サンドイッチやサラダなどの中食商品…
  10. フィリピンの田んぼアート。ドローン・アグロツーリズムによる若者世代への新たなアプローチ
     フィリピンのお米研究所(Philippine Rice Research Institute)の「…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  2. 富士通など、フィンランドに完全人工光型植物工場を活用する農作物の生産・販売を行う新会社を設立
     富士通株式会社と株式会社富士通九州システムズ(FJQS)は、Robbe's Little Gard…
  3. ベトナム・ホーチミン市が農業の近代化プランを発表。2020年までに農家平均所得を32万円以上へ
     ここ5年間でベトナム・ホーチミン市における農業は大きく変化している。ホーチミン市は現在、24の行政…
  4. 米国ユタ州でも植物工場ベンチャーが設立。地産地消ブームを背景に、コンテナ型設備の販売を目指す
     米国ユタ州のパークシティでも、植物工場ベンチャーが立ち上がった。以前まで人工光を利用した室内水耕栽…
ページ上部へ戻る