植物工場など高度化農業の今を学ぶ・クリーンベジタブル検定講座8月開講・受講生募集中

株式会社アイ・エム・エー植物LABOは、安全安心な野菜作りを目指して、植物工場での水耕栽培や科学的な視点で学ぶ露地栽培など、栽培実習を交えた実用性の高い検定講座を、2012年8月11日(土)より開講する

植物工場など高度化農業の“今”を学ぶ
クリーンベジタブル検定講座8月開講 受講生募集中

 
▼高度化農業 クリーンベジタブル検定講座とは
クリベジ検定講座(愛称)では、クリーン(安全・安心)なベジタブル(野菜)の生産〜販売までを、水耕栽培実習を交え学んでいきます。クリーンなベジタブルとは、適切な管理のもとで生産された野菜の事ですが、最終的には生産者と消費者との双方向コミュニケーションにより創られるものと考えます。

その為にクリベジ検定講座では、安全・安心の根拠を示すための野菜作りから販売までをトータルに学んでいきます。ビジネスとして農業に取り組もうとする方や、小規模農園で農業をはじめたい方、手軽な管理で植物を栽培したいという方に最適なプログラムとなっております。
 
▼カリキュラム特徴
安全・安心の根拠を示せる野菜の生産〜販売を学ぶために、カリキュラムは“ 農業・工業・商業 “3つのジャンルをベースに構成されています。

農業:植物生理・土壌・養液等。野菜作りの基礎を科学的な態度で考える
工業:水耕栽培システム・環境制御等。工業的な発想で野菜を生産する方法を考える
商業:流通の仕組み・収支計算等。野菜の生産コストと売り方について考える
 
講師は、各分野で活躍中ですので“基礎+最新の情報”をお伝えしながら、農業・工業・商業について受講生と考え、“気付き”を共有していきます。また実際にクリーンベジタブルの栽培技術習得のために、研修室併設の実習室にて人工照明を用いた水耕栽培実習を行い、座学と実習の連携による実践技術を身に付けていきます。
 
実習室での水耕栽培の様子
YOUTUBEで見る http://google.gwbg.ws/vege

※申し込み方法等についてはHPをご覧ください。
HP:http://www.i-m-a.jp/labo/?p=1250

※ 詳細は以下のプレスリリース(PDF)にて

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. イベント報告、フェアリーエンジェル植物工場の試食見学会
     コンテナ型植物工場のカタール企業への納入というプラスのニュース(関連記事:三菱化学など、太陽光パネ…
  2. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  3. 大規模量産化による植物工場野菜の低価格化
     植物工場によるレタス生産について、大きな初期投資やランニングコストから、露地野菜より2~3割ほど販…
  4. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  5. 露地野菜の価格高騰により植物工場野菜の価格が逆転
     国内では最近の長雨・猛暑により、レタス等の葉物野菜の価格が2~4割も高騰している。今年は4月から5…
  6. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  7. 人工光型植物工場によるイチゴ商品の販売へ いちごカンパニー
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産するいちごカンパニーは、LEDを使った植物工場で栽培したイチゴ…
  8. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  9. JR東日本グループ、太陽光利用型植物工場トマトを様々なメニューで採用。六次産業化による地域活性化も
     JR東日本グループでは、農業を通じたものづくりの一環として、太陽光利用型植物工場を運営する「JRと…
  10. ドローンによる一般農家への拡大。農業用ロボットが2024年には100万台へ
     大規模な露地栽培が展開されている米国において、若者を中心に新たな農業ロボットの活用が進んでいる。農…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 日立、植物工場生産支援クラウドサービスをグランパ社のドーム型植物工場に採用
     株式会社日立製作所は、植物工場内の生育環境のデータや栽培設備の制御データを収集し、リアルタイムで見…
  2. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  3. LED植物工場、玉川大学サイテックファームが日産3200株の施設稼働
     西松建設グループと玉川大学は平成24年1月17日に産学連携協定を結び、フルLED光源を採用した完全…
  4. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
ページ上部へ戻る