様々な分野の製造・開発メーカーが技術ノウハウを集結させ水耕栽培によるメロンの生産・秋には販売も予定(まちだシルクメロン)

医療機器メーカーの志成データムやコンピューターソフト開発会社、紙おむつ製造会社など町田市内を中心とした10社などが連携している「町田新農法推進準備会」では、2010年から農家のハウスを借りて水耕栽培を開始、約3年の試験栽培を経て今年6月に「まちだシルクメロンとして収穫までこぎつけた。
 
 
「まちだシルクメロン」では、90センチ四方の浅い水槽にポットで育てた苗を置き、流水装置によって液体肥料を与えて育てている。同準備会によると、メロンを土壌栽培する場合、実を間引きして1株で1個を実らせ収穫するが、水耕栽培では液体肥料の与え方次第で間引きをする必要がなく、1株で最大60個を収穫することが可能という。
 
 
その上草取りなど畑の管理が不要で、年に最大4回収穫できるなど、様々なメリットがある。ただ、液体肥料の投与量や水流の調節など栽培ノウハウが確立されておらず、全国的にはほとんど行われていないという。流水技術は同準備会代表の大浩研熱が担当・開発を行っている。
 
 
同準備会ではこれまで3回収穫したが、商品として通用する実は収穫できず、試行錯誤を繰り返してきた。1作目はメロンの根が腐ってしまい、収穫した実は「ウリのような味であった」という。これまで水流や肥料の量を成長の段階に応じて調節するなどして改良を進め、4回目の収穫となる今年6月、ようやく甘くてみずみずしい実を収穫することができた。
 
 
課題は価格。装置や技術にコストがかかり、今後、年間の栽培回数や1株から収穫できる実の数を増やすことで、品質を保ちつつ販売に適した価格にしたい考え。次の収穫は9月の予定で、市場への出荷も見込んでいるそうだ。(参考 読売新聞など)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  2. 米ウォルマートが、ジェット・ドット・コムを33億ドルで買収へ。急速に拡大しているEC事業に対応
     世界最大の小売企業であるウォルマート・ストアーズは8月8日、会員制ECマーケット・プレイス「Jet…
  3. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  4. カナダ、ドーム型植物工場・イチゴの垂直式栽培の試験稼働へ
     カナダのメトロバンクーバーにて、ドーム型の温室ハウスを建設し、イチゴの多段式栽培をスタートさせた。…
  5. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  6. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
  7. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  8. spread_plantfactory880
     世界最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは、同社の米国現地法人であるNUVEGE,…
  9. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  10. 完全人工光型植物工場「東芝クリーンルームファーム横須賀」での生産開始
     東芝は、神奈川県横須賀市に所有する遊休施設を利用し、無菌状態の野菜を作る植物工場「東芝クリーンルー…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場向け環境制御システム開発のホーヘンドールンがメキシコにトレーニングセンター開設
     太陽光利用型植物工場・施設園芸の大手環境制御システム会社でオランダのHoogendoorn(ホーヘ…
  2. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
  3. 米国の都市型・植物工場NPO「フード・チェイン」がローカル・フードシステム確立のため30万ドルの資金調達を開始
     米国中東部・ケンタッキー州にて植物工場による都市型農業を推進するNPO組織「フード・チェイン」が加…
  4. 韓国とイスラエルによる共同ドローン開発がスタート。ブドウ畑などハイテク農業用ドローンなどを想定
     韓国とイスラエルの両国がそれぞれの政府支援を受けてドローンの研究開発を実施する、と6月20日に公表…
ページ上部へ戻る