様々な分野の製造・開発メーカーが技術ノウハウを集結させ水耕栽培によるメロンの生産・秋には販売も予定(まちだシルクメロン)

医療機器メーカーの志成データムやコンピューターソフト開発会社、紙おむつ製造会社など町田市内を中心とした10社などが連携している「町田新農法推進準備会」では、2010年から農家のハウスを借りて水耕栽培を開始、約3年の試験栽培を経て今年6月に「まちだシルクメロンとして収穫までこぎつけた。
 
 
「まちだシルクメロン」では、90センチ四方の浅い水槽にポットで育てた苗を置き、流水装置によって液体肥料を与えて育てている。同準備会によると、メロンを土壌栽培する場合、実を間引きして1株で1個を実らせ収穫するが、水耕栽培では液体肥料の与え方次第で間引きをする必要がなく、1株で最大60個を収穫することが可能という。
 
 
その上草取りなど畑の管理が不要で、年に最大4回収穫できるなど、様々なメリットがある。ただ、液体肥料の投与量や水流の調節など栽培ノウハウが確立されておらず、全国的にはほとんど行われていないという。流水技術は同準備会代表の大浩研熱が担当・開発を行っている。
 
 
同準備会ではこれまで3回収穫したが、商品として通用する実は収穫できず、試行錯誤を繰り返してきた。1作目はメロンの根が腐ってしまい、収穫した実は「ウリのような味であった」という。これまで水流や肥料の量を成長の段階に応じて調節するなどして改良を進め、4回目の収穫となる今年6月、ようやく甘くてみずみずしい実を収穫することができた。
 
 
課題は価格。装置や技術にコストがかかり、今後、年間の栽培回数や1株から収穫できる実の数を増やすことで、品質を保ちつつ販売に適した価格にしたい考え。次の収穫は9月の予定で、市場への出荷も見込んでいるそうだ。(参考 読売新聞など)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. マレーシア市場におけるイチゴ商品の可能性
     太陽光・人工光型植物工場によるイチゴの生産事例が国内で増えつつある現在、将来的には海外市場への輸出…
  2. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  3. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
  4. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  5. ノルウェーにおける野菜価格と周年生産・地産地消を実現する植物工場ビジネスの可能性
    三菱化学と現地レストランが植物工場による実証生産を開始  弊社では、冬の気候が厳しく野菜の周年生産…
  6. 米国の水耕小売企業が垂直型植物工場にて巨大なバジル栽培に挑戦
     人工光植物工場による垂直栽培装置の製造・販売を行うスーパークローゼット・ハイドロポニクス社では、自…
  7. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  8. 水の上に浮かぶオランダのハイテク都市型農業。植物工場と畜産による野菜やミルク加工品などを生産
     オランダのロッテルダムでは都市部での食料生産に関する最新プロジェクトが動き出している。水の上に農場…
  9. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  10. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. ローソン、かんきつ類専門の農業法人を熊本に設立。商品化したものを九州各店舗にて販売
     コンビニ大手のローソンは4月4日、熊本市に同社初のかんきつ類専門の農業生産法人「ローソンファーム熊…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  3. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
  4. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
ページ上部へ戻る