様々な分野の製造・開発メーカーが技術ノウハウを集結させ水耕栽培によるメロンの生産・秋には販売も予定(まちだシルクメロン)

医療機器メーカーの志成データムやコンピューターソフト開発会社、紙おむつ製造会社など町田市内を中心とした10社などが連携している「町田新農法推進準備会」では、2010年から農家のハウスを借りて水耕栽培を開始、約3年の試験栽培を経て今年6月に「まちだシルクメロンとして収穫までこぎつけた。
 
 
「まちだシルクメロン」では、90センチ四方の浅い水槽にポットで育てた苗を置き、流水装置によって液体肥料を与えて育てている。同準備会によると、メロンを土壌栽培する場合、実を間引きして1株で1個を実らせ収穫するが、水耕栽培では液体肥料の与え方次第で間引きをする必要がなく、1株で最大60個を収穫することが可能という。
 
 
その上草取りなど畑の管理が不要で、年に最大4回収穫できるなど、様々なメリットがある。ただ、液体肥料の投与量や水流の調節など栽培ノウハウが確立されておらず、全国的にはほとんど行われていないという。流水技術は同準備会代表の大浩研熱が担当・開発を行っている。
 
 
同準備会ではこれまで3回収穫したが、商品として通用する実は収穫できず、試行錯誤を繰り返してきた。1作目はメロンの根が腐ってしまい、収穫した実は「ウリのような味であった」という。これまで水流や肥料の量を成長の段階に応じて調節するなどして改良を進め、4回目の収穫となる今年6月、ようやく甘くてみずみずしい実を収穫することができた。
 
 
課題は価格。装置や技術にコストがかかり、今後、年間の栽培回数や1株から収穫できる実の数を増やすことで、品質を保ちつつ販売に適した価格にしたい考え。次の収穫は9月の予定で、市場への出荷も見込んでいるそうだ。(参考 読売新聞など)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー
    ミラノ万博レポート「食と農業の未来」

過去のピックアップ記事

  1. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  2. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  3. 横田ファーム_イメージ写真
     植物工場のような過剰な設備投資をかけず「半自動化」と栽培を行う上で重要なモニタリング制御のみを導入…
  4. 世界市場でも注目される特殊発電フィルムの開発。植物工場・施設園芸での普及を目指す
     ICT・センサー技術を活用した環境制御型・植物工場や一般的な温室ハウス(施設園芸)であっても、露地…
  5. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  6. LED型植物工場による生産システムの確立へ いちごカンパニー
     廃校を活用した植物工場を運営するいちごカンパニーでは、LED光源を利用した閉鎖型植物工場におけるイ…
  7. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  8. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  9. 中国でも施設規模の拡大と労働者不足により小型農機の需要増
     人民网・天津報道局によると、キュウリの収穫・運送、または収穫後の梱包作業に要する一人当たりの人件費…
  10. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  2. 米国ワシントンDCでも都市型農業法案による支援も。屋上ファームや水耕栽培など幅広い生産方式が出現
     米国のワシントンDCエリアも都市型農業が盛んな地域の一つである。現地のファーマーズ・マーケットでは…
  3. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
  4. タキイ種苗、トマト黄化葉巻病耐病性の大玉トマト「桃太郎ピース」を発売
     タキイ種苗株式会社は、2014年の新品種として食味と秀品性にすぐれ、夏場のハウス栽培にて急速に発生…
ページ上部へ戻る