楽天/ネットスーパー事業に参入「楽天マート」自社が商品の仕入れ・販売を手がける直営店舗・専用の物流センターも設置

楽天のグループ会社である楽天マートは7月9日、新規事業として、インターネットや電話を通じて生鮮食品、その他の食品、日用雑貨に加え、お取り寄せグルメなど楽天市場で人気の商品も購入することができる新しいネットスーパー楽天マートを、本日サービス提供開始した。
 

 
楽天マートは、楽天自らが商品の仕入れ・販売を手がける直営店舗専用の物流センターを設置し、各家庭へのラストワンマイルの配送を楽天自らが行うことで、丁寧かつ効率的な物流を実現し、注文した翌日に商品を配送することを可能にした。当初は豊島区、北区、板橋区、練馬区の都内の4区を対象にスタートし、順次、エリアを拡大していく。
 
 
楽天マートの最大の特徴は、生鮮食品や日用品はもちろん、普段はまとまった数で販売されている楽天市場での人気のお取り寄せグルメを少量から購入できる点。楽天市場の出店店舗にとっては、楽天マートに商品を卸し、生鮮食品などと同梱して配送してもらうことで、通常は配送コストの問題から小分け販売が難しい商品を手軽な価格と量で消費者に提供できるようになる。
 
 
また、食品の安全性の確保にも注力し、国産の野菜・果実は全品目で放射能検査(スクリーニング検査)を行っているほか、米も全品目においてDNA検査を実施している。さらに、商品ごとに産地を単県名表示し、インターネットならではの検索性を活用して産地をしぼった商品の購入も可能
 
 
一方で、より幅広い層に同サービスを利用してもらえるよう、毎週カタログを配布し、インターネットだけではなく電話でも注文できるサービスも用意した。なお、ネットスーパー「楽天マート」の利用料金は、入会金1,050円、月会費210円、送料315円(商品3,000円以上の購入で送料無料)。楽天スーパーポイントを貯めたり利用したりすることもできる。
 
 
楽天はこれまで、インターネットショッピングモール「楽天市場」の運営を通じて全国の事業者に対してネット通販事業のサポートを行ってきた。今回、自社でネットスーパー事業を手がけることで、遠くまで買い物に行けないシニアや小さい子どもを持つ母親、また多忙で買い物に行けない会社勤めのユーザーなどに対し、ネットショッピングの日常的な利用を促し、ネット通販の利用者の裾野を広げていく考え。(参考: 財経新聞2012/7/9より)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  2. NKアグリ、露地野菜で初の栄養機能食品・リコピン人参「こいくれない」誕生
     NKアグリ株式会社は、全国7道県、約50名の農家と連携し、機能性野菜「こいくれない」の2016年度…
  3. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  4. 農業版シリコンバレー バイエル社が1200万ドルをかけて研究用の大型植物工場を建設
     バイエル社(バイエル・クロップ・サイエンス社)は、新技術の実証ショールームとして大型の太陽光利用型…
  5. 太陽光利用型植物工場を活用した震災復興事業が倒産へ
     2012年6月に宮城県名取市に太陽光利用型植物工場を建設し、レタスやベビーリーフの水耕栽培による生…
  6. ローム、イチゴ植物工場の事業者を2月末まで募集。新規参入向けに栽培ノウハウ提供
     ロームは、自社にて開発したイチゴ栽培を目的とした完全人工光型植物工場の事業化を目指す事業者の募集を…
  7. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  8. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  9. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  10. UAE初・最新の太陽光利用型植物工場ベンチャー。来年夏にトマトを初収穫
     シリコンバレーを拠点に投資活動を行っていたSky Kurtz氏が中東UAEにベンチャー企業「ピュア…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. スペインの植物工場エリア、養液栽培による安全性管理の重要性が浮上
     世界における植物工場(太陽光)の密集エリアはオランダだけではない。補光や環境制御システム等、ハイテ…
  2. 台湾・植物工場マッチング視察ツアーの報告
     人工光型植物工場の稼働施設数では日本に次ぐ世界で2番目に多い台湾。2015年11月19日~22日に…
  3. 植物ストレスホルモンを制御する新化合物の開発、乾燥ストレスによる生産性低下の緩和も
     静岡大学の轟 泰司教授および博士課程の竹内 純大学院生と、鳥取大学の岡本 昌憲助教らは、植物のスト…
  4. 生鮮野菜への機能性表示食品が認可、植物工場野菜の市場拡大にも寄与
     消費者庁は8日、初の生鮮食品2製品を含む機能性表示食品4製品の届出情報を公表した。今年4月の制度開…
ページ上部へ戻る