楽天/ネットスーパー事業に参入「楽天マート」自社が商品の仕入れ・販売を手がける直営店舗・専用の物流センターも設置

楽天のグループ会社である楽天マートは7月9日、新規事業として、インターネットや電話を通じて生鮮食品、その他の食品、日用雑貨に加え、お取り寄せグルメなど楽天市場で人気の商品も購入することができる新しいネットスーパー楽天マートを、本日サービス提供開始した。
 

 
楽天マートは、楽天自らが商品の仕入れ・販売を手がける直営店舗専用の物流センターを設置し、各家庭へのラストワンマイルの配送を楽天自らが行うことで、丁寧かつ効率的な物流を実現し、注文した翌日に商品を配送することを可能にした。当初は豊島区、北区、板橋区、練馬区の都内の4区を対象にスタートし、順次、エリアを拡大していく。
 
 
楽天マートの最大の特徴は、生鮮食品や日用品はもちろん、普段はまとまった数で販売されている楽天市場での人気のお取り寄せグルメを少量から購入できる点。楽天市場の出店店舗にとっては、楽天マートに商品を卸し、生鮮食品などと同梱して配送してもらうことで、通常は配送コストの問題から小分け販売が難しい商品を手軽な価格と量で消費者に提供できるようになる。
 
 
また、食品の安全性の確保にも注力し、国産の野菜・果実は全品目で放射能検査(スクリーニング検査)を行っているほか、米も全品目においてDNA検査を実施している。さらに、商品ごとに産地を単県名表示し、インターネットならではの検索性を活用して産地をしぼった商品の購入も可能
 
 
一方で、より幅広い層に同サービスを利用してもらえるよう、毎週カタログを配布し、インターネットだけではなく電話でも注文できるサービスも用意した。なお、ネットスーパー「楽天マート」の利用料金は、入会金1,050円、月会費210円、送料315円(商品3,000円以上の購入で送料無料)。楽天スーパーポイントを貯めたり利用したりすることもできる。
 
 
楽天はこれまで、インターネットショッピングモール「楽天市場」の運営を通じて全国の事業者に対してネット通販事業のサポートを行ってきた。今回、自社でネットスーパー事業を手がけることで、遠くまで買い物に行けないシニアや小さい子どもを持つ母親、また多忙で買い物に行けない会社勤めのユーザーなどに対し、ネットショッピングの日常的な利用を促し、ネット通販の利用者の裾野を広げていく考え。(参考: 財経新聞2012/7/9より)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
  2. 国内最大規模の植物工場施設の運営とライセンス事業を開始
     株式会社フェアリーエンジェルは、福井県美浜町に日本政策投資銀行から10億円の融資を受けて、大規模な…
  3. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
  4. インロコ、イオンに植物工場を併設。究極の都市型農業・店産店消モデルを推進
    イオン初の店産店消モデル・植物工場を併設 [前記事] のように、(株)インターナショナリー・ローカ…
  5. マルワトレーディング、顧客ニーズに合わせた植物工場を提案
     植物工場・水耕栽培の専門店「水耕栽培どっとネット」を運営する株式会社マルワトレーディングでは、水耕…
  6. 阪神野菜栽培所の植物工場、新たにケールのベビーリーフ商品を販売
     阪神電気鉄道株式会社では、鉄道高架下(尼崎センタープール前駅)の「阪神野菜栽培所」の植物工場にて、…
  7. カナダ・サンセレクト社、植物工場によるトマト・パプリカの生産施設拡大
    カナダに本社を置くパプリカ・トマトの生産・販売企業であるサンセレクト社では、今年の秋から太陽光利用型…
  8. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
  9. カナダの植物工場市場/国内における施設面積1335ha・市場規模1568億円にて主力産業の一つ
    米国の植物工場・市場動向トレンド  世界市場において植物工場への投資が加速している。米国では人工光…
  10. ハイテク自動化が加速するシンガポール農業。植物工場など多段式の新技術にも注目
    国内における葉野菜の生産量11トン以上、自給率13%を占める  シンガポールでも農業のハイテク化が…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 植物工場による静岡県内最大の高糖度トマトの施設園芸拠点へ
     静岡県や小山町、生産者ら17団体でつくる「富士小山次世代施設園芸推進コンソーシアム」 は5月下旬か…
  2. サカタのタネ・住友化学園芸など、レタスや薬味の栽培用キットを全国ファミマ店舗にて販売
     サカタのタネ、ファミリーマート、住友化学園芸の3社は、野菜や草花などガーデニング分野におけるオリジ…
  3. イギリスにおける施設園芸の技術開発機関、LED光源・多段式を採用した植物工場が稼働
     イギリスのストックブリッジ・テクノロジー・センターでは、民間企業と連携しながら、LED光源による補…
  4. 三菱化学、ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の植物工場システムを受注
     三菱化学株式会社は、株式会社ローソンファーム秋田からベビーリーフ用の完全人工光型植物工場システムを…
ページ上部へ戻る