光波長と植物の成長に関する研究結果・さらなる収量を高めた植物育成が環境制御型の施設園芸で可能になる(ワーゲニンゲン大学)

オランダ・ワーゲニンゲン大学の科学者は光合成に関与しない植物内の色素レベルを下げることで(逆に光合成に関与する葉緑色素の割合を増やすことで)、さらに生産性の高い植物を開発できる可能性がある、という実験データを雑誌 “プラントセル” に公表した。
 
 
本実証実験ではアムステルダムのVU大学と連携しながら、様々な光条件下における光合成の効率性について調査したものである。

こうした光波長と植物の成長に関する関係性は、ここ70年以上に渡り研究が行われているものだが、今回の実験では各波長の光をそれぞれ照射するよりも、ある特定波長の光の組み合わせを同時に照射した方が、光合成の効率が高まる等、様々な実験データを得ている。
 
 
また、植物色素の中には光を吸収するものの、そのエネルギーが光合成には利用されないケースもあった。こうした非光合成色素の中には、過剰な紫外線から植物自身を守ったり、昆虫からの捕食を防ぐため等、別の防御機能を持つことも分かっている。
 
 
しかし、露地栽培と比較して、天敵などが少ない施設園芸や植物工場では、こうした非光合成色素を減少させ、そして、逆に光合成に関与する葉緑色素の割合を増やすような環境制御型の施設園芸向けの品種改良を行うことで、今後、さらに収量を高めた植物育成が可能になる、との見解を示している。
 
 
本研究は、STWNWO、フィリップス、Plant Dynamics BV, VU大学アムステルダムオランダ園芸生産管理機構(PT)<Productschap TuinbouwProduct, Board for Horticulture>など、様々な研究機関・企業(組織)が関わりながら研究を前進させている。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
昭和電工 植物工場 バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 水不足のカリフォルニア州にて新たな都市型CSA農業モデルを実践。水耕栽培・アクアポニクスによる新技術導入
     昨年(2015年)の米国・カリフォルニア州における水不足は深刻な状況であった。同州では水不足の状態…
  2. オランダによる植物工場野菜やオーガニック食品の輸出が急増
     Bionext organic associationによると、オランダのオーガニック食品の輸出額…
  3. 沖縄セルラー、稼働する植物工場にて来月から試験販売へ
     沖縄セルラー電話は社内ベンチャー制度の一環で、南城市玉城の同社南城ネットワークセンターの敷地内に植…
  4. 3Dプリンターで造る未来の食べ物「Edible Growth」
     テクノロジーは野菜を生産する植物工場だけではない。オランダのアイントホーフェン工科大学を去年卒業し…
  5. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  6. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  7. 日清紡がイチゴ植物工場の増設へ 関東・東海エリア需要にも対応
     完全人工光型植物工場を運営する日清紡ホールディングスの徳島事務所ではイチゴの生産・事業化を進めてお…
  8. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  9. オリンピア照明、家庭用LED植物工場「灯菜アカリーナ」に続き、本格的なインテリア照明を販売開始
     オリンピア照明株式会社は、これまでお部屋で野菜を育むインテリアとして簡単に葉もの野菜やハーブが室内…
  10. オーストラリア政府がクリーン技術に1000億円以上の支援。環境配慮型の植物工場にも注目
     オーストラリア政府は、太陽光や風力などの自然エネルギーや省エネ・CO2などの排出削減など、地球環境…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  2. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  3. 食品スーパーのバロー、ブナシメジ栽培の農業法人を子会社化・自社栽培比率を拡大
     食品スーパー大手のバローは年内に複数の農業法人を傘下に収め、農業分野に本格進出する。今秋、第三セク…
  4. 「獺祭」の旭酒造が富士通のITクラウド農業を活用しながら原料生産へ
     富士通は8月4日、日本酒「獺祭(だっさい)」で知られる「旭酒造」と、栽培が難しい酒米「山田錦」の生…
ページ上部へ戻る