うどん粉病などのウイルスによる病気予防策として微酸性電解水の散布・比較実験をトマトの温室ハウスにて開始(地元農家・エース設備など)

殺菌作用があるとされる「微酸性電解水」をトマトの病害防除に試そうと、鈴鹿市安塚町で野菜を無農薬栽培している森田さんのハウスにて試験散布を開始する。微酸性電解水は薄い塩酸を電気分解したpH5〜6.5の水。宮崎大学農学部の津野和宣准教授が、専門誌に「微酸性電解水のもつ特徴(強い殺菌作用、高い安全性、非残留性、非浸透性、低環境負荷など)はきわめて有効」と発表しており、食品工場などで殺菌などに使われている。
 
 
森田さんは19アールのビニールハウス5棟で野菜作りに励む。ホウレンソウやコマツナ、ミズナなどの秋冬野菜、トマトやキュウリなどの春夏野菜で、12年前に脱サラして、有機肥料と無農薬で栽培を続ける。
 
 
ここ5年ほど、トマトをつくっていると葉や茎がうどん粉をかけたように白くなる「うどん粉病」に悩まされてきた。ウイルスが原因の病気で、収量が落ちてしまう。「農薬を使わないので、白くなった葉を一枚一枚もぎ取るしかない」という森田さんは「微酸性電解水には前から関心があった」と打ち明ける。
 
 
トマトを栽培している1棟5アール(500平方メートル)のハウスで、一部に微酸性電解水を霧状に噴霧し、他と比べる。病気が出るのは6月中旬なので、試験散布は上旬から始める予定。噴霧は1日3回で、1回の噴霧は30分間。1時間半間を置いて繰り返す。試験方法は津野准教授から直接、教わった。
 
 
噴霧する機械は、省力化機器設計製作会社「エース設備」から提供を受ける。同社によると「微酸性電解水は2002年に国が殺菌料として食品添加物に指定しており、安全なものだ。病害防除に有効かどうかを確かめ、地域に広めたい」と話している。<参考:朝日新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. ユーヴィックス、自動追尾型の太陽光集光システムを販売。閉鎖型植物工場への応用も期待
     ユーヴィックスは、太陽の光を自動追尾装置で取り込み、ミラーの組み合わせで陽のあたらない建物内の奥空…
  2. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  3. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  4. クロレラ培養・加工の八重山殖産が海外輸出拡大、中東市場への参入へ
     微細藻類のクロレラ培養・加工の八重山殖産(沖縄県石垣市)はクロレラの海外輸出を拡大する。このほどイ…
  5. 米国におけるクロマグロの完全養殖 植物工場による環境制御技術の応用可能性も
     野菜の周年栽培を実現する植物工場だが、その環境制御技術は魚の養殖分野にも応用できる可能性がある。米…
  6. ローム 完全人工光型植物工場による一季成りイチゴの生産へ
     ロームは2014年9月、福岡県筑後市の子会社の半導体工場内で、LED光源を利用した完全人工光型植物…
  7. 英国政府、アグリ技術の事業化支援に30億円を投資
     約125億円の規模をもつ大型官民ファンドのアグリテック・カタリストでは、イギリス国内に蓄積されてい…
  8. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  9. 米国の農畜産ビジネス。全体の70%がICT自動化システムを導入・家族経営でも効率的な大規模生産へ
     テクノロジーが農畜産ビジネスを大きく変えている。センサーやモニタリング装置を導入し、環境制御や効率…
  10. みらい、フルLED光源を採用した量産型植物工場が宮城県内に完成
     植物工場装置と野菜販売の株式会社みらいは、みやぎ復興パーク(宮城県多賀城市)内に経済産業省の補助事…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 米国NYの農業ビジネス最前線・市場ニーズに合わせた生産品目の切り替え(ガブリエルセン・ファーム)
     ニューヨーク州・ロングアイランド東部の町であるリバーヘッドにて花卉の生産を行うガブリエルセン・ファ…
  2. シカゴの都市型農業、米国農務省による100万ドル以上の補助支援を受けて農地整備・人材育成へ
     シカゴ市は米国の連邦政府補助金として100万ドルをかけて、都市型農業の整備や人材育成、新規事業の支…
  3. 日本マイクロソフトの社員食堂が日本野菜ソムリエ協会認定、植物工場野菜の販売も
     日本マイクロソフト株式会社と、社員食堂「One Microsoft Café」を受託運営しているエ…
  4. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
ページ上部へ戻る