うどん粉病などのウイルスによる病気予防策として微酸性電解水の散布・比較実験をトマトの温室ハウスにて開始(地元農家・エース設備など)

殺菌作用があるとされる「微酸性電解水」をトマトの病害防除に試そうと、鈴鹿市安塚町で野菜を無農薬栽培している森田さんのハウスにて試験散布を開始する。微酸性電解水は薄い塩酸を電気分解したpH5〜6.5の水。宮崎大学農学部の津野和宣准教授が、専門誌に「微酸性電解水のもつ特徴(強い殺菌作用、高い安全性、非残留性、非浸透性、低環境負荷など)はきわめて有効」と発表しており、食品工場などで殺菌などに使われている。
 
 
森田さんは19アールのビニールハウス5棟で野菜作りに励む。ホウレンソウやコマツナ、ミズナなどの秋冬野菜、トマトやキュウリなどの春夏野菜で、12年前に脱サラして、有機肥料と無農薬で栽培を続ける。
 
 
ここ5年ほど、トマトをつくっていると葉や茎がうどん粉をかけたように白くなる「うどん粉病」に悩まされてきた。ウイルスが原因の病気で、収量が落ちてしまう。「農薬を使わないので、白くなった葉を一枚一枚もぎ取るしかない」という森田さんは「微酸性電解水には前から関心があった」と打ち明ける。
 
 
トマトを栽培している1棟5アール(500平方メートル)のハウスで、一部に微酸性電解水を霧状に噴霧し、他と比べる。病気が出るのは6月中旬なので、試験散布は上旬から始める予定。噴霧は1日3回で、1回の噴霧は30分間。1時間半間を置いて繰り返す。試験方法は津野准教授から直接、教わった。
 
 
噴霧する機械は、省力化機器設計製作会社「エース設備」から提供を受ける。同社によると「微酸性電解水は2002年に国が殺菌料として食品添加物に指定しており、安全なものだ。病害防除に有効かどうかを確かめ、地域に広めたい」と話している。<参考:朝日新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  2. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  3. 野菜価格高騰からスプレッドによるミニ野菜商品の生産拡大
     完全人工光型植物工場を運営するスプレッドでは露地野菜の価格高騰を受け、ミニ植物工場野菜「ベジタスミ…
  4. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  5. 120億ドル市場の地産地消ビジネス。政府による新たな資金の貸し付けプログラムが開始
     米国農務省(USDA)では、小規模農家や近年、市場規模が拡大しつつある都市型農業に合わせた資金の貸…
  6. 太陽光型植物工場でも周年栽培へ 新たな四季成り品種を開発
     美味しい一季成りイチゴの周年栽培を目指し、多くの企業が完全人工光型植物工場によるイチゴの生産事業に…
  7. サラダコスモ、工場生産スプラウト・もやし商品が水耕栽培で全国初の有機認証を取得
     工場生産によるスプラウト・発芽野菜メーカーのサラダコスモでは、オーガニック緑豆もやしとオーガニック…
  8. 米国ワシントンの大学、食・農業ビジネスを通じて都市問題を解決する起業家の育成へ
     米国ワシントンDCにあるディストリクト・オブ・コロンビア大学では、食・農業ビジネスを通じて都市問題…
  9. 植物工場によるベビーリーフの受託生産を計画
     福井県にて大規模な完全人工光型植物工場を運営するシーシーエスは、ハウス土耕などでベビーリーフを生産…
  10. 大規模植物工場のスプレッドが生産体制を増強・フランチャイズ事業を展開へ
     国内最大規模の完全人工光型植物工場を運営するスプレッドは、産業用ロボットメーカーの安川電機と201…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. タキイ種苗、機能性野菜「ファイトリッチ」シリ−ズのタネを発売
     タキイ種苗株式会社は、野菜の"機能性成分"を豊富に含み"おいしさ"を兼ね備えた『ファイトリッチ』シ…
  2. エチオピアの家族経営農家を支援。サステナブル農法「水滴収集グリーンハウス」を提案
     エチオピアの家族経営・小規模農家を支援する組織「ルーツ・アップ」では、小規模でも独立・採算性を確保…
  3. スペインでも店舗併設型植物工場タイプのレストランがオープン
     スペインのバレンシアにてオープンしたレストラン「vuelve carolina」では、料理の素晴ら…
  4. トヨタ、自動車事業で培った生産管理手法を農業に応用。IT管理ツール「豊作計画」を開発
     トヨタ自動車は、米生産農業法人向けの農業IT管理ツール「豊作計画」を開発し、愛知県と石川県の米生産…
ページ上部へ戻る