うどん粉病などのウイルスによる病気予防策として微酸性電解水の散布・比較実験をトマトの温室ハウスにて開始(地元農家・エース設備など)

殺菌作用があるとされる「微酸性電解水」をトマトの病害防除に試そうと、鈴鹿市安塚町で野菜を無農薬栽培している森田さんのハウスにて試験散布を開始する。微酸性電解水は薄い塩酸を電気分解したpH5〜6.5の水。宮崎大学農学部の津野和宣准教授が、専門誌に「微酸性電解水のもつ特徴(強い殺菌作用、高い安全性、非残留性、非浸透性、低環境負荷など)はきわめて有効」と発表しており、食品工場などで殺菌などに使われている。
 
 
森田さんは19アールのビニールハウス5棟で野菜作りに励む。ホウレンソウやコマツナ、ミズナなどの秋冬野菜、トマトやキュウリなどの春夏野菜で、12年前に脱サラして、有機肥料と無農薬で栽培を続ける。
 
 
ここ5年ほど、トマトをつくっていると葉や茎がうどん粉をかけたように白くなる「うどん粉病」に悩まされてきた。ウイルスが原因の病気で、収量が落ちてしまう。「農薬を使わないので、白くなった葉を一枚一枚もぎ取るしかない」という森田さんは「微酸性電解水には前から関心があった」と打ち明ける。
 
 
トマトを栽培している1棟5アール(500平方メートル)のハウスで、一部に微酸性電解水を霧状に噴霧し、他と比べる。病気が出るのは6月中旬なので、試験散布は上旬から始める予定。噴霧は1日3回で、1回の噴霧は30分間。1時間半間を置いて繰り返す。試験方法は津野准教授から直接、教わった。
 
 
噴霧する機械は、省力化機器設計製作会社「エース設備」から提供を受ける。同社によると「微酸性電解水は2002年に国が殺菌料として食品添加物に指定しており、安全なものだ。病害防除に有効かどうかを確かめ、地域に広めたい」と話している。<参考:朝日新聞より>
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

大和ハウス工業 アグリキューブ 植物工場バナー
次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場ビジネス・セミナー講義バナー

過去のピックアップ記事

  1. lettuce_nara8
     東京電力・福島第一原発の事故の影響で食の安全への関心が高まる中、完全人工光型植物工場にて4種類のレ…
  2. 郵船商事による植物工場が福井に完成、1日1万株の大規模・人工光型施設へ
     郵船商事株式会社は、2014年10月より福井県敦賀市において植物工場建設を進めており、4月10日に…
  3. NYブッシュウィック地区の再開発。緑豊かな巨大屋上スペースを確保・都市型農業も推進
     2015年3月、デザインファームのODAアーキテクチャーが、ニューヨークのブッシュウィックに、緑豊…
  4. 野菜の機能性に関する測定方法(機能性表示食品制度にも応用)
     機能性表示食品制度による商品の販売が6月16日より開始されました。当初は飲料や加工食品、サプリメン…
  5. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
  6. 台湾・植物工場の市場規模と参入事例調査 2015【調査報告レポート】
    一般社団法人イノプレックスでは、2013年から毎年開催されている台湾の植物工場展示会(Photoni…
  7. 韓国ソウル市の「地産地消型クッキング講座」。屋上ファームと料理教室の融合サービス
    都市部住民をターゲットに「ルッコラ」をテーマにした屋上キッチン教室を開催  ソウルの広興倉駅の近く…
  8. ドイツベンチャーによる都市型・大規模アクアポニクス施設を建設
     ドイツ・ベルリンにて2012年、れんが造りの古い醸造所跡に設立されたECFファームシステムズ社によ…
  9. シーシーエス、全ての植物工場事業から撤退を発表
     ジャスダック上場で検査用LED照明などを手掛けるシーシーエスは、植物工場プラント事業を廃止し、子会…
  10. 植物工場による微細藻類の可能性 ミラノ万博でも展示
     日本ではユーグレナに代表とされる微細藻類の多くが開放型(ため池)での生産が一般的だが、海外では太陽…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 韓国LGグループによる植物工場・アグリビジネス参入。生産者による反対・LG製品のボイコット運動まで発展
     ビッグデータの解析、製造工場の自動化・知能化などを進める韓国LGグループのLG CNS社は、約35…
  2. 三菱樹脂、中国・無錫市に太陽光利用型植物工場の販売拠点を設立
     三菱樹脂株式会社の子会社で、太陽光利用型植物工場を展開する三菱樹脂アグリドリーム株式会社は、中国・…
  3. インロコ、植物工場による栽培・運営ノウハウを軸に設備販売を本格化
     人工光型植物工場による野菜の生産・販売を行うインターナショナリー・ローカルは、4月から植物工場の施…
  4. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
ページ上部へ戻る