植物工場の開発・販売を手掛けるみらい社が本年度中に中国にて現地法人を設立。国内で実績のある完全人工光型だけでなく安価な太陽光利用型も開発

植物工場の開発、販売を手掛けるみらいは年内に中国に現地法人を設立する。同社が強みとする人工光型の植物工場を売り込むほか、新たに太陽光を使った安価な植物工場を開発。大手商社と組んで中国での販売を強化する。2014年までに中国事業の年商を10億円に拡大することを目指す。
 
 
現地法人の社名は「みらいチャイナ」。全額出資で設立する予定で、本社所在地は北京市を予定。現地で3〜4人程度を雇用し、中国の顧客の問い合わせに対応する。植物工場のメンテナンスや栽培についての相談などに応じる体制を作る。中国市場の開拓に合わせて、このほど人工培養土を使った太陽光型植物工場を開発した。既存のビニールハウスを活用したり余分な設備を省いたりすることで、初期投資を従来の5分の1以下に抑えたのが特徴だ
 
 
中国での販売価格は1平方メートルあたり約3000円。設備の販売代金とノウハウの提供料がみらいの収入となる。苗を植えるタイミングや肥料の設計など、独自の栽培ノウハウで生産量を安定させた。10万平方メートルの植物工場の場合、年間20万〜25万トンの収穫量が見込める。すでに江蘇省と山東省で現地の農業生産法人の栽培施設2カ所でミニトマトの栽培を始めた。現地のホテルや高級スーパーなどに販売する計画。
 
 
葉もの野菜の栽培に適した人工光型の植物工場も販売する。1平方メートルあたりの販売価格は20万〜25万円程度と高価だが、露地栽培に比べ、使う水の量が50分の1〜100分の1で済む。水不足で悩む内陸部などでの需要を見込む。国内では主にレタスなどを生産するが「空心菜など中国野菜にも応用できる」という。
 
 
中国では土地が肥沃といわれる沿岸部で都市開発が進み、内陸部の農地では農薬使用などで土壌が弱っている。既存の農地では今後6〜7年で野菜の収穫量が下がるとの見通しもあり、土壌の質を問わない野菜生産に注目が集まっている。
 
 
不動産業や建築業を中心に「新規事業や余剰資金の投資先として植物工場を検討する企業からの引き合いも増えている」(嶋村社長)。大手商社などと組んで需要を開拓し、3年以内に延べ30万平方メートル規模まで提供を広げる目標だ。みらいは04年に設立。千葉大学に研究開発拠点を持ち、宮城県など国内10カ所のほか、南極の昭和基地に植物工場を提供する。12年3月期の売上高は約3億円だった。(参考:日本経済新聞)
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
植物工場・農業ビジネス編集部

植物工場・農業ビジネス編集部

投稿者プロフィール

植物工場・農業分野を中心に環境制御技術に関する最新動向ニュースを配信しております。

この著者の最新の記事

関連記事

次世代農業EXPO 植物工場バナー
植物工場設備販売(人工光型)_バナー

過去のピックアップ記事

  1. 完全人工光型植物工場による遺伝子組換えイチゴ。イヌの歯肉炎軽減剤が動物用医薬品として認可
     (独)産業技術総合研究所・北海道センターの生物プロセス研究部門植物分子工学研究グループは、ホクサン…
  2. 国際宇宙ステーション内の植物工場にてレタスを初めて試食
     国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している米航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が、機内の植物工場…
  3. グーグルが農業ビッグデータ解析ベンチャーに18億円の投資
     テクノロジーベンチャーに投資を行っているグーグル・ベンチャーは、農業ビッグデータ解析サービスを提供…
  4. 植物工場による生産・販売事業からの撤退、今後はプラント開発に集中
     検査用LEDのシーシーエスは、新規事業として完全人工光型植物工場による野菜の生産・販売や飲食店経営…
  5. 農業先進国の台湾にて「国際果実・野菜見本市」展示会が11月に開催
     台湾国際果実・野菜専門見本市が11月10日から3日間にわたって開催される(詳細記事/出展企業紹介)…
  6. 未来の農業コンセプト、ピラミッド型の垂直農場
     都市型農業(アーバンファーム)として、コロンビア大学のDickson Despommier氏などを…
  7. 日清紡による植物工場イチゴ「あぽろべりー」の出荷開始
     完全人工光型植物工場にてイチゴを生産する日清紡ホールディングスが、量産栽培に成功し、近日中の出荷を…
  8. 三菱化学など、太陽光パネル・蓄電池を導入したコンテナ型植物工場がカタールへ
     完全人工光型植物工場を運営する(株)フェアリーエンジェルへの出資を行っているLED照明メーカーのシ…
  9. 人工光を利用し、連続光への耐性遺伝子でトマトの収量2割増
     野生種トマトに存在する遺伝子を導入し、栽培種トマトの苗を自然光と人工光の下で1日24時間生育させる…
  10. スプレッドがアフリカ地域への植物工場システム導入の可能性を検討
     完全人工光型植物工場を運営する株式会社スプレッドでは、植物工場の導入を希望するコンゴ民主共和国の要…
150629_英語ページバナー ログインページ(無料会員登録)_topside.logo
無料相談(経営相談・新規事業)バナー
151226 プレス募集バナー PR記事バナー 人材募集バナー

注目記事

  1. 大阪府による農福連携イベント。マルシェの開催や植物工場の見学会も実施
     大阪府では、農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大を図るため、農と福祉の連携「ハート…
  2. パンメーカーが昭和電工の植物工場ノウハウを導入・電気代30%カットを実現
     昭和電工株式会社の植物工場システムが、イセタン クール ジャパンSDN.BHD.の運営するクアラル…
  3. 住友電工、千葉大学と共同にて砂栽培・環境制御による高糖度トマトの収量増大を目指す
     住友電気工業株式会社と千葉大学は、住友電工がこれまで研究開発を進めてきた砂栽培技術と、千葉大の先端…
  4. アオスフィールドなど、湯沢町に再エネ活用したコンテナ型のデータセンターを新設
     株式会社アオスフィールドと株式会社ゲットワークスは、新潟県南魚沼郡湯沢町に湯沢町初となるデータセン…
ページ上部へ戻る